知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

IQ・知能指数とは?子供のIQを伸ばす遊びとIQテストの種類は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

IQは、「頭の良さ」を表す言葉としてよく知られています。

「IQはこうやって高める」、「IQを伸ばす幼児教育」といったうたい文句は、ネット上でもよく見かけますし、日常会話の中でもよく耳にします。

また、某探偵漫画の主人公は、IQの高さと祖父の知名度がキャッチフレーズのようになっていましたし、映画、小説、漫画などでもIQの高いキャラクターが活躍する作品はたくさんあります。

しかし、「IQの高さ=頭が良い」というのは、IQの一つの側面のみをとらえた見方であり、必ずしも正しいとは言えません。

この記事では、IQ(知能指数)の概要、IQと頭の良さの関係、IQが伸びる時期、IQを伸ばす遊び方や知育法(育脳)について紹介します。

IQとは

IQとは、知能検査(知能を測定するための検査)の結果を表す指標の一つです。

IQの種類

IQには、大きく分けて2種類あります。

  1. DIQ(偏差知能指数):「同年齢集団内での位置」を基準とした標準得点としての知能指数(全集団の中でどの位置にいるか)
  2. IQ(知能指数):「実年齢(生活年齢)と精神年齢(知能年齢)の差」を基準としたIQ(ある基準に照らし合わせて、能力がどの位置にあるか)

※標準得点:テストの素点を、集団基準(標準偏差、平均値など)によって変換し、全集団内における位置づけが把握できるようにした得点

以前は、「実年齢(生活年齢)と精神年齢(知能年齢)の比」を基準とする知能検査が主流だったため、IQが使われていました。

しかし、現在は、「同年齢集団内での位置」を基準とする知能検査が主流になり、IQよりもDIQが使われる機会が多くなっています。

この記事では、IQとDIQの違いを取り上げていないため、読みやすさを考慮して、基本的にはIQとDIQをまとめて「IQ」と表記しています。

IQの見方

IQの平均値は、IQ=100です。

IQ=70~130の間に約95%、IQ=85~115の間に約68%の人が入るようになっています。

IQの測定方法(IQテスト)

IQは、知能検査の結果から測定されます。

知能検査は、学校における学習・生活指導、採用試験における適性判断、障害者認定など、さまざまな目的で活用されています。

検査内容や実施方法の異なるものがたくさん開発されていますが、ここでは主なものを紹介します。

検査内容による分類
  • A式検査:言語性検査。言語能力が影響する
  • B式検査:非言語性検査。言語能力があまり影響しない
  • C式検査:A式とB式の中間
実施方法による分類
  • 集団式:集団で実施できる、質問形式の書き込み型検査
  • 個別式:検査者と被験者が一対一の対話形式で行う検査
日本でよく使われる知能検査
  • 新田中B式知能検査:B式・集団式検査
  • WISC:A式・個別式検査。正式名称はWechsler Intelligence Scale for Children

IQが高いと頭が良い?

IQ(知能指数)は、その数値が高ければ高いほど「知能が高い」(DIQ:同年齢集団の中で知能が高い位置にいる、IQ:実年齢に比べて知能年齢が高い)ことを表します。

一方で、「頭が良い」の意味は、一つではありません。

「頭が良い」を、勉強ができる、要領が良い、知識が豊富という意味で用いるのであれば、「IQが高い=頭が良い」と言えることが多いでしょう。

一方で、「頭が良い」を、社会性や社会適応の良さという意味で用いる場合は、「IQが高い=頭が良い」とは必ずしも言えません。

例えば、アスペルガー障害という発達障害の人は、発達障害のない人とIQが同程度もしくは高いことがありますが、社会適応には課題があります。

また、知的障害(精神発達遅滞)がある人でも、程度にはよりますが、小さい頃から能力に応じた教育を受けることで、うまく社会適応できるようになります。

関連記事

akachancare.com

IQが伸びる時期

「IQって生まれつき決まっているものではないの?」、「IQが伸びやすい時期ってあるの?」という疑問を持っているパパママは多いものです。

そもそもIQは伸びる?

