知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

空の巣症候群とは?原因と治療・克服法は?更年期やうつとの関係は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

子育てが終わり、子どもが家を出て自立した後の生活を考えたことはありますか?

子どもが巣立つと、夫婦水入らずの生活に戻るわけですが、「忙しい毎日から解放されて、やっと一息つける。」、「これからは自分の時間だ。」と思えるでしょうか?

それとも、「子供がいなくなって寂しい」、「やることがなくなってしまった。」と感じるでしょうか?

実は、子育てを終えたパパママの中には、子育てを終えた頃から喪失感に襲われて抑うつ症状が出る人が少なからずいます。

いわゆる「空の巣症候群」と呼ばれる症状です。

この記事では、空の巣症候群の概要、原因、症状、治療・克服法について紹介します。

空の巣症候群とは

空の巣症候群とは、子育てを終えた後の女性に見られる抑うつなどの症状をまとめたものです。

子どもが家を巣立った後に症状が出やすいことから、「空の巣」という名前が付けられました。

英語では、「empty-nest syndrome」と表記します。

「心にぽっかり穴が開いた感じ」と形容されるように、えもいわれぬ喪失感に襲われます。

特に、専業主婦や専業主夫として子育てをしてきたパパママは、仕事をしているパパママよりも空の巣症候群になりやすい傾向があります。

子育てにかけた時間が長いほど、「手をかけて育ててきた」という思いが強いほど、症状が出やすいものです。

空の巣症候群の原因

空の巣症候群の直接の引き金となるのは、子供の巣立ちです。

子供が巣立った後にやってくる喪失感から、心や身体に様々な症状が出てくるのです。

しかし、子供の巣立ちだけが空の巣症候群を引き起こす原因ではなく、子供の巣立ちの前後にやってくる心身の変化と環境の変化も大きく影響しています。

20~30代で子どもを出産し、子どもが高校もしくは大学卒業後に就職した場合、40~50代で子供の自立を経験することになります。

40~50代というのは、仕事をしている人にとっては働き盛りの時期で、要職について責任も重くなる人も多く、ストレスを感じやすい時期です。

また、女性は、閉経や更年期によってホルモンバランスが変化し、イライラしたり落ち込んだりというように気持ちや感情が揺れやすくなります。

こうした状況で、子供が巣立ちにより家庭環境が激変して強いストレスや喪失感を抱き、空の巣症候群を発症するのです。

特に、専業主夫や専業主婦として子育てに専念してきたパパママは、約20年を費やして手塩にかけて育ててきた子どもがいなくなり、言いようがないくらい大きな喪失感を抱きます。

また、子育てという大仕事を終え、将来の目標を見つけられないまま不安や悩みを抱え続けることもあります。

空の巣症候群の症状(更年期やうつとの関係)

空の巣症候群の症状は、心の症状と身体の症状に分けることができます。

空の巣症候群の症状:心の症状

  • 抑うつ
  • 目的の喪失
  • 自信の喪失
  • イライラ
  • 寂しさ
  • 不安
  • 焦り
  • 孤独感
  • 意欲の低下

空の巣症候群の症状:身体の症状

  • 頭痛
  • 不眠
  • 食欲不振
  • 慢性的な疲労感
  • 発熱
  • 動悸
  • 吐き気
  • 手足の震え
  • 肩こり、腰痛

これらの症状は、更年期障害やうつ病と重なる部分が多く、病院を受診したところうつ病と診断されたという人も珍しくありません。

空の巣症候群が長引くと、イライラや寂しさを紛らわすために物質依存に陥ったり、自信喪失や意欲の低下によって引きこもりになったりするリスクが高まります。

夫婦関係が悪化し、熟年離婚の引き金となることもあります。

なお、空の巣症候群の症状は、バーンアウト(燃え尽き症候群)に似たところがあると指摘されています。

  • バーンアウト(燃え尽き症候群):慢性的なストレスにさらされながら、何かに精力的・献身的に取り組んでいた人が、突然、意欲を喪失して社会人として機能しなくなる症状。

空の巣症候群になりやすい人

すでに紹介しましたが、専業主婦や専業主夫は空の巣症候群になりやすい傾向があります。

その他、空の巣症候群になりやすい人の特徴は、次のとおりです。

  • 人付き合いが苦手で、家族以外との関わりが極端に少ない
  • 必要な時以外は外出せず家にこもっている
  • 趣味が少ない、もしくは、ない
  • 夫婦関係が悪い、もしくは、疎遠
  • 子どもを過保護に育て、密着した関係にある

空の巣症候群の治療・克服法

一度巣立った子どもは、退職、離婚、家業を継ぐ、親の介護といった事情がないと戻って来ることはないでしょう。

そのため、子どもに戻ってきてもらうという選択肢は現実的ではなく、パパママ自身が心の持ち方や生活を変える努力をすることになります。

新しい趣味を見つける、育児中は疎遠になっていた旧知の友との交流を再開する、夫婦関係を見直すなど、方法はたくさんあります。

その中から、自分に合った物を見つけ出し、そこに生きがいややりがいを見出すことが、空の巣症候群を克服する一番の方法です。

空の巣症候群による気分の落ち込みや身体症状が酷い場合には、無理をせず早めに病院に相談し、適切な治療を受けましょう。

心や身体の症状を抱えたままでは、新しい生活に向けて一歩を踏み出すことがしにくいものです。

まとめ

空の巣症候群について紹介しました。

空の巣症候群は、子育てに多くのエネルギーを注ぎ込んだ人ほど陥りやすい傾向があります。

子どもに愛情を注ぎ、お世話してあげることは大切ですが、子どもがいずれは巣立つ存在であることを念頭に置き、子どもがいなくなった後の自分自身の生活を考えておくことも大切です。