知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

DINKs(ディンクス)の意味とは?家計や老後、後悔、DEWKsとの違いは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

DINKs(ディンクス)という言葉を聞いたことがありますか?

一昔前までは、大人になれば社会に出て働き、結婚して子どもを産む育てるのが当たり前だと考えられていましたし、「男は仕事、女は家事育児」という性別による役割分担も当然のことのように浸透していました。

しかし、現在は、個人の価値観が多様化し、それに伴って、個人のライフスタイルも多様化し、家族の在り方も大きく変化しています。

DINKs(ディンクス)は、こうした変化の中で注目されるようになった家族の在り方であり、夫婦のライフスタイルです。

 

では、DINKsとはどのようなものなのでしょうか。

また、DINKsと対比して使われる言葉にDEWKsがありますが、どう違うのでしょうか。

この記事では、DINKsの概要、メリットとデメリット、DEWKsとの違いについて紹介します。

DINKs(ディンクス)の意味とは

DINKsとは、共働きをしており、意識的に子どもを持たない夫婦のことです。

英語では「Double Income No Kids(収入が2つあり、子どもがいない)」と表記し、一般的には「DINKs(ディンクス)」と略称で呼ばれます。

DINKsは、欧米では1980年代頃から広まっており、1990年代頃から日本でも少しずつ増加してきました。

DINKsは、「共働き」かつ「意識的に子どもを持たない」夫婦なので、夫婦の一方のみが働いていて子どもがいない場合や、共働きだけれど子どもがいる場合は当てはまりません。

また、子どもを望んでいるのに何らかの事情で授かることのできない共働きの夫婦についてもDINKsには含まれません。

DINKsを選ぶ理由

夫婦がDINKsを選択する主な理由は、以下のとおりです。

  • 一人の時間や夫婦の時間を大切にしたい
  • 夫婦のみのライフスタイルを変えたくない
  • 夫婦ともにフルタイムで仕事を頑張りたい
  • 経済的な余裕が欲しい
  • 子どもが好きではない
  • 子育てに魅力を感じない
  • 親になる自信がない
  • 子育てをやり遂げる自信がない
  • 出産に抵抗がある
  • 周囲から子作りをしつこく求められて辟易している
  • 夫婦関係を続けていく自信がない

夫婦がDINKsを選択する背景には、夫婦の価値観や希望するライフスタイル、夫婦を取り巻く環境があることが分かります。

ただし、夫婦のいずれも同じ考えでDINKsを選択する場合もあれば、一方だけがDINKsを希望して結果的にそうなっている場合もあります。

DINKsとDEWKs(デュークス)の違い

DINKsと対比して使われる言葉にDEWKsがあります。

DEWKsとは、共働きで子どもがいる夫婦のことです。

英語では「Double Employed With Kids」と表記し、DEWKs(デュークス)と略して呼ばれます。

日本では、女性の社会進出が進んだことに加え、長引く不況の影響もあって、子どもがいる共働き家庭が増えています。

ワンオペ育児、夫婦の育児負担のバランス、男性の育児関与率の低さ、待機児童問題など課題は山積していますが、現時点では日本における一般的な家族形態でしょう。

DINKsのメリットとデメリット

 日本では、DINKsを選択する夫婦が一定数います。

彼らが考えるDINKsの主なメリットとデメリットは、以下のとおりです。

DINKsのメリット

  • 子育ての大変さがなく、自分一人の時間や夫婦の時間が確保しやすい
  • 子育て費用がかからない分、自由に使えるお金が多い
  • 仕事に没頭できる
  • 趣味にお金と時間をかけることができる

DINKsのメリットは、子どもに時間やお金を掛けずに済む分、一人や夫婦で過ごす時間が確保でき、お金も自由に使いやすく、仕事でも趣味でも好きなことに没頭しやすいといった意見が多くなっています。

「大人になったら、結婚し、子どもを産んで育てる。」という昔ながらのライフスタイルにとらわれず、夫婦で自由にライフスタイルを決めていくことができることは、価値観が多様化した現在においては魅力的なことと言えます。

DINKsのデメリット

  • 仕事や趣味に没頭するあまり、ワークライフバランスが崩れ、子育て家庭より夫婦で過ごす時間も短くなる
  • 子どもの将来を心配しなくていい分、財布のひもが緩みがちになり、貯蓄ができない
  • 子どもが欲しくなっても、相手の理解が得にくい
  • 老後にパートナーが亡くなると孤立する
  • 周囲から子どもを産むよう求められる

DINKsのデメリットは、DEWKsと比べてワークライフバランスが崩れやすい、財布のひもが緩んで家計がひっ迫しやすいなど、自由になるお金や時間が多い分、かえって使い方が雑になってしまうことです。

また、老後に不安を感じるDINKsも多くなっています。

また、「結婚したら子どもを産むものだ。」と考える人は一定数おり、DINKsであることを公言するか否かに関わらず、子どもがいないことで好奇の目を向けられたり、心無い言葉にさらわれたりすることがあります。

「産まない」という選択

子どもを産む産まないは夫婦が話し合って決めることで、他人が口を挟むべきことではありません。

たとえ親であっても同じです。

しかし、子どもを産まないことに対して否定的な意見を持っている人が少なからずいるのが現状です。

極端になると、「子どもを産まないんだったら、なぜ結婚したの。」、「私の子どもが、将来、子どもも産まないあなたたちのために汗水たらして働いて税金を払うのかと思うとやり切れない。」などと公言する人もいます。

また、「若い世代が子どもを産まないと、ますます少子化が進んで日本が衰退する。」などと、少子高齢化とからめて批判する人も珍しくありません。

いずれも個人の勝手な意見ですが、DINKsを選択した夫婦の中には、そうした心無い意見に傷つけられている人がたくさんいます。

中には、親から「孫の顔が見たい」と懇願されてやむなく子どもを作ったものの、子どもに関心が持てずネグレクト気味になった人や、DINKsを公言して周囲から陰口をたたかれ、精神的に不安定になった人もいます。

繰り返しになりますが、産む産まないは夫婦が話し合って決めることであり、安易に勝手な意見を口にして相手を傷つけるのではなく、そうした価値観や考え方もあるのだと認めてあげる余裕は持っておきたいものです。

子どもを望みながらDINKsを選択する夫婦

日本では、子どもを望みながらDINKsを選択する夫婦がいます。

子どもを産み育てることに漠然とした不安がある、親子で生活できるだけの経済力がない、高齢出産による母体への負担や赤ちゃんの健康が心配など理由は様々ですが、子どもが欲しいという気持ちをグッと抑えてDINKsを選択しているのです。

確かに、子どもを産むということは、その後、長年にわたって一人の人間を守り育てていくことであり、とても大変なことです。

しかし、現在は、行政の子育て支援制度や助成が充実していますし、妊婦や子育て家庭の相談窓口もたくさんあります。

医療の進歩によって高齢でも安全に出産できる確率も高くなっています。

そのため、消極的な理由でDINKsを選択する前に、夫婦で十分に情報収集してみましょう。

まとめ

DINKsは、今後、ますます増加していくと予想されており、少し先にはDEWKsよりDINKsの方が一般的な家族構成になっている可能性もあります。

そこには少子高齢化や労働力の問題などが絡んでくるわけですが、だからといってDINKsを否定する理由にはなりません。

DINKsを選択するかどうかはあくまで夫婦が決めることであり、周囲があれこれ言うのは控えるべきでしょう。