読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

赤ちゃん・子どもの手の動き(手による物の操作)の発達

成長・発達 成長・発達-手の動き

子どもは、乳児期の赤ちゃんの頃から、物を掴んだり、口に入れたり、引っ張ったりして遊びます。

しかし、生まれた頃から物を操作する力を持っているわけではなく、生まれてから様々な経験をする中で少しずつ学習していくものです。

では、子どもはいつ頃、どのような操作を身につけていくのでしょうか?

この記事では、赤ちゃん・子供の手の動き(手による物の操作)の発達について紹介します。

手による物の操作の種類

手による物の操作とは、手を動かして物の動き、向き、位置などを調節することです。

赤ちゃんや子どもができる物の操作は、次のとおりです。

  • 物の移動:硬貨を手の平から指に移動させるなど
  • 物の回転:ペットボトルの蓋を開けるなど
  • 物の移行:クレヨンを握った状態から、お絵かきしやすい持ち方に持ち替えるなど

それでは、赤ちゃん・子供ができるようになる物の操作について、月齢ごとに見ていきましょう。

生後0ヶ月(新生児)の赤ちゃんができる物の操作

生後0ヶ月の赤ちゃんは、自力で手足を動かすことすらままなりません。

手をギュッと握りしめているのがスタンダードな状態で、握ったり開いたりすることは困難です。

原始反射の一つ「手の把握反射(手掌把握反射)」の働きで、手の平に触れた物を握りますが、握った物を操作することはできません。

手の把握反射とは、①指などで赤ちゃんの手の平を刺激すると、②ギュッと握る原始反射です。

引用:把握反射とは?いつまで?消失しない、赤ちゃんが手を握る力が弱い原因は?|乳児期の子育て

生後1ヶ月、2ヶ月の赤ちゃんができる物の操作

生後1ヶ月~2ヶ月の赤ちゃんにガラガラなどを握らせると、手をひねって動かしたり、腕を動かしてガラガラと音を立てたりします。

また、生後2ヶ月頃になると、握らされた物を口に入れるようになります。

生後3ヶ月、4ヶ月、5ヶ月の赤ちゃんができる物の操作

 生後3ヶ月頃の赤ちゃんは、あおむけの状態で両手を上に伸ばし、おもちゃを両手で掴んで操作するようになります。

生後4ヶ月頃には、片手で持ったおもちゃを、もう片方の手に持ち変えることも覚えます。

ただし、①片方の手で持ったおもちゃをもう片方の手で掴む、②もともと持っていた手を放すという2段階の動作があり、スムースに持ち替えるのは難しいものです。

生後6ヶ月~生後11ヶ月の赤ちゃんができる物の操作

生後6ヶ月頃の赤ちゃんは、オモチャの持ち替えがスムースにできるようになっていきます。

生後7ヶ月以降は、掴んだ物を意識的に置いたり落としたりできるようになり、月齢を経るにつれて、掴んだ物をより小さいところに入れられるようになっていきます。

両手に一つずつ積み木やビー玉など小さいおもちゃを持っていられるようになるのもこの時期です。

生後6ヶ月以降は、左右の手に持ったおもちゃを打ち合わせて音を鳴らしたり、紙をビリビリ破いたりするなど、左右の手を非対称に動かして物を操作することが増えていきます。