結論から言うと、IQは伸びます。

もちろん、遺伝によるところも大きいものですが、パパママの関わり方や養育環境などによってIQが伸びることは、いくつもの研究結果で明らかにされています。

一方で、パパママの不適切な関わりや不遇な養育環境で育った場合は、IQが低いままに抑えられてしまうこともあります。

例えば、虐待家庭や両親が別居した家庭で育ち、家族やその他の人から適切に養育されなかった子供は、IQが低くなる傾向があります。

ただし、こうした環境によるIQの低さは、その後の適切な関わりによって改善することがあります。

IQが伸びる時期

IQ(知能指数)が伸びるのに最も大切な時期は、「生まれてから3歳まで」です。

IQ(知能指数)は脳の発達が深く関係しているので、脳が発達する仕組みについて簡単に紹介します。

脳は、大まかにいうと次のように発達します。

  1. 赤ちゃん・子供が新しい経験をする
  2. 脳に刺激(情報)が送られる
  3. ニューロン(神経細胞)の端にシナプスができて、ニューロン同士が繋がり(神経回路)、ニューロン間で情報が伝達されるようになる
  4. ある情報が神経回路を通って各分野に届き、各分野が連動して機能するようになる

ニューロンは、生まれた時から大人と同じ数が脳内にありますが、ほとんど繋がっていません。

そのため、脳に刺激を送ってシナプスをたくさん作り、ニューロン同士をつなげて、脳の各分野が連動して働けるようにする必要があるのです。

この過程自体は、人が自然に行っているものですが、シナプスが最も増えるのは生まれてから3歳頃までで、その後は増加が緩やかになっていきます。

そのため、脳の発達(IQを伸ばす)には、生まれてから3歳までがとても大切なのです。

関連記事

www.chiikunote.com

IQを伸ばす遊び方や知育法(育脳)

IQを伸ばす(脳の発達を促す)には、パパママの関わり方(遊び方)がとても大切です。

ここでは、生まれてから3歳までの赤ちゃんや子供のIQを伸ばすために、特に大切な遊び方や知育法を紹介します。

子供のIQの伸ばし方:欲しがった時に欲しがるだけ授乳する

欲しがった時に母乳やミルクをもらえた赤ちゃんの方が、決まった時間にもらった赤ちゃんよりも、IQが高くなるという研究結果があります。

また、別の研究では、欲しがるまで授乳してもらえた赤ちゃんの方が、途中で断乳された赤ちゃんよりもIQが高くなるという結果が出ています。

授乳の方法でIQが高くなる理由については、基本的信頼感が十分育まれた結果であるとか、スキンシップが多かったためといった説があります。

子供のIQの伸ばし方:遊ぶ時間を増やす

赤ちゃんや子供が一人で得られる経験はごくごく限られています。

パパママがたくさん声をかけて一緒に遊び、褒めたり叱ったりすることで、脳が刺激されてコミュニケーション能力や社会性が育まれますし、パパママの言動を見聞きして言葉や場に即した振る舞い方を学習していきます。

子供のIQの伸ばし方:「教える」よりも「話しかける」

パパママは、赤ちゃんや子供に色々なことを学んでほしくて、ついつい「教える」関わりが多くなりがちです。

しかし、パパママの「教える」は、赤ちゃんや子供にとっては、「教えられる」という受け身の経験です。

教えられてばかりだと、子供は自発性や積極性を失って「指示待ち」になってしまいますし、パパママのあまりの真剣さに身構えてしまうこともあります。

そのため、何かを教えたい時でも、指差して「あれは車」、「これはネコ」と教えるのではなく、対象に関心を向けさせて「あ、車だねえ」、「猫ちゃんがいるよ」と話しかけることを意識することが大切です。

話しかけることで、赤ちゃんや子供は、身構えることなく自然に学習していくことができます。

子供のIQの伸ばし方:自発的に、楽しく遊べるようにする

赤ちゃんや子供が「楽しんだこと」や「自発的に取り組んだこと」は、良質の刺激として脳に伝わり、脳の発達に直結します。

一方で、「楽しくないこと」や「やらされたこと」は、かけた時間や手間のわりに身につかないものです。

遊ぶ時は、赤ちゃんや子供が自主的に取り組み、楽しめるように工夫してあげましょう。

まとめ

IQ(知能指数)の概要や、IQテストの種類、IQを伸ばす遊び方や知育について紹介しました。

IQは、知能の高さを表す指標ではありますが、IQが高いからと言って社会性や対人関係能力が高いわけではなく、むしろ、社会適応が難しくなることも少なくありません。

親としては、他の子供との差がはっきり分かるIQを基準に子供の能力を測りがちですが、共感性や優しさ、積極性や自発性など、子供が持つ目に見えない能力にも注目してあげることが大切です。