知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

保育園と幼稚園の違いは料金と子どもの学力?メリットとデメリットは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「保育園と幼稚園の違いは何?」と聞かれたら、何と答えますか?

保育園と幼稚園は、未就学児を預かるところは共通していますが別の施設です。

しかし、新米パパママの場合、何となく「利用料金が違う。」、「保育所は保育するところで、幼稚園は教育するところ」というイメージくらしか持っていないことも、珍しくありません。

子どもが生後0~2歳の頃から保育園に預けていたとしても、生後3歳から幼稚園に預けることもできるようになるので、保育園と幼稚園の違いをしっかり理解し、どちらを選択するか慎重に検討することが大切です。

この記事では、保育園と幼稚園の違い、各施設のメリットとデメリット、転園する時の注意点について紹介します。

保育園と幼稚園の違い

保育園と幼稚園の主な違いは、以下のとおりです。

  • 所管省
  • 根拠法令
  • 目的
  • 保育対象年齢
  • 標準的な保育時間
  • 料金
  • 給食の有無
  • 職員の資格

保育園と幼稚園の違い1:所管省

保育園と幼稚園では、所管(権限を持って管理)している省庁が違います。

  • 保育園:厚生労働省
  • 幼稚園:文部科学省

保育園は、厚生労働省が所管する児童福祉施設(乳児院、幼保連携型認定こども園、児童厚生施設、児童養護施設、重症心身障害児施設など)の1つです。

一方の幼稚園は、文部科学省が所管する教育施設(学校、大学など)の1つです。

保育園と幼稚園の違い2:根拠法令

保育園と幼稚園では、設置の根拠となる法令が違います。

  • 保育園:児童福祉法(児童福祉に関する組織、施設、事業について基本原則を定めた法律)
  • 幼稚園:学校教育法(教育制度の原則を定めた法律)

保育園と幼稚園の違い3:目的

所管する省や根拠法令が違うことからも分かりますが、保育園と幼稚園では目的が違います。

保育園の目的は、仕事や病気などで保育が困難なパパママに代わって乳幼児を保育することです。

一方で、幼稚園の目的は、幼児を保育して適当な環境を与え、幼児の心身の発達を助けることです。

保育園と幼稚園の違い4:保育対象年齢

保育園と幼稚園では、保育の対象となる年齢が違います。

  • 保育園:生後0歳から小学校入学前まで
  • 幼稚園:生後3歳に達した年の春から小学校入学前まで

保育園は、児童福祉施設としてパパママの代わりに子供を保育する役割を担っているため、乳児期の頃から保育できる環境が整備されています。

一方の幼稚園は教育施設であり、「教育」が可能になる生後3歳以上の幼児を対象としています。

保育園と幼稚園の違い5:標準的な保育時間

標準的な保育時間については、地域や各施設によって異なります。

この記事では、標準保育時間とよくある保育時間の例を紹介します。

  • 保育園:標準保育時間は8時間(例:午前7時30分~午後6時00分)
  • 幼稚園:標準保育時間は4時間(例:午前9時00分~午後2時00分)

延長保育で保育時間を長くすることもできるようになっています。

保育園と幼稚園の違い6:料金

保育園と幼稚園では、料金体系が大きく異なります。

保育園の料金

保育園では、世帯収入によって保育料が変わります。

また、子どもの年齢が低いほど高額になる一方で、預ける子どもの人数が増えると2人目以降の料金は安くなります。

パパママが負担する保育料の上限が設定されており、上限を超える分は国・都道府県・市町村が負担しています。

子育て支援を推進する自治体では、上限を超える分の負担に加えて補助金を出すことでパパママの負担を軽くしています。

幼稚園の料金

幼稚園では、世帯収入に関係なく一律の保育料が設定されています。

また、入園するのにお金がかかり、専用の制服やカバンなどの購入も求められます。

送迎バス、教材、放課後の習い事などにも費用がかかり、私立幼稚園だと公立幼稚園の2倍近い費用がかかることもあります。

保育園と幼稚園の違い7:給食の有無

保育園は、給食を準備することが保育園の義務として定められています。

一方の幼稚園は、給食を提供するかどうかは任意に設定できることになっています。

社会福祉施設の保育園と教育施設の幼稚園の性格の差が顕著に表れている違いです。

保育園と幼稚園の違い8:職員の資格

保育園と幼稚園では、働いている職員が違います。

保育園で働いているのは保育士、一方で、幼稚園で働いているのは幼稚園教諭です。

保育士になるには保育士資格証明書が、幼稚園教諭になるには幼稚園教諭免許状が必要になります。

保育士資格は、受験資格を満たして保育士試験に合格することで得られます。

一方で幼稚園教諭免許は、①幼稚園教諭免許を取得できる教職課程のある大学や短大など(指定養育施設)で必要単位を取得するか、②保育士として3年以上の実務経験を積み、幼稚園教員資格認定試験に合格する必要があります。

