読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

コーチングの子育て活用法2!拡大質問と非言語コミュニケーション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

前々回はコーチングの概要など、前回はコーチングの子育て活用法について紹介しました。

前々回の記事

www.chiikunote.com

前回の記事

www.chiikunote.com

今回は、前回に引き続き、コーチングの子育て活用法について紹介します。

この記事では、コーチングを子育てで活用する方法のうち、オープンクエスチョンとノンバーバルコミュニケーションについて紹介します。

コーチングとは

まずは、コーチングについて確認しておきましょう。

コーチングとは、コミュニケーションを用いて対象者が持っている力を引き出し、継続的に成長して目標を達成していける状態を作る人材開発法の一つです。

コーチングでは、聴くこと(傾聴)・訊ねること(質問)・話し合うこと(対話)を通して対象者の目標・能力・自発性などを引き出し、自ら新しい一歩を踏み出したり、成長を続けたりして目標に到達できるよう働きかけます。

英語では「coaching(coach+ing)」と表記します。

「coach」は、元々は「馬車の人を乗せる部分」を意味する単語でしたが、「人を望んだ場所まで送り届ける」という意味が派生し、「指導」、「指導する」という意味で使われるようになりました。

引用:知育ノート

子育てを「上下関係」ではなく「横の関係」でとらえる

コーチングは、目標やそこに至るための技術や知識を一方的に与えるのではなく、コミュニケーションを通して相手の自主性や能力を引き出す方法です。

そのため、学校教育における先生と生徒のような上下の関係ではなく、対等な関係にあることが大切です。

コーチングをする側と受ける側に分かれてはいますが、2人の間に上下関係があるとコーチングはうまくいきません。

コーチングを子育てに活用する場合も、「横の関係」を意識することが求められます。

親子関係は、人の長い歴史の中で上下関係として捉えられてきており、現在も上下関係として捉えているパパママはたくさんいます。

明確に上下関係を意識して接していなくても、「子どもは親の言うことを聞くものだ。」、「子どもは親を敬うべきだ。」といった考え方で子どもに接すると、子どもに上下関係を意識させることになります。

上下関係に基づく接し方は、時として子どもを怖がらせたり萎縮させたりして自主性を奪い、子供に親に対する反感を抱かせます。

まずは、子どもを「一人の対等な人間」として、親子関係を「横の関係」で捉えて子どもと接することを心がけてみましょう。

そうすることで、子どもの言動にいちいち目くじらを立てず、子どもを素直に認めてあげられるようになります。

その結果、子どもは、自信を持って自主的に行動できるようになり、自分を認めてくれる親に対しても肯定的な気持ちを持ちます。

コーチングのスキルの子育て活用

コーチングのスキル(手法)は、定まった型はなく、実践する人や企業によって異なっていますが、どこでも活用されている重要なスキルがいくつかあります。

ここでは、コーチングのスキルのうち、子育てに活用できるものを紹介します。

  • アイメッセージ(I message)
  • ユアクエスチョン(your question)
  • オープンクエスチョン(拡大質問)
  • ノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション)
  • 傾聴
  • 共感
  • 承認・感謝

では、オープンクエスチョン(拡大質問)とノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション)について見ていきましょう。

コーチングのスキル1:オープンクエスチョン(拡大質問)

オープンクエスチョン(拡大質問)とは、「Yes」か「No」で答えられる質問ではなく、相手に意見や気持ちを語らせる質問のことです。

オープンクエスチョン(拡大質問)の例

オープンクエスチョン(拡大質問)の例を見てみましょう。

  • 「○○くんと喧嘩したんだね。これからどうしようか?」
  • 「その問題は、(あなたにとって)どれくらいの大きさ?」
  • 「その問題について、(あなたは)どう思っているの?」
  • 「その高校に進学して何を頑張りたいの?」

こうした質問は、「Yes」か「No」では答えられないので、子どもは、自分の内面と向き合い、意見や考え、気持ちを自分の言葉で表現することになります。

そのため、子どもの本音や悩みを引き出し、それらに焦点を当てて会話を膨らませていくことができます。

もちろん、「黙り込む」、「話を逸らす」などして答えないこともありますが、内心ではあれこれ考えているので、徐々に変化が現れてくるものです。

クローズドクエスチョン(限定質問)

