知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

イクメン、イクメンプロジェクトとは?男性の育児参加のメリットは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本においては、一昔前まで「男は仕事、女は家庭」という考え方が常識としてまかり通っていましたが、最近は、「イクメン」という言葉が流行したり、政府がイクメンプロジェクトという男性の育児参加を推進するプロジェクトを発足させるなど、男性の育児参加に対する社会の認識は変わってきました。

イクメン(育児参加する男性)が増えるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

また、イクメンプロジェクトとは、どのようなプロジェクトなのでしょうか。

この記事では、イクメンとイクメンプロジェクトの概要、男性の育児参加のメリットについて紹介します。

イクメンとは

イクメンとは、育児に参加する男性のことです。

育児に参加する男性(mens)を略して「イクメン」、日本で生まれた造語です。

育児をする男性全般を指すこともありますが、育児参加制度を取得するなど、自らの意思で積極的に育児に参加する男性を指すことが多くなっています。

また、何らかの事情で思うような育児ができていなくても、将来的に積極的に育児に関わりたいと考えている男性をイクメンに含める場合もあります。

イクメンという言葉が広まった経緯

イクメンという言葉がいつ生まれたかについては、はっきりと分かりませんが、男性の育児休業取得率が1%を超えた2007年前後からチラホラと耳にするようになりました。

イクメンが全国的に知られるようになったのは、2010年6月に当時の労働大臣が国会で「イクメンという言葉を流行らせたい。」と発言し、「イクメンプロジェクト」を開始したのがきっかけです。

その後、イクメンを題材とするニュースやテレビ番組、雑誌の特集が続々登場し、その年のユーキャンの新語・流行語大賞のトップ10にランクインするまでになりました。

ネットでは、イクメンを自称する芸能人や一般男性のブログやサイトが無数に作られています。

イクメンという言葉

イクメンは、男性の育児参加が当たり前ではないという前提で、積極的に育児に参加する男性のことを指す言葉です。

つまり、現在もイクメンという言葉が残っているということは、日本において男性の育児参加が当たり前になっていないことの証でもあるのです。

当面はイクメンを増やしていくための取組みが続けられるはずですが、ゆくゆくはイクメンが死語になる(男性の育児参加が当たり前になる)社会を目指す必要があるでしょう。

イクメンプロジェクトとは

イクメンプロジェクトとは、男性の子育て参加や育児休業の取得促進などを目的とした政府のプロジェクトです。

キャッチフレーズは、「育てる男が、家族を変える。社会が動く。イクメンプロジェクト」です。

イクメンプロジェクトは、2009年に育児・介護休業法が改正され、2010年6月に「パパ・ママ育休プラス」制度が導入されたのに合わせて、2010年6月30日に発足しました。

その目的は、男性の育児参加を推進することで、女性の仕事と家事育児のバランスや子どもの環境を改善し、将来的に社会全体に良い影響を与えることです。

イクメンプロジェクトの内容

イクメンプロジェクトは、専用のサイトで、ネットを活用したイクメン・イクメンサポーターの登録、起業のイクメン推進プロジェクトの事例の公開、育休を取得した男性の体験談の掲載、イクメン関連のイベントの告知などを行っています。

また、イクメンに関連したセミナーやシンポジウムの企画運営、イクメン普及活動の支援、イクメンプロジェクトに参画している企業とのコラボなども行っています。

参考:育てる男が、家族を変える。社会が動く。イケメンプロジェクト

男性の育児参加のメリット

男性の育児参加には、たくさんのメリットがあります。

  • 父親としての自覚を持つことができる
  • ママの負担を減らすことができる
  • 円満な家庭が維持できる
  • 子供の成長発達に良い影響を与える
  • 仕事のモチベーションや効率が上がる

男性の育児参加のメリット1:父親としての自覚を持つことができる

一般的に、パパは、ママに比べて「親としての自覚を持つのが遅い」と言われています。

ママは、妊娠してから出産するまでお腹の中で赤ちゃんを守り育てるため、赤ちゃんが生まれる前から少しずつ母親としての自覚が芽生えていきます。

しかし、パパはそうした感覚は持ちにくく、また、出産に伴う痛みや「自分のお腹の中から新しい命が誕生した。」という感覚もありません。

そのため、赤ちゃんが生まれた後、赤ちゃんと一緒に過ごしてお世話をする中で「父親としての自覚」を持つことになります。

積極的に育児参加することで、より早く父親としての自覚を持てますし、父親としての自覚を持つと育児を楽しめるようにもなります。

もし、育児に参加しないままだと、いつまで経っても父親としての自覚が持てず、赤ちゃんに愛着を感じられなかったり、育児に苦痛を感じたりすることになりかねませんし、ママとの関係も悪化してしまうでしょう。

男性の育児参加のメリット2:ママの負担を減らすことができる

出産に伴う心身のダメージはパパが想像している以上に大きいもので、出産から2,3ヶ月間のママの心と体はとても弱っています。

パパが育児に参加しないと、ママは弱った状態でで赤ちゃんのお世話を全てこなさなければならなくなり、さらに疲れ切ってしまいます。

一方で、パパが積極的に育児に参加すれば、その分、ママの育児に書ける負担を減らすことができます。

仕事や付き合いなど気になることは多いはずですが、まずは家庭を第一に考え、できる限り育児に参加する姿勢が大切です。

男性の育児参加のメリット3:円満な家庭が維持できる

パパが育児参加に消極的な家庭では、産後クライシス(赤ちゃんが生まれた後に夫婦関係が悪化する現象)に陥りやすい傾向があり、最悪の場合は、赤ちゃんが生まれて間もない時期に離婚するケースもあります。

産後クライシスの原因はいろいろありますが、パパが育児参加に消極的なこともよくある原因の一つです。

パパが積極的に育児参加することで、産後クライシスを防止し、円満な家庭を維持することができます。

男性の育児参加のメリット4:子供の成長発達に良い影響を与える

子どもは、家庭においてパパママと一緒に過ごす中で色々なことを学びます。

そして、家庭内でパパママから学んだことは、家庭外での言動や態度、対人関係の持ち方などに現れることになります。

子どもにとって、パパママは最も身近な存在で、模範となる存在でもあり、パパママの両方がたくさん子どもに関わってあげるほど、子どもがたくさんのことを学び、それを家庭外でも活かすことができるようになるものです。

男性の育児参加のメリット5:仕事のモチベーションや効率が上がる

働きながら育児をこなす場合、育児と仕事のバランスや効率を考える必要に迫られます。

職場においては、限られた時間を有効活用するために仕事の手順や内容を見直すことになり、結果的に仕事の効率が上がります。

まとめ

イクメンという言葉が登場してしばらく経ち、男性の育児参加に関する制度が整備されるようになりましたが、未だに男性の育児参加が当たり前な社会にはなっていません。

しかし、育児参加を希望する男性はたくさんおり、実際に育児参加する男性も増加傾向にあります。

今後も、イクメンという言葉を旗印に、男性の育児参加に資する画期的な制度や仕組みが登場することを期待したいものです。