知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

生後2ヶ月の赤ちゃんの成長と遊び方(知育)、知育玩具(おもちゃ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知育は、赤ちゃんの心身の成長に応じた知育を行うことがとても大切で、無理をすると赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼしかねません。

生後2ヶ月は、生後1ヶ月よりも体つきが良くなり、筋肉もついて、首もしっかりしてきます。

追視もしっかりできるようになり、周囲への興味の幅が広くなっていきます。

この記事では、生後2ヶ月の赤ちゃんの成長、知育の方法、知育玩具について紹介します。

生後2ヶ月の赤ちゃんの成長

生後2ヶ月の赤ちゃんは、母乳やミルクの飲み方が上手になり、肉付きも良くなります。

起きている時間が長くなり、夜間に起きる回数が徐々に少なくなります。

昼と夜の区別がつくようになってくるのも生後2ヶ月頃です。

少しずつ一日の生活にメリハリをつける練習を始めても良いでしょう。

生後2ヶ月の赤ちゃんの身長・体重

  • 男の子 身長:54,5cm~63.2cm 体重:4,410g~7,180g
  • 女の子 身長:53.3cm~61.7cm 体重:4,190g~6,670g

体重は、1日30gくらいずつ増えていきます。

増え方が多少緩やかでも、赤ちゃんが元気で母乳やミルクをしっかり飲んでいれば、心配はいりません。

生後2ヶ月の赤ちゃんの身体

  • 目:追視(動くものを目で追うこと)する力が向上し、パパママが親が顔を動かすと瞳を上下左右に動かして追おうとします。視力は低く視野も狭いものの、首を左右に振れるようになるので見える範囲は広がります。また、赤、青、黄などが見えていることが分かっています。
  • 鼻:人や物のにおいをしっかりかぎ分けられます。
  • 耳:周囲の声や物音をしっかり聞き取り、脳に刺激を送って記憶しています。
  • 口:母乳やミルクをあまりこぼさず、上手に飲めるようになっていきます。クーイングが始まります。
  • 首:筋肉がついて、頭を左右に動かせるようになり、縦抱っこすると首を起こそうと頑張ります。ただし、首を起こした姿勢を維持するのは、まだ難しいものです。
  • 手:手を開いたり閉じたりできるようになり、軽めのおもちゃなら掴めるようになります。指をしゃぶる赤ちゃんもいます。把握反射(原子反射)は残っています。
  • 足:足の把握反射(原子反射)は残っています。
  • 表情:生理的微笑は少なくなり、社会的微笑(親の笑顔を見て微笑み返す)を見せるようになります。表情のバリエーションが多彩になり、毎日、違った表情をして楽しませてくれます。
  • 運動機能:手足を上げたり下げたり、伸ばしたり縮めたりできるようになります。うつぶせに寝かせると手足を元気にバタバタさせます。

生後2ヶ月の赤ちゃんの遊び方(知育、育脳)

生後2ヶ月の赤ちゃんは、新生児期からしっかり機能している聴覚、触覚に加え、追視や色の区別など視覚がググッと向上します。

また、手足を比較的自由に動かしたり、ちょっとした物なら掴んだりすることもできるようになります。

そのため、聴覚、触覚、視覚にたくさん刺激を与える知育を行いましょう。

一方で、首すわりはまだですし、寝返りで姿勢を変えることもできないので、縦抱っこや寝返り練習はまだ時期尚早です。

身体を使う練習は、手や腕の曲げ伸ばし、蹴る動作、うつ伏せなどにとどめておきましょう。

  • 話しかけながらお世話する
  • 指さして名前を教える
  • 音楽や外国語をたくさん聴かせる
  • 視線を合わせる
  • 動く物を目で追わせる(追視)
  • いないいないばあで遊ぶ
  • 色々な物に触れさせる
  • 赤ちゃんの視覚、聴覚、触覚を刺激する知育玩具で遊ばせる

おすすめの知育玩具

を刺激する知育玩具では、オルゴールメリー、ガラガラ、ベビージムは、視覚、触覚、聴覚をまとめて刺激できるのでおすすめです。

また、お人形、オーボール、おきあがりこぼしも、赤ちゃんの興味を引きやすく、視覚や触覚を刺激する効果があるので試してみましょう。

オルゴールメリー

オルゴールメリーとは、おもちゃやマスコットが、電子オルゴールのメロディに合わせてくるくる回るおもちゃでで、聴覚、触覚、視覚を一度に満たせる知育玩具です。

赤ちゃんは、生後2ヶ月頃になると、オルゴールの音を聞き、くるくる回るおもちゃを目で追うのに加え、腕を伸ばしておもちゃを掴もうとしたり、メリー本体に触れようとしたりするようになります。

掴んだり触ったりしようとすることで、身体をあれこれ動かし、色々考えることで脳が刺激されていきます。

ベビージム

ベビージムとは、アーチ状のバーに、マスコットやおもちゃがぶら下がったおもちゃです。

聴覚、触覚、視覚を刺激する仕掛けがたくさんあります。

赤ちゃんは、生後2ヶ月頃になると、メロディーに耳を傾けながらマスコットやおもちゃを見つめ、手を伸ばして掴もうとするようになります。

ガラガラ

ガラガラとは、振るとガラガラという音がするおもちゃです。

聴覚を刺激する代表的な知育玩具で、金棒状のガラガラ、手足にはめるタイプのガラガラ、低月齢の赤ちゃんでも掴める小さいガラガラなど、たくさんの種類があります。

生後2ヶ月頃の赤ちゃんにおすすめなのは、手足にはめるタイプか、赤ちゃんが掴めるガラガラです。

手足にはめるガラガラの場合、赤ちゃんは、ガラガラ音が鳴るのが楽しくてたくさん手足を動かすので、運動機能がグングン伸びていきます。

掴めるガラガラの場合、赤ちゃんはまず、どこを持とうか考えます。

柄を持ったり、ガラガラ部分を持ったり試行錯誤することで脳が刺激されますし、ブンブン振るううちに腕の力もついていきます。

オーボール

オーボールとは、ポリウレタンでできている網目状のボールのおもちゃです。

軽くてすぐグニャグニャになりますし、指をひっかけて簡単に持てるので、掴む動作が苦手な赤ちゃんでも楽しく遊べます。

赤ちゃんの目の前でコロコロと転がしてあげると、赤ちゃんは目で後を追い、近くで止まると手を伸ばして触ろうとします。

おきあがりこぼし(起き上がり小法師)

おきあがりこぼしとは、倒しても起き上がる、お人形の形をしたおもちゃです。

ヒョコッヒョコッと起き上がるのがかわいい伝統的なおもちゃです。

最近では中に鈴が入っていたり、メロディが流れたりするおきあがりこぼしもあり、音も楽しめます。

お人形

赤ちゃん用のお人形には、綿やタオル生地でできた柔らかめのものを選びましょう。

手の届く範囲やお腹の上に置いてあげると、赤ちゃんは自分で掴もうと頑張ります。

ぐずった時に渡すと、リラックス効果も発揮されます。

関連記事

www.chiikunote.com

まとめ

生後2ヶ月の赤ちゃんの成長と遊び方、知育玩具(おもちゃ)について紹介しました。

生後3ヶ月の赤ちゃんの成長と遊び方、知育玩具(おもちゃ)については、関連記事で紹介しています。

関連記事

www.chiikunote.com