知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

ファミリーサポートセンター事業とは?利用方法とトラブルは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ファミリーサポートセンターを知っていますか?

最近は、パパママが働きながら子育てを頑張る「共働き世帯」が増えていますが、待機児童の問題を始め、思うように子どもを保育園などに預けられず苦労をすることが少なくありません。

ファミリーサポートセンター事業は、そんなパパママのサポートを行ってくれるものの一つとして注目を集めている子育て支援事業の一つです。

では、ファミリーサポートセンター事業とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

また、ファミリーサポートセンターはどのような活動をしており、どうやって利用するのでしょうか?

このページでは、ファミリーサポートセンター事業の概要、利用方法、利用時のトラブルについて紹介します。

ファミリーサポートセンター事業(子育て援助活動支援事業)とは

ファミリーサポートセンター事業とは、誰かに子育てのサポートをしてほしい人と、子育てのサポートをしたい人を会員として、お互いにサポートしあうための連絡や調整を行う子育て支援事業です。

ファミリーサポートセンター事業は、各地域における子育ての相互支援活動を促進することと、緊急時や病気の子どもの預かりなど、子育て世帯の多様なニーズに対応することを目的としています。

実施主体は市町村ですが、制度上、適切な団体等へ委託することができるようになっています。

ファミリーサポートセンターとは

ファミリーサポートセンターとは、子育てのサポートをしてほしい人と、サポートをしたい人で構成される会員制の組織のことです。

市町村は、ファミリーサポートセンターを設立し、センターの活動として、会員の募集・登録・組織、子育ての相互サポートの連絡・調整、円滑に相互サポートを行うための講習会や交流会の開催、関係機関との連絡調整などを行います。

ファミリーサポートセンター事業の相互サポートの例

ファミリーサポートセンター事業における主な相互サポートは、以下のとおりです。

  • 自宅-保育園・幼稚園・学校間の子どもの送迎
  • 保育園の保育時間外など(早朝や夜間など)に子どもを預かる
  • 学校の放課後に子どもを預かる
  • パパママが仕事や外出している間、子どもを預かる
  • 病気の子ども・病気後の子ども(病後児)を預かる(平成21年度以降)

パパママが仕事や用事などで子どものお世話をすることができない時に、子どもを預かったり保育園等に送迎したりしてもらえることが分かります。

ただし、事業の内容は市町村によって異なります。

特に、病気の子どもや病気後の子どもについては、通常の利用ルールに加えて医師の診断書の提出を求められることもあります。

利用前に詳しい利用方法を確認しておきましょう。

ファミリーサポートセンター事業でサポートしてもらえないこと

ファミリーサポートセンター事業は、あくまで行政等が行う子育て支援事業の一つであり、「何でもやさん」ではないため、できないこともあります。

  • 何日もの間、子どもを預かる
  • 子どもをお風呂に入れる
  • 保育園・幼稚園・学校からの呼び出しへの対応(緊急連絡先にすること)
  • 母乳を預かる
  • ファミリーサポートセンター会員のあっせん(センターを通さず会員同士で依頼しあうこと)

また、子どもを預かってくれるのは、子どもを預かりたいと思う一般の人であり、子育てに関する特別な知識や経験が豊富な人ではないため、特別な配慮が必要な子どもは預かってもらえないことがあります。

例えば、新生児・乳児の預かり、アレルギーのある子ども、障害のある子ども、発達上の課題を抱えた子ども(発達障害の診断を受けている子ども)などは、地域によっては断られることがあります。

ファミリーサポートセンター事業の利用方法

ファミリーサポートセンター事業を利用するには、以下の手順を踏むことになります。

  1. 入会する
  2. 事前の打ち合わせ(ペアリング)
  3. サポート活動の依頼
  4. サポート活動
  5. 活動報告書の提出

ファミリーサポートセンター事業の利用方法1:入会する

ファミリーサポートセンター事業を利用するには、まず、センターに入会する必要があります。

サポートしてほしい人は「サポート依頼会員」、サポートしたい人は「サポート提供会員」として入会の申し込みを行います。

サポート依頼会員の申し込みで提出を求められるのは、以下の書類等です。

  • 入会申込書
  • 保護者の写真
  • 認印

ただし、市町村によっては上記以外の書類等の提出を求められることもあるため、事前確認しておきましょう。

申込書には、援助してほしい内容、曜日、時間などを記入します。

サポート提供会員の申し込みにおいても同様の書類等の提出を求められます。

また、市町村によっては、サポートを行うための心構えなどについて講習を受けることを会員になる条件としているところもあります。

ファミリーサポートセンター事業の利用方法2:事前打ち合わせ(ペアリング)

