知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

ベビーサインはいつから?ベビーサインの教え方と効果は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ベビーサインを知っていますか?

ベビーサインは、1990年代にアメリカで流行し、日本には2000年頃に輸入されて口コミで広がった育児法です。

現在は、「日本ベビーサイン協会」という一般社団法人が設立されたり、全国にベビーサイン教室が開講されたりするようになり、ベビーサインを実践するパパママが全国規模で増えています。

この記事では、ベビーサインの概要、ベビーサインを始める時期、赤ちゃんとベビーサインで意思疎通するやり方について紹介します。

ベビーサインとは

ベビーサイン(baby signs)とは、パパママが、言葉をまだ話せない赤ちゃん(乳幼児)と、身振り手振りやジェスチャーでコミュニケーションする方法のことです。

赤ちゃんは、生後2ヶ月頃からクーイング(「あ~」「う~」など簡単な母音)、生後4ヶ月頃から喃語(言葉を学習する前に出す意味のない声)を発するようになります。

しかし、言葉を使ってコミュニケーションできるようになるには、喃語の発声を通した口・舌・喉の使い方の学習や筋肉の発達、言語能力の発達が不可欠で、とても時間がかかります。

「パパ」、「ママ」など意味のある単語を発するのも1歳を過ぎてからなので、言葉を使った会話となると、さらに時間がかかることが分かるでしょう。

一方で、赤ちゃんの手足は、言葉を話すより早く自由に動かせるようになります。

そのため、ベビーサインを覚えると、早い時期から赤ちゃんとコミュニケーションできることになります。

ベビーサインの開始時期はいつから

ベビーサインを始める時期は、生後6ヶ月~生後1歳前後が一般的です。

ただし、赤ちゃんの成長や発達は個人差が大きいものですし、ベビーサインを教えている団体や講座によっても開始時期が異なっているので、一概には言えません。

ベビーサインを始めるには、赤ちゃんが手足が自由に動かせることと、赤ちゃんが意思表示する意欲を持っていることが必要です。

そのため、家庭でベビーサインを教える場合、早めに始めたい場合はお座りや指差しを覚えた頃、効率的にベビーサインを覚えさせたい場合は歩き始めてからを目安にすると良いでしょう。

関連記事

akachancare.com

ベビーサインの教え方(赤ちゃんと円滑に意思疎通するためのやり方)

次は、赤ちゃんにベビーサインを教えて意思疎通するやり方を紹介します。

「言葉が分からない赤ちゃんに、どうやって教えるの?」

これは、ベビーサインに関心を持ったパパママが、まず抱く疑問ではないでしょうか。

実は、ベビーサインの教え方はいたって単純です。

「赤ちゃんに寄り添い、手を添えて、声をかけながらサインを教えてあげる」のです。

例えば、「抱っこ」のベビーサイン(両腕を前に突き出す)は、次の手順で教えます。

  1. 赤ちゃんが抱っこを要求してきたら、「抱っこしてほしい時はこうするんだよ。」と言いながら、両腕を前に突き出す
  2. 赤ちゃんがサインを覚えるまで繰り返す
  3. 赤ちゃんがサインを出したら、すぐ抱っこしてあげる

ベビーサインを教える時の主なポイントは、次のとおりです。

  • 赤ちゃんの興味をパパママに向ける
  • 楽しく遊びながら教える
  • 無理強いはしない
  • 動作の名前を声に出して言う
  • 覚えるまで繰り返す
  • 他の赤ちゃんと比べない
  • サインを出したらすぐ応じてあげる

パパママがいくらサインを教えても、赤ちゃんが興味を示さないことには覚えてもらえません。

まずは、赤ちゃんの興味をパパママに向かせましょう。

指差しを始めた赤ちゃんなら、赤ちゃんが指差した物のサインを教えてあげると効率的です。

赤ちゃんへの働きかけで一番大切なのは、「赤ちゃんが自発的に取り組むこと」です。

ベビーサインを教える時も、無理強いするのは逆効果(赤ちゃんがサインを拒否するようになることがある)なので、赤ちゃんが興味を持って自分から取り組めるよう、工夫してあげることが大切です。

また、ベビーサインは、赤ちゃんとコミュニケーションするための手段であって、覚えた数や正確性を競うものではありません。

他の赤ちゃんと比べてしまうかもしれませんが、それよりも、我が子のペースを暖かく見守り、覚えたベビーサインで楽しくコミュニケーションすることを大切にしましょう。

赤ちゃんは、せっかくサインを覚えても、パパママの反応がないと「あれ?このサイン、違うのかな?」と思ってサインを出さなくなってしまいます。

できる限り反応してあげましょう。

関連記事

www.chiikunote.com

「誰でも簡単に教えられるの?」

「覚えるまで繰り返す」、「サインを出したらすぐに応じてあげる」と書いたので、「結構面倒くさいのではないか。」、「ただでさえ家事育児で手いっぱいなのに、サインを教える余裕なんてない。」と思うかもしれません。

しかし、ベビーサインには、赤ちゃんが自然に覚える身体の動きに似たサインがたくさんあります。

例えば、先ほど紹介した「抱っこ」のベビーサインも、サイン未修得の赤ちゃんが、抱っこを要求する時に見せる動作にそっくりです。

そのため、もちろん個人差はありますが、短期間で覚えてくれる赤ちゃんが多いものです。

自信がない場合や、サインが分からない場合は、「ベビーサイン、抱っこ、動画」と検索すれば、youtubeの動画がすぐ出てきます。

amazonや書店でも、ベビーサイン関連の書籍やDVDがたくさん販売されています。

また、ベビーサイン教室が全国で開講されているので、試しに受講してみても良いでしょう。

よく使うベビーサイン一覧は、関連記事にまとめましたので、参考にしてください。

関連記事

www.chiikunote.com

ベビーサインのデメリット

ベビーサインは、言葉を未学習の赤ちゃんや子供と意思疎通するための手段ですが、あくまで言葉を覚えるまでの「つなぎのコミュニケーション手段」です。

赤ちゃんが言葉を話すそぶりを見せるようになったら、ベビーサインは控えめにして言葉を促すようにしてください。

いつまでもベビーサインに頼り続けていると、いつまでもサインを使い続けて言葉の発達が遅れるリスクがあります。

まとめ

ベビーサインを始める時期と教え方について紹介しました。

ベビーサインは、言葉を学習していない赤ちゃんとボディランゲージでコミュニケーションをとる方法です。

赤ちゃんがベビーサインを覚え、意思疎通できた時の喜びは、それはもう言葉にはできないくらい嬉しいものです。

また、意思疎通できることで、育児の手間や負担感が幾分軽くなることもあります。

日々の子育てに追われてベビーサインまで手がまわらないと思うかもしれませんが、基本的なベビーサインだけでも覚えて、赤ちゃんとコミュニケーションをはかってみてはどうでしょうか?