オープンクエスチョンと対極にある質問方法にクローズドクエスチョン(限定質問)があります。

クローズドクエスチョン(限定質問)とは、「Yes」か「No」、もしくは「単語」で答えられる質問です。

クローズドクエスチョン(限定質問)の例をいくつか挙げてみましょう。

  • 「◯◯君と喧嘩したんでしょ?」
  • 「〇〇だから勉強しないんだろう?」
  • 「◯◯高校に行きたいのは△△だからだろう?」

いずれも、「そう(Yes)」か「違う(No)」で答えられる質問です。

自分の内面と向き合ったり考えたりせず答えることができるため、子どもは、パパママの気持ちを汲んで答えたり、適当に答えたりすることがあります。

オープンクエスチョン(拡大質問)とクローズドクエスチョン(限定質問)

オープンクエスチョン(拡大質問)は、コーチングにおいて重要なスキルの一つで、メリットばかりが強調されがちです。

一方のクローズドクエスチョン(限定質問)は、オープンクエスチョン(拡大質問)と比較されてデメリットが強調されがちです。

しかし、両者は子どもの性格、能力、状態、環境などを見極めて使ってこそ効果を発揮するものです。

例えば、小さな子どもや知的制約がある子に「あなたはどうしてそれがしたいの?」、「それをすることで(あなたは)何が得られるの?」などと聞いても答えられませんし、しつこく質問すると追い詰めてしまうでしょう。

一方で、思春期以降の子どもにクローズドクエスチョン(限定質問)を繰り返すと、反発を招いたり、疎んじられたりしますし、子どもの自主性も育ちません。

また、それまでクローズドクエスチョン(限定質問)ばかり繰り返していたパパママが、ある日突然オープンクエスチョン(拡大質問)を多用して子どもの気持ちを引き出そうとしても、無理です。

2つの質問の特徴を理解し、普段から使い分けておくことも大切です。

コーチングのスキル2:ノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション)

ノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション)とは、言葉によらないコミュニケーションです。

通常、コミュニケーションと言えば、言葉を使ったやりとりを思い浮かべるでしょう。

しかし、人は、言葉以外でも様々な情報を発信しており、また、相手が発信した様々な情報を受け取っています。

「目は口ほどに物を言う(口を開いて話さなくても、目つきを見れば相手の気持ちや感情が分かるといった意味)」ということわざは、ノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション)を端的に示しています。

ノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション)の例

コーチングで重要視されるノンバーバルコミュニケーションをいくつか紹介します。

  • 表情
  • うなづき(相槌)
  • 目線
  • 姿勢

表情

子どもの話を聴く時は、無表情ではなく、話の内容に応じて表情を変えることが大切です。

子どもがが真剣な話をしている時は真剣な表情で、砕けた話をしている時は笑顔というように、使い分けるようにしましょう。

うなづき(相槌)

うなづき(相槌)は、子どもに「ちゃんと話を聴いてくれている」と思わせる効果があります。

「うんうん」、「ふんふん、それで・・・」といった言葉を交えながらうなづくと、より効果的です。

目線

「目は口程に物を言う」ということわざ通り、目は様々な情報を子どもに伝えます。

笑顔で相槌を返しながら話を聴いていても、視線が合わないと、子どもは「話を聴いてくれているの?」と不安になります。

子どもと話す時は目を見るようにしましょう。

ジッと見つめている必要はなく、適当に視線を合わせたり外したりしても問題ありませんが、子どもが見つめてきた時は見つめ返してあげましょう。

姿勢

コーチングでは、姿勢も重要です。

姿勢を正し、少し前傾になるくらいが、子どもにとってはちょうど良いと言われています。

反対に、腕や足を組む、ふんぞり返る、寝転んでいるといった姿勢は、子どもに「真面目に話を聴いてくれていない。」という印象を与えるので避けましょう。

まとめ

コーチングは、社員研修などで活用されることの多い人材開発法ですが、子育てに活用できるスキルがたくさんあります。

今回紹介したオープンクエスチョン(拡大質問)とノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション)は、無意識のうちにやっていることも多いものですが、意識的に取り組むことで、より効果的に子どもとコミュニケーションが図れるようになるはずです。