また、右手でコップを持ち上げて、コップに隠されていた積み木を左手で取り出すなど、両手を別々に使うこともできます。

生後1歳~1歳5ヶ月の子どもができる物の操作

引き出しや戸を開け閉めしたり、おもちゃを引き出しに「ナイナイ」したりできるようになります。

クレヨンを渡すとグッと握りしめ、全力で左右に動かして殴り書きをします。

また、物を積む能力が向上し、立法体の積み木なら3つ4つは積むことができるようになります。

なお、生後1歳頃になると、口に物を入れて形、大きさ、材質などを確認する行動はあまり見られなくなります。

生後1歳6ヶ月~生後2歳5ヶ月の子どもができる物の操作

ビー玉、おはじき、オセロや将棋の駒などを指でつまんで手の平に移動させたり、反対に手の平から指に移動させたりできるようになります。

テーブルの上に置かれたクレヨンを自分で掴んで握れるようになります。

積み木を6つ7つくらい積む、大きめの蓋を回して開ける、ノブを回しながらドアを押し開ける、ビーズをヒモに通すといった動きも獲得していきます。

物を投げる動きも覚えますが、手投げ(肘の動きだけで投げる)か、腕を全力で振ってあさっての方向に投げるかが多くなっています。

また、紙を破る要領で、スナック菓子のパッケージを開けられるようになります。

生後2歳6ヶ月~3歳の子どもができる物の操作

子どもがハサミを使うことができるようになるのは、生後2歳6ヶ月頃からです。

まず持ち方を覚えて、紙を一回切り、もう一回切るということを繰り返しながら、ハサミの使い方を学習していきます。

積み木は、立法体なら7つ8つ積めるようになり、直方体、三角柱、複雑な形の積み木なども組み合わせて積み上げられるようになります。

腕の振り下ろしと物のリリースのタイミングが合うようになり、狙ったところに物を投げられるようになっていきます。

また、投げられた物を両腕とお腹ではさむようにしてキャッチすることも覚えます。

お絵かきでは、丸を描けるようになり、丸の中に目、鼻、口を描き加えたりする子供が出てきます。

関連記事

www.chiikunote.com

生後3歳~3歳5ヶ月の子どもができる物の操作

ハサミの扱いが上手になり、片手でハサミを持ち、もう片方の手で紙を持って切るという動きを覚えます。

切りながら紙の位置を調節するのは困難ですが、チョキチョキと連続でハサミを動かして切ることができます。

ボタンをかけることを覚えますが、まだかけ違いを治すことは難しいものです。

物を投げる動きでは、腕の振りとリリースのタイミングに合わせて身体を重心移動ができるようになり、飛距離が伸びます。

一方で、投げられた物を掴む動きでは、腕と手で掴めるようになっていきます。

お絵かきでは、生後3歳頃に手足を線で描くようになり、生後4歳頃には全身を描く子どもが出てきます。

ただし、描く部位や精度は個人差がとても大きいため、生後4歳になったら必ず全身を描くとは言い切れません。

生後5歳~6歳の子どもができる物の操作

生後5歳~6歳頃には、日常生活における手を使った基本的な動作はほぼ覚えています。

お箸(トレーニング用ではなく、子供用のお箸)を使ってご飯を食べられるようになるのもこの時期で、小学校入学後に給食を食べる準備が整っていきます。

ボタンの掛け違えを直す、うんちをした後に自分でお尻を拭く、牛乳やジュースのパックを自分で開けるなど、日常生活動作も身についていきます。

また、紙を丸や四角に切ったり、紐を堅結び(丸結び)したりするようになります。

まとめ

赤ちゃん・子どもの手の動き(手による物の操作)の発達について紹介しました。

手の動きは、赤ちゃんの頃から目覚ましい発達を遂げていきますが、寝返り、ハイハイ、一人歩きなどに比べるとインパクトが弱いものです。

そのため、毎日慌ただしくお世話をしていると意外と気づかず、「気がついたら殴り書きができるようになっていた。」、「急に物を投げるようになった。」というように、ある日突然、驚かされることも珍しくありません。

しかし、赤ちゃんや子どもの成長・発達に応じた知育を実践したい場合は、手の動きの発達の概要を把握した上で知育を選ぶことが重要になります。

また、手の動きの発達は、病気や障害を見抜くための指標になることもあるので、気になることがあれば、早めに小児科の医師に相談する習慣をつけておくことも大切です。

赤ちゃん・子どもの手の動き(物を放す、投げる・掴む)の発達

成長・発達 成長・発達-手の動き

知育は、子どもの成長発達に応じたものを選ばないと、思った効果を得ることができません。

赤ちゃん用の知育は、五感や手足・身体を使ったものが多いため、赤ちゃんの手の動きの発達について把握した上で知育を選択することが大切になります。

例えば、生まれたての赤ちゃんに積み木を渡しても、触れることも掴むこともできませんし、生後1歳の幼児にガラガラを渡しても、すぐ飽きてしまいます。

では、赤ちゃんはどの時期にどのような手の動きを覚えるのでしょうか?

