読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

コーチングの子育て活用法!アイメッセージとユアクエスチョン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

前回の記事では、コーチングの概要、特徴、手法、ティーチングとの違いについて紹介しました。

www.chiikunote.com

コーチングは、人材開発法として注目を集めている方法の一つですが、コーチングで用いられるスキル(手法)の中には、子育てに応用できるものがたくさんあります。

そこで、この記事からは、コーチングの子育て活用法について書いていきます。

この記事では、コーチングを子育てで活用する方法のうち、アイメッセージとユアクエスチョンについて紹介します。

コーチングとは

コーチングとは、コミュニケーションを用いて対象者が持っている力を引き出し、継続的に成長して目標を達成していける状態を作る人材開発法の一つです。

コーチングでは、聴くこと(傾聴)・訊ねること(質問)・話し合うこと(対話)を通して対象者の目標・能力・自発性などを引き出し、自ら新しい一歩を踏み出したり、成長を続けたりして目標に到達できるよう働きかけます。

英語では「coaching(coach+ing)」と表記します。

「coach」は、元々は「馬車の人を乗せる部分」を意味する単語でしたが、「人を望んだ場所まで送り届ける」という意味が派生し、「指導」、「指導する」という意味で使われるようになりました。

引用:知育ノート

子育てを「上下関係」ではなく「横の関係」でとらえる

コーチングの基本はコミュニケーションです。

コーチングをする側と受ける側に分かれてはいますが、両者の間にあるのは上下関係ではなく、対等な「横の関係」です。

コーチングを子育てに活用する場合は、その前提として「横の関係」を意識することが大切です。

実は、親子関係を上下関係として捉えているパパママはとても多いものです。

「子どもは親の言うことを聞くものだ。」、「子どもは親を敬うべきだ。」といった考え方を持っていると、直接言葉で表現しなくても、ちょっとした態度で子どもに伝わります。

こうした考え方や態度は、子どもを怖がらせたり萎縮させたりして自主性を奪い、子供に親に対する反感を抱かせることになります。

まずは、子どもを「一人の対等な人間」として、親子関係を「横の関係」で捉えて子どもと接することを心がけてみましょう。

そうすることで、子どもの言動にいちいち目くじらを立てず、子どもを素直に認めてあげられるようになります。

その結果、子どもは、自信を持って自主的に行動できるようになり、自分を認めてくれる親に対しても肯定的な気持ちを持ちます。

コーチングのスキルの子育て活用

コーチングのスキル(手法)は、定まった型はなく、実践する人や企業によって異なっていますが、どこでも活用されている重要なスキルがいくつかあります。

ここでは、コーチングのスキルのうち、子育てに活用できるものを紹介します。

  • アイメッセージ(I message)
  • ユアクエスチョン(your question)
  • オープンクエスチョン(拡大質問)
  • ノンバーバルコミュニケーション
  • 傾聴
  • 共感
  • 承認・感謝

この記事では、アイメッセージとユアクエスチョンについて見ていきます。

コーチングのスキル1:アイメッセージ

アイメッセージとは、「私」を主語にして自分がどう思っているか、どう感じているかを伝えるメッセージです。

英語では「i message」と表記され、日本では「アイメッセージ」、「私メッセージ」と翻訳されています。

アイメッセージは、評価や指示をせず、ある物事に対してどう考えてどう対応するかを子ども自身に委ねるコミュニケーション方法です。

アイメッセージは、子どもに①自分自身で考えて行動する習慣を身につけさせる、②自分の言動に責任を持たせる、③パパママが自分のことを信じてくれていると感じさせるといった効果があります。