(※2019年末までは、幼稚園教員資格認定試験を受験しなくても幼稚園教諭免許が取得できる特例制度が設けられています。)

保育園と幼稚園のメリット・デメリット

保育園と幼稚園の違いを踏まえ、それぞれのメリットとデメリットについても確認しておきましょう。

保育園のメリット・デメリット

保育園のメリットとしては、大人が働いている時間帯の保育を任せることができる上、園内で基本的な生活習慣を教えてもらえたり、他の園児と接して子供の社会性が養われたりすることです。

一方のデメリットは、入園するのにパパママの就労など条件があり、待機児童問題で表面化しているように、希望した時期に希望した園に入れるとは限らないことです。

また、子どもと親が離れている時間が長く低年齢のうちは負担が大きいことや、他の園児から病気をもらいやすいこと、保育園に子どもを預けているパパママは働いていることが多く、父兄の交流はあまり盛んでないこともデメリットでしょう。

幼稚園のメリット・デメリット

幼稚園のメリットは、未就学児のうちから「教育」を受けさせられること、他の園児の父兄と交流を深めて子育て、知育、習い事などについて情報交換がしやすいことです。

また、保育園に比べると保育時間が短く、親子が一緒に過ごす時間が長くなりますし、その時間に親子で習い事などをすることもできます。

一方のデメリットは、保育園に比べると費用負担が大きいことや、パパママの参加が求められる行事が多いことです。

また、共働きの場合は保育時間が短すぎると感じることもあるでしょう。

保育園から幼稚園へ転園させる場合に注意しておきたいこと

子どもが生後0~2歳のうちは保育園に預け、3歳に達した年の春から幼稚園に転園させる家庭は多いものです。

転園の理由は「早いうちからこどもに教育を受けさせたい」、「パパママの勤務体制が変わった。」、「他の園児の父兄と交流を深めたい。」など様々ですが、転園を検討したり実際に転園させたりする家庭は相当数に上ります。

子育て支援の相談窓口でも、生後2歳頃の子どものいるパパママからの転園の相談を多数受け付けています。

転園させる時に注意しておきたいことは、以下のとおりです。

  • 費用の問題
  • 子どもの友人関係の問題
  • 放課後の問題

費用の問題

保育園の料金は、世帯収入によって差がありますが、幼稚園の料金は、公立か私立かの差はありますが、同じ園における料金は基本的に一律です。

また、幼稚園では入園する時に5~10万円の入園菌がかかる上、制服やカバン、教材なども専用品の購入を求められるなど、何かとお金がかかります。

世帯収入が低い家庭の場合は、幼稚園に転園させたことで料金が跳ね上がり、さらに備品等の購入で費用がかさんで家計が苦しくなることがあるので、注意が必要です。

子どもの友人関係の問題

転園のタイミングとなる生後3歳頃というのは、子どもが他の園児と一緒に遊べるようになったり、仲の良い友達ができたりする時期です。

パパママとしては転園が子どものためになると考えていても、子どもにとっては転園が「仲の良い友人と離れ離れになる」などつらい経験になる可能性もあるため、慎重に検討する必要があります。

放課後の問題

保育園は朝から夕方まで預かってくれますが、幼稚園は昼過ぎにはお迎えに行くことになり、放課後に習い事をしたり、他の園児の父兄と交流したりすることになります。

フルタイムの共働きの場合は、子どもの転園に合わせて勤務時間を調整する必要があります。

延長保育を利用する場合は費用についての検討が必要です。

まとめ

保育園と幼稚園の違い、各施設のメリットとデメリット、転園する時の注意点について紹介しました。

いつから、どちらに通わせるか、3歳になったら転園させるかどうかについては、パパとママが話し合ったうえで慎重に決めてください。

現在は、保育園と幼稚園の特徴を併せ持つ認定こども園も登場しており、選択の幅はより広がりましたが、何を基準に選択するかについてパパママでよく話し合うことは変わりません。