この記事では、赤ちゃんが握った物を放す、物を投げる、投げられた物を掴む動きの発達について紹介します。

なお、赤ちゃんが手を伸ばす、握る・つまむ動きについては、この記事の前の記事で紹介していますので、興味がある方は読んでみてください。

赤ちゃん・子どもの手の動きの発達1:放す

赤ちゃんは、生まれつき「手の把握反射(手掌把握反射)」という原始反射の働きにより、手の平に触れた物を握ります。

手の把握反射とは、①指などで赤ちゃんの手の平を刺激すると、②ギュッと握る原始反射です。

引用:把握反射とは?いつまで?消失しない、赤ちゃんが手を握る力が弱い原因は?|乳児期の子育て

また、生後3~4ヶ月頃からは、自分の意思でおもちゃなどを握るようになります。

一方で、握った物を放す(リリースする)動きも同時に覚えていきます。

生後0ヶ月(新生児期)の放す動き

新生児期の赤ちゃんは、自力で物を握ることはありません。

手の把握反射によって指やペンなどを握ることはありますが、握った物を放すことはできず、パパママが赤ちゃんの手を開かせて引き放すことになります。

生後1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月の放す動き

手の把握反射によって握った物を、少しすると放すことがあります。

しかし、赤ちゃんが自分の意思で放しているのではなく、時間が経過することで自動的に手の力が緩むことによるリリースです。

生後4ヶ月、5ヶ月、6ヶ月の放す動き

生後4ヶ月頃になると、一方の手で握った物を、もう一方の手で触るようになります。

また、生後4ヶ月~5ヶ月頃には、一方の手で握った物を、もう一方の手で握り、持ち替えることができるようになります。

つまり、握った物を自分の意思で放すことができるようになるのです。

生後6ヶ月頃には、持ち替える時のぎこちなさがなくなっていきます。

生後7ヶ月、8ヶ月、9ヶ月の放す動き

生後7ヶ月頃には、物を持ち替える時に、一方の手を離すのと同時に、もう一方の手で握ることができるようになります。

また、物を床に置いたり、別の物に押しつけたりすることで、手に持った物を放せるようになります。

生後8ヶ月頃になると、手に持った物を置いたり落としたりし、生後9ヶ月頃には、任意の場所に置いたり落としたりできるようになります。

例えば、手に持ったおもちゃをおもちゃ箱の中に入れたり、掴んだ食べ物を食器の上に戻したりできます。

生後10ヶ月、11ヶ月、12ヶ月の放す動き

生後10ヶ月以降は、より小さな場所に掴んだ物を置いたり落としたりできるようになります。

例えば、ビー玉をサランラップの芯の中に入れたり、ボールを輪っかの中に通したりできます。

赤ちゃん・子どもの手の動きの発達2:物を投げる

物を投げることは、物を握り、腕を振って、タイミングよく放すという一連の動きから成り立っています。

乳児期の赤ちゃんのうちは、ボールを転がしたり、腕を振った拍子に握っていた物が手を放れたりすることはありますが、意識して投げる動きを行うことは難しいものです。

生後1歳6ヶ月頃からの投げる動き

子どもが投げる動きの基礎を身につけるのは、生後1歳6ヶ月頃からです。

この時期には、投げる方向を向いた状態で、腕を力いっぱい振り下ろして物を投げますが、振り下ろしと物を手放すタイミングが合わず、あさっての方向へ飛んでいくことが多いものです。

