読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

知育菓子とは?知育菓子一覧と知育効果、体への影響は?

知育玩具 知育玩具-知育菓子

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知育効果のあるお菓子があるのを知っていますか?

その名も「知育菓子」です。

そのまんまですね。

知育菓子は、お菓子本来の「食べて楽しむ」という特徴に、「遊んで学ぶ」という要素が加わったお菓子です。

名前だけ聞くと「なんだかうさん臭いなあ~」と思うかもしれません。

実際、「お菓子と知育というのが今一つうまく結びつかない。」、「子供の健康への影響が不安。」という意見のパパママも少なくありません。

しかし、知育の分野においては、子供が手軽に、かつ、自発的に知育に取り組むためのツールとして注目を集めています。

また、30~40代のパパママにはおなじみの「ねるねるねるね」も、知育菓子の一つで、現在は、お菓子メーカーのサイト上で、知育菓子としてのアピールが大々的に行われています。

この記事では、知育菓子の概要、種類、知育効果、身体への影響について紹介します。

知育菓子とは

知育菓子とは、「食べる」だけでなく、「遊ぶ」ことで知育効果が得られるお菓子のことです。

お菓子という子供が大好きな食品に「遊び」と「学び」の要素を加えることで、子供が自発的に遊びながら知育に取り組めるようにした、ユニークな商品です。

知育菓子は、クラシエが1986年に販売を開始した、練ると膨らんで色が変わる「ねるねるねるね」を皮切りに、各お菓子メーカーが製造販売するようになりました。

現在では、各お菓子メーカーが、数えきれないくらいの知育菓子を製造販売されています。

例えば、グミを作れる、トッピングを楽しめる、実際の食べ物のミニチュアを作って食べられるなど、種類も遊びもバリエーションがかなり豊富で、子供の心をわしづかみするものばかりです。

値段が手ごろであることや、材料が同封されていること、手順がシンプルで子供でも簡単に作って食べられることも、知育菓子の魅力です。

また、大人にとっても魅力的な知育菓子が多数登場しており、親子が一緒になって知育菓子で遊ぶことも増えています。

知育菓子の知育効果

子供は、自分で知育菓子のパッケージを開けて中身を取り出し、絵や文章で示された手順に従って作業して、できあがったお菓子を食べます。

この一連の過程の中で、前頭前野(物事を考えたり、新しい発見をしたりする脳の一分野)が刺激されて活発に働くことになります。

知育菓子が完成すると、子供は「ちゃんとできた!」という達成感や自信を得ることができます。

また、パパママや友達と一緒に知育菓子を使って遊ぶことで、コミュニケーションや共同作業の時間が持てるので、関係性を深めていく効果もあります。

関連記事

www.chiikunote.com

知育菓子の種類一覧

「知育」という付加価値が付くことで、パパママの購買意欲を刺激できることもあって、各お菓子メーカーがこぞって知育菓子の開発・製造・販売に注力しています。

今後もユニークな知育菓子がたくさん登場してくることが予想されます。

主な知育菓子の一覧は、次のとおりです。

  • ねるねるねるね:知育菓子の先駆け&定番。「おたのしみねるねる」、「ひみつのねるねる」など、味や色の違う種類がたくさんある
  • グミつれた:液と粉を混ぜたところにストローを入れて持ち上げると、長いグミが釣れる
  • ハッピーキッチンシリーズ:ドーナツ、クッキー、ハンバーガーなど(ミニチュアを作って食べる)
  • ポッピンクッキンそうぞうシリーズ:「ねりきゃんランド(練ってキャンディを作る)」、「おえかきグミランド(グミの素の上に型を置いて色を付けると、型通りのグミができる)」など(ケーキやお寿司のなどのミニチュアを作って食べる)
  • ポッピンクッキンなりきってシリーズ:「たのしいケーキやさん」、「くるくるたこやき」、「たのしいおすしやさん」など
  • 明治の手作りチョコシリーズ:「手作りアポロ」、「作ろう!きのこの山」など
  • もこもこモコレットシリーズ:便器型の入れ物に材料を入れてお菓子を作るシリーズ
  • ふしぎはっけん!シリーズ:「なるなるグミの実(粉と水を混ぜるとゼリーになる)」、「変身あわゼリー(2種類の液体を混ぜると泡状のゼリーになる)」など
  • つくってみよう!シリーズ:「つくってみよう!ジューC(ジューCが手作りできる)」、「つくってみよう!さくさくパンダ(さくさくパンダが手作りできる)」など

知育菓子は身体に悪い?

知育菓子は、カラフルなものや原材料が分かりにくいものがたくさんあります。

そのため、「身体に悪いんじゃないの?」と勘ぐってしまうパパママが少なくありません。

しかし、例えば、ねるねるねるねの場合は、合成着色料や保存料は使用されていません。

また、他の知育菓子も、子供が口にするという前提で製造販売されているため、食べて身体に異常が出る心配はほぼありません。

もちろん、食べすぎや、お菓子ばかりの偏食を続けた場合は、体調不良の原因になる可能性はあります。

不安がある場合は、メーカーのホームページに原材料やお菓子の仕掛けの説明が詳しく記載されているので、アクセスしてみてはどうでしょうか。

まとめ

知育菓子について紹介しました。

子供の興味関心を引くという目的から、見た目がややグロテスクだったり、食べ物に見えなかったりする商品も少なくありませんが、お菓子として食べる分には身体に悪影響はありません。

スーパーなどの駄菓子コーナーに所狭しと並んでいるので、興味のあるパパママは、一度、お子さんと一緒にのぞいてみてください。