知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

生後3ヶ月の赤ちゃんの成長と遊び方(知育)、知育玩具(おもちゃ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんは、生後3ヶ月になると首周りがしっかりし、自発的な動きが増えてきます。

そのため、親としては、色々な知育を試してみたくなるものです。

しかし、知育は、赤ちゃんの成長に合わせて行うことが大切で、無理なことをすると赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼしてしまいます。

この記事では、生後3ヶ月の赤ちゃんの成長、知育の方法、知育玩具について紹介します。

生後3ヶ月の赤ちゃんの成長

生後2ヶ月頃よりも肉付きが良くなり、起きている時間や寝ている時間も長くなっていきます。

首がすわり、頭を自由に動かせるようになる赤ちゃんも増えてきます。

首がすわると、頭を自由に動かせるようになるので、視界が一気に広がり、周囲への関心も広がります。

また、手先が器用になり、近くにある物を手あたり次第に掴んだり口に入れたりするようになります。

生後3ヶ月の赤ちゃんの身長・体重

  • 男の子 身長:57.5cm~66.1cm 体重:5,120g~8,070g
  • 女の子 身長:56.0cm~64.5cm 体重:4,840g~7,530g

赤ちゃんの体重は、生まれた頃の2倍くらいになり、見た目も生まれてから一番ぽっちゃりします。

「太りすぎではないか。」と心配になるかもしれませんが、生後3ヶ月を過ぎると身長と体重の伸びが緩やかになり、身体も少しずつ引き締まっていくので心配はいりません。

生後3ヶ月の赤ちゃんの身体

  • 目:視力は0.04~0.08くらいです。左右の目の焦点を定められるようになり、人や物の輪郭がぼんやりとですが分かるようになります。
  • 鼻:周囲のにおいをしっかりかぎ分けられます。
  • 耳:誰かが廊下を通り過ぎる音、ふすまが閉まる音、布団をかぶりなおす音など、小さな音でも良く聞きとり、反応します。
  • 口:何でもなめたり口に入れたりして確かめ、形、大きさ、感触などを学習していきます。クーイングが上手になり、喃語を話し始める赤ちゃんもいます。
  • 首: 首がすわり、頭を自由に動かせるようになる赤ちゃんが増えてきます。首すわりが完成しなくても、首周りに筋肉がついてしっかりしてきます。
  • 手:腕を伸ばして物を掴むようになります。自分の指に興味を持ってしゃぶることもあります。把握反射(原子反射)は、消失していく赤ちゃんが多いでしょう。
  • 足:元気にバタバタさせて、物が当たると蹴り飛ばすこともあります。足の把握反射(原子反射)はもう少し残ります。
  • 表情:抱っこしたりあやしたりするとニコッと笑ってくれますし、うれしい顔、悲しい顔、機嫌が悪い顔など豊かな表情を見せてくれます。
  • 運動機能:うつぶせの状態で頭を持ち上げる、あおむけの状態で両手を持って引き起こすと頭がついてくる、縦抱っこしても頭を支えていられるなど、首の発達が顕著です。また、手を使った遊びを楽しむようになります。

生後3ヶ月の赤ちゃんの遊び方(知育、育脳)

生後3ヶ月頃は、人や物の輪郭がぼんやりと見えてくるので、周囲の人や物への興味が増していきます。

また、腕を伸ばして手で物を掴めるようになり、自分から周囲に働きかけていく力を身につけます。

首がすわると、頭を自由に動かせるようになるので視界が広がり、興味関心の範囲もグッと広くなります。

生後0ヶ月、1ヶ月、2ヶ月の知育は、親の方が赤ちゃんに働きかける関わりが中心でした。

しかし、生後3ヶ月頃からは、赤ちゃんの興味関心を引き、能動的な行動を促す関わりを増やしていくことが大切になります。

  • 赤ちゃんにたくさん話しかける、触れる、微笑みかける
  • 色々な物を赤ちゃんに見せる
  • 絵本を読み聞かせる、音楽を聞かせる
  • 親の顔や手を近づける(赤ちゃんが手で触れるのを促す)
  • 赤ちゃんにおもちゃや物を見せる
  • 赤ちゃんの手の届く範囲に、安全なおもちゃや物を置く(赤ちゃんが掴むのを促す)
  • 寝る部屋や遊ぶ部屋を変えてみる
  • お出かけする
  • 赤ちゃんの聴覚、触覚、視覚を刺激する知育玩具を渡す