狙った場所に物を投げようとして、いわゆる「手投げ(ひじの動きだけで投げる)」をする子どももいます。

投げる時の体重移動もありません。

生後2歳6ヶ月頃からの投げる動き

子どもは、生後2歳6ヶ月頃になると、物を投げる動きが様になってきます。

つまり、物を掴んだ手と同じ側の足を前の方に出して重心を移動させるようになり、腕の振り下ろしと物を手放すタイミングが合ってきます。

そのため、腕全体を使って物を投げ、狙った場所に届かせられるようになります。

生後3歳~4歳頃になると、腕の振り下ろしに合わせて身体を前の方へ曲げる動きも見られるようになり、飛距離が伸びます。

赤ちゃん・子どもの手の動きの発達3:投げられた物を掴む

投げられた物を掴むことを覚えると、物を掴む、物を投げる動きと合わせて、キャッチボールができるようになります。

乳児期の赤ちゃんも、動く物に反応して手を伸ばしたり、掴もうとしたりすることはありますが、掴むことは困難です。

なお、ここでいう「物」とは、大きくて柔らかいボールをイメージしてください。

野球ボールをはじめとするスポーツで使うボールや、ボール以外の物を掴むとケガをする危険が高いので、少なくとも3歳頃までは控えましょう。

生後1歳6ヶ月頃からの投げられた物を掴む動き

生後1歳6ヶ月頃は、物を投げるようになる時期ですが、投げられた物を掴むのはまだ難しいものです。

相手が物を投げる動きを見せると、両腕を伸ばして構える動きは見せますが、実際に投げられた物を掴む動きは見られず、むしろ、顔を逸らすことがあります。

この時期に掴むことができるのは、自分の正面にゆっくり転がってきたボールくらいです。

生後2歳6ヶ月頃からの投げられた物を掴む動き

ブルドーザーのように両腕を持ち上げて、お腹と腕で物を掴む動きを見せるようになります。

また、顔を逸らす動きが減り、投げられた物をしっかり見ています。

生後4歳以降は、腕と手で投げられた物を掴むことができる子どもも増えていきます。

まとめ

赤ちゃんの手の動き(物を放す、投げる・掴む)の発達について紹介しました。

物を放す、投げる、掴む動きを覚えることで、子どもとの遊びの定番であるキャッチボールを楽しむことができるようになります。

また、身体の動かし方、重心移動、バランスのとり方なども身につくため、リトミックやダンス、水泳など身体を使った習い事にも良い効果が期待できます。

赤ちゃんの手の動き(手を伸ばす、握る・つまむ)の発達

成長・発達 成長・発達-手の動き

赤ちゃんは、手足を動かすのもままならない状態で生まれてきて、少しずつ身体の動かし方を学習していきます。

また、同じ手の動きでも、月齢を経るにつれてどんどん高度な動かし方を学習していくものです。

赤ちゃんに対する知育(主に運動機能の向上を目指す知育)を行う場合、赤ちゃんの手の発達具合を確認して、赤ちゃんができることのレベルに応じた知育を選ぶことが大切になります。

そのため、赤ちゃんの手の動きの発達過程について把握しておくことは、知育を選択する上で重要なことです。

この記事では、赤ちゃんの手の動きの中でも基本となる、手を伸ばす、握る・つまむ動きについて紹介します。

赤ちゃんの手の動きの発達1:手を伸ばす

手を伸ばす動きは、赤ちゃんが環境と関わり、働きかけるために不可欠なものです。

赤ちゃんは、偶然「手に触れた物を見る」ことから、「見た物に手を伸ばす」ことを覚えていきます。

生後0ヶ月(新生児)、1ヶ月、2ヶ月の手を伸ばす動き

生まれたての赤ちゃんは、自分の意思で手を周囲に伸ばすことはなく、手や指を見つめることもありません。

しかし、原始反射の一つ「非対称性緊張性頸反射」の働きにより、手を伸ばすことがあります。

非対称性緊張性頸反射とは、赤ちゃんが持って生まれる原始反射の一つで、あおむけに寝ている赤ちゃんが、顔を向けた側の腕と足を伸ばし、反対側の腕と足を曲げる現象です。

引用:生後1ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達は?脳性麻痺と低緊張児の見分け方は?|乳児期の子育て

 例えば、赤ちゃんがあおむけの状態で右を向くと、右腕と右足が伸び、左手と左足が曲がります。

また、生後2ヶ月頃になると、非対称性緊張性頸反射で伸びた手を見るようになります。

生後3ヶ月、4ヶ月、5ヶ月頃の手を伸ばす動き

生後3ヶ月頃の赤ちゃんは、あおむけの状態で手を目の前に持ってきて、自分の手を見つめるようになります。

ハンドリガードと呼ばれる現象です。

生後4ヶ月頃には、興味がある物に手を伸ばす、両手を手の甲側からグッと伸ばす、両手を伸ばして膝を触るといった動きが見られるようになります。

生後5ヶ月頃には、両手を同時に伸ばすようになります。

生後6ヶ月、7ヶ月、8ヶ月の手を伸ばす動き

生後6ヶ月頃になると、弧を描くように片手を伸ばして、気になる物を掴むことができるようになります。

また、短時間なら、お座りの状態で片手を伸ばして地面につけ、体重を支えていられます。

生後7ヶ月頃には、片手で体重を支えていられる時間が長くなり、生後8ヶ月頃には気になる物に直線的に手を伸ばせるようになります。

赤ちゃんの手の動きの発達2:握る(掴む、つまむ)

