読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

赤ちゃんが色を認識する時期は?赤、青、黄色などを教える方法は?

知育 知育-色

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの目は、視覚器官としては生まれる頃にほぼ完成していますが、視力、視界、色の認識といった機能は未熟で、月齢を経るにつれて少しずつ発達していきます。

赤ちゃんが色を認識、区別できるようになったら、今度は、見えている色とその色の名前を関連付けていくことになりますが、赤ちゃんが自力で行うことは難しいので、パパママがお手伝いしてあげる必要があります。

この記事では、赤ちゃんが色を認識する時期と、色の教え方について紹介します。

赤ちゃんが色を認識する時期

赤ちゃんは、生まれたての頃からすべての色を認識できるわけではなく、最初は白と黒などがぼんやりと見える程度で、目の発達とともに見える色の種