入会手続が完了すると、センターのコーディネーターが、サポート依頼会員の希望に応じたサポート提供会員を選びます。

そして、センターのコーディネーター立会いの下で、サポート依頼会員とサポート提供会員が直接会って話し合い、サポート内容を決定します。

サポート依頼会員は、サポートを希望する内容、普段の子どもの様子、緊急時の連絡先などを伝え、一方のサポート提供会員は、活動時間や実行できるサポートを伝えて、サポート内容を調整します。

お互いが了解すればペアが成立します。

了解に至らなかった場合は、別の人とペアリングが行われることになります。

ファミリーサポートセンター事業の利用方法3:サポート活動の依頼

いよいよ、実際にサポートを依頼する段階です。

  1. サポート依頼会員が、センターのコーディネーターにサポートを依頼する
  2. コーディネーターが、サポート提供会員に依頼内容を伝達し、サポートの可否を確認する
  3. コーディネーターが、サポート提供会員の回答をサポート依頼会員に伝達する
  4. サポート前日に、サポート依頼会員がサポート提供会員に連絡し、依頼内容等の確認を行うとともに、子どもの様子を伝える

ファミリーサポート戦隊事業の利用方法4:サポートの実行

サポート提供会員は、依頼内容に基づいてサポートを実行します。

サポート終了後、提供したサポートの内容、時間、子どもの様子などを報告書に記入します。

サポート依頼会員は、報告書を確認し、署名・押印した上で報酬を支払います。

ファミリーサポートセンター事業の利用方法5:活動報告書の提出

サポート提供会員は、報告書をセンターに提出します。

センターは、報告書を受領し、サポートが適切に行われたか否かなどを確認します。

ファミリーサポートセンターと保険

ファミリーサポートセンター事業を利用する会員は、サポート依頼会員もサポート提供会員も、会員登録した時点で3つの保険に加入することになります。

  1. 傷害保険
  2. 賠償責任保険
  3. 依頼子ども傷害保険

傷害保険

サポート提供会員が、子どもを預かるなどのサポート提供中にケガなどをした場合のための保険です。

例えば、子どもの送迎中に事故に巻き込まれて死亡した、子どもの食事を作っている時にけがをした場合などに補償されます。

賠償責任保険

サポート提供会員が、サポート提供中の監督不行届きなどにより、預かっている子どもを含む第三者や財物などに損害を与え、法律上の賠償責任が発生した場合のための保険です。

例えば、サポート提供会員の不注意で子どもが道路に飛び出して車と接触した、提供したみそ汁で子どもがやけどしたなどで賠償責任が発生した場合に、賠償金等が保障されます。

依頼子ども傷害保険

子どもが、センターを通したサポートの提供を受けている間に事故で傷害を負った場合のための保険です。

例えば、窓ガラスを手で割った、階段から落ちた、車と接触したなどの場合に、サポート提供会員の過失に関わらず補償がなされることになります。

ファミリーサポートセンター事業の利用料金

ファミリーサポートセンター事業は、子育て支援事業の一つで、センターへの登録に料金はかかりませんが、利用には一定の料金がかかります。

利用料金は地域によって異なりますが、一般的な利用料金は以下のとおりです。

  • 平日(月曜日~金曜日)の午前6時~午後10時:700円/1時間
  • 土日祝日・年末年始、夜間:1000円/1時間

利用料金は子ども1人についてかかるので、きょうだいを預ける場合は人数分の料金が発生します。

また、送迎にかかる交通費や飲食費などの実費も支払うことになります。

ファミリーサポートセンター事業のトラブル

ファミリーサポートセンター事業は、センターを通すとは言え、1,2度顔を合わせて話しただけの第三者に子どもを預けるものです。

そのため、預かり中の子どもにケガをさせてしまったり、子どもが体調を崩したりするなど、トラブルはたくさん発生しています。

  • 約束の時間を守ってもらえない
  • 約束をドタキャンされる
  • 利用料金以外の金銭を請求される
  • 打ち合わせた内容以外のサポートを要求される
  • 無断で子どもの写真を撮影される(SNSなどで拡散される)
  • 子どもにわいせつな行為をされる
  • 子どもが体調を崩してしまう(適切な対応や連絡をしてもらえない)
  • 子どもがケガをしてしまう(適切な対応や連絡をしてもらえない)
  • 預かり中の様子を教えてもらえない(うその報告をされる)

まとめ

ファミリーサポートセンター事業は、会員登録や事前の打ち合わせなどの手順を踏んだ上で利用する必要があり、緊急時に頼れるサービスとは言えません。

また、

しかし、保育時間外に預かってもらえたり、お迎えの時間に仕事が終わらない場合に代わりに迎えに行ってもらったりするなど、日常の子育てにおける「ちょっとしたかゆいところ」に手が届くサービスです。

比較的新しいサービスで、行政や実施団体等が試行錯誤を繰り返しながら行っているところはありますが、子育て支援の一つの選択肢として知っておくと良いでしょう。