握る動きは、知育や遊びだけでなく、更衣、食事、排泄など日常生活動作にも欠かせない手の動きです。

生後0ヶ月、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月の握る(掴む、つまむ)動き

生まれたての赤ちゃんは、手をギュッと握りしめており、自分の意思で手を握ったり開いたりすることが難しいものです。

一方で、生まれつき手の把握反射(手掌把握反射)という原始反射を持っており、手の平に触れた物をギュッと握ります。

手の把握反射とは、①指などで赤ちゃんの手の平を刺激すると、②ギュッと握る原始反射です。

引用:把握反射とは?いつまで?消失しない、赤ちゃんが手を握る力が弱い原因は?|乳児期の子育て

 手の把握反射は、生後4~6ヶ月頃に自然に消失していきます。

生後4ヶ月、5ヶ月、6ヶ月、7ヶ月の握る(掴む、つまむ)動き

赤ちゃんは、生後4ヶ月頃になると、渡された物を両手でギュッと掴み、口に入れたり、上下に振ったりするようになります。

生後5ヶ月頃には、積み木などを片手でギュッと握る(原始的握り)ことができますが、ふとした拍子に落としてしまいがちです。

生後6ヶ月頃には、積み木の面に手の平と親指以外を添えて握るようになり、生後7ヶ月には手の平でギュッと握るようになります。

また、ビー玉などを見つけると、指を伸ばしてつついたり、人差し指と中指で挟んだりするようになります。

生後8ヶ月、9ヶ月、10ヶ月、11ヶ月の握る(掴む、つまむ)動き

生後8ヶ月頃には、積み木を手の平全体を使って掴んだり、ビー玉を親指と曲げた人差し指でつまむ動きが見られるようになります。

生後9ヶ月頃になると、積み木の下部を親指以外で持って上部に親指を添えて持ったり、親指と人差し指の腹でビー玉をつまんだりできます。

生後1歳頃の握る(掴む、つまむ)動き

生後1歳頃になると、積み木を親指、人差し指、中指の3本でつまみ上げる動きを覚えます。

また、ビー玉など球形の物や小さい物を親指と人差し指でつまむこともできるようになります。

例えば、クリップ、ホッチキスの芯、ボタンなど、大人が気づきにくいような物でも目ざとく見つけてつまみ上げます。

つまみ上げた物を口の中に入れることもあるので、赤ちゃんが過ごす空間の掃除は徹底しておく必要があります。

まとめ

手を伸ばす、握る・つまむ動きについて紹介しました。

同じ手の動きでも、月齢を経るごとに少しずつ変化していくのが分かってもらえたでしょうか?

手を伸ばす、握る・つまむ動きは、その他の手の動きの基本になる動きなので、何らかの原因で動きに障害があると、より高度な動きを覚えるのに支障が出てしまいます。

赤ちゃんの手の動きで気になることがある場合は、早めに医師に相談して必要な治療を受けさせてあげましょう。

幼児後期の子ども(生後4歳~6歳)との遊び方としつけは?【遊び】

保育園や幼稚園に通う子どもの遊びと言えば何でしょうか?

お絵かき、ごっこ遊び(ヒーローごっこ、おままごとなど)、お遊戯、三輪車、遊具遊びなどが思い浮かぶのではないでしょうか?

子どもは、生まれた時から遊びを覚えているわけでも、ある時期に特定の遊びを始めるわけでもなく、周りの大人や子どもと関わる中で、遊びを学習していきます。

「子どもは遊ぶことが仕事」と言われますが、遊びを学習し、遊びを通して社会性やコミュニケーション能力、認知能力、身体能力などを伸ばしていくことが、子どもにとって大切な仕事なのです。

そして、遊びの学習には適切な時期が存在し、適切な時期に適切な遊びを楽しむことで、子どもの能力はグングン伸びていきます。

一方で、時期を逃すと遊びの効果は薄くなってしまいます。

では、保育園や幼稚園に通う子どもにとっては、どのような遊びが適切なのでしょうか?

また、遊びの中で生じたトラブルに対しては、どのようにしつけると良いのでしょうか?

この記事では、生後4歳~6歳頃(小学校に入学するまで)の子どもとの遊び方としつけついて紹介します。

続きを読む

幼児前期の子ども(生後1歳~3歳)との遊び方は?【遊び】

知育遊び 知育遊び-幼児期前期

1歳~3歳頃の子どもの遊びと聞くと、どんな遊びを思い浮かべますか?

電車ごっこ、おままごと、戦いごっこ(ヒーローごっこ)などが思い浮かぶのではないでしょうか?

子どもは、ある時期になると自動的に遊びを覚えるわけではなく、パパママなど周りの大人がたくさん遊んであげることで、遊び方を学習していくものです。

また、パパママと一緒に過ごすうちに、パパママの何気ない動きやしぐさ、やり取りなどを見聞きして、それを遊びに取り入れていきます。

そして、遊びを通して、身体の動かし方、社会性、表現力、コミュニケーション能力などを培います。

一方で、子どもがある遊びを学習するにはそれぞれ適切な時期があり、時期を逃すと効果は薄くなります。

そのため、パパママが、子どもの年齢や成長・発達を踏まえて遊んであげる必要があります。

では、幼児期の子どもにとって、どのような時期にどのような遊びを学習するのが良いのでしょうか?

この記事では、生後1歳~3歳頃の子どもとの遊び方について紹介します。

続きを読む