おすすめの知育玩具

生後3ヶ月頃になると、知育玩具の種類もグッと増えます。

おすすめは、布絵本と歯がためです。

新生児期から生後2ヶ月までの知育で紹介したオルゴールメリー、ガラガラ、ベビージム、お人形、オーボール、おきあがりこぼしは、引き続き知育玩具としておすすめです。

ただし、赤ちゃんの遊び方は、「聞いたり見たり」から、「掴んだり口に入れたり」に変わっていきます。

布絵本

布絵本とは、見たり触ったりして遊ぶための布製の絵本です。

通常の絵本と違って文字は少なく、赤ちゃんが見て楽しめるカラフルな絵や、触って楽しめる仕掛けがたくさんあるのが特徴です。

布製なので、振り回して角を頭にぶつけることはなく、口に入れても安全です。

生後3ヶ月の赤ちゃんは、布絵本を掴んだり口に入れたりして遊びます。

歯がため

 歯がためとは、歯ぐきを丈夫にするために、歯が生える前の赤ちゃんにかませるおもちゃです。

日本では、歯ぐずり(歯が生える前に歯ぐきがむずがゆくなり、ご機嫌斜めになること)対策として渡すことが多いものです。

おもちゃ型やリモコン型など様々なタイプの歯がためが売られています。

生後3ヶ月の赤ちゃんに渡すと、なめたり口に入れたりして遊び、脳に刺激が伝わります。

オルゴールメリー

オルゴールメリーとは、電子オルゴールの音が鳴り、マスコットやお人形がくるくるまわるおもちゃです。

赤ちゃんは、生後3ヶ月頃になると、くるくる回るおもちゃを掴んだりメリー本体に触れたりしようと、腕を伸ばしたり身体をひねったりとあれこれ試行錯誤します。

おもちゃを掴んでメリーを倒してしまうこともあるので、赤ちゃんのそばを離れる時は、赤ちゃんとメリーを少し離しておきましょう。

ベビージム

ベビージムとは、プラスチックなどのアーチ型のバーに、マスコットなどがぶら下がったおもちゃです。

触れると音が鳴ったり、引っ張ると伸びたりするものもあり、生後3ヶ月の赤ちゃんは夢中になっておもちゃに触って遊びます。

何とか口の中に入れようと、おもちゃを引っ張ったり、身体をグッと起こそうとすることもあります。

ガラガラ

ガラガラとは、ガラガラという音が出る、振って遊ぶおもちゃです。

生後2ヶ月頃までは、手足にはめるガラガラがおすすめでしたが、生後3ヶ月の赤ちゃんには、金棒型の振るガラガラを渡してみましょう。

赤ちゃんは、ガラガラを掴み、口に入れて形や大きさ、触感などを確かめたり、両手で上下に振ったりします。

片手で振るのはまだ難しいですが、振ると音が出るのが楽しくて何度も何度も遊ぶうちに、脳が刺激されて腕の筋肉も付いていきます。

オーボール

オーボールとは、ボール全体が網目状になっているおもちゃです。

赤ちゃんの力でも簡単に掴んだりグニャグニャにしたりできるのが特徴です。

生後3ヶ月の赤ちゃんは、ボールを掴んだりなめたりし、中には投げることもあります。

おきあがりこぼし(起き上がり小法師)

おきあがりこぼしとは、倒してもひょこひょこ起き上がってくるおもちゃです。

お人形や動物型をしたものが多く、中に電子オルゴールや鈴などが入っているものもあります。

生後3ヶ月の赤ちゃんは、他のおもちゃと同じで掴んだりなめたりするでしょう。

お人形

それまでは一緒に寝ていたお人形も、生後3ヶ月頃の赤ちゃんには格好の遊び道具です。

赤ちゃんは、お人形を掴んだり振ったりして遊び、口の中に入れて形などを確かめようとします。

関連記事

www.chiikunote.com

まとめ

生後3ヶ月の赤ちゃんの成長と遊び方、知育玩具(おもちゃ)について紹介しました。

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長と遊び方、知育玩具(おもちゃ)については、関連記事で紹介しています。

関連記事

www.chiikunote.com