アイメッセージとユアメッセージ

アイメッセージと比較されるコミュニケーション方法にユアメッセージがあります。

ユアメッセージとは、どこかに「あなた」が入っているメッセージのことです。

ユアメッセージは、相手に対する評価・非難・説教・指示などが入り込みやすいメッセージで、使いすぎると子どもの自信や自主性を失わせる原因になります。

アイメッセージとユアメッセージの例

子どもを褒める時と叱る時を例にして、アイメッセージとユアメッセージの違いを確認してみましょう。

褒める時のアイメッセージとユアメッセージ
  • アイメッセージ1:「お友達と仲直りできたんだね。(私は)自分からお友達に謝ったのを知っているからすごいと思うよ。」
  • ユアメッセージ1:「(お前は)お友達と仲良なおりできて偉かったな。」
  • アイメッセージ2:「テストで良い点がとれたね。(私は)毎日夜遅くまで勉強していたのを知っているから、嬉しいよ。」
  • ユアメッセージ2:「テストで良い点がとれたな。でかした。」

ユアメッセージでは、「仲直りしたこと」や「テストで良い点を取ったこと」というっ実を評価しています。

良い褒め方に思えるかもしれませんが、褒められた子供の立場で考えると、「仲直りできなかったら怒られていたかもしれない。」、「テストで良い点を取らないと認めてもらえないかもしれない。」と思う可能性があります。

一方のアイメッセージは、子どもの頑張りを褒めています。

褒めている内容に評価が含まれておらず、子どもは褒められたことを素直に喜び、自分の行動に自信を持つことができます。

叱る時のアイメッセージとユアメッセージ
  • アイメッセージ1:「お友達を叩いたんだね。(私は)悲しいよ。」
  • ユアメッセージ1:「お友達を叩くなんて(お前は)何て悪い子なんだ。」
  • アイメッセージ2:「試験前なのに遊んでばかりいて、(私は)心配だよ。」
  • ユアメッセージ2:「試験前なのに遊んでばかりいて、(お前は)ダメな子だ。」

ユアメッセージでは、子ども自身を否定しています。

このような叱られ方をした子どもは、自信を失って自己評価を下げてしまい、パパママに反感を抱いたり、やる気をなくしたりしてしまいます。

一方のアイメッセージは、期待や信頼を裏切られたり、不安を抱いたりした気持ちを伝えています。

パパママの率直な気持ちを伝えることで、子どもは、「自分に期待や信頼を寄せてくれているパパママを裏切ったり不安にさせたりした。」と考え、それ以上悲しませないよう言動を改善する傾向があります。

アイメッセージのメリットとデメリット

アイメッセージは、子どもに自信や安心を与え、主体性を育む効果が期待されています。

しかし、アイメッセージを繰り返したとしても、子どもの言動が改まらないこともありますし、子どもに「気持ちを押し付けてくる。」と受け取られて反発されることもあります。

特に、思春期以降の子どもに対してアイメッセージばかり使っていると、逆効果になりやすい傾向があります。

コーチングのスキル2:ユアクエスチョン

ユアクエスチョンとは、子どもの気持ちに焦点を当てたクエスチョンです。

英語では「your question」と表記され、日本語では「ユアクエスチョン」と翻訳されています。

ユアクエスチョンは、「yes」、「no」で答えられる質問ではなく、「(あなたは)どうしたい?」というように、子どもの気持ちに焦点を当てて質問します。

ユアクエスチョンの例

ユアクエスチョンの具体例をいくつか紹介します。

  • 「(あなたは)どうしたいの?」
  • 「(あなたは)将来、何をしたいの?」
  • 「(あなたは)どう思うの?」

ユアクエスチョンのメリットとデメリット

ユアクエスチョンは、子どもの本音に近い回答を得ることができるというメリットがあります。

一方で、ユアクエスチョンばかり繰り返すと、子どもを追い詰めてしまったり、パパママの意向を過剰に意識した回答をさせてしまったりすることがあります。

まとめ

アイメッセージやユアクエスチョンは、子育てに役立つコーチングの手法です。

しかし、それだけで子育てがうまくいく万能なものではないので、時期やタイミングを見極めて使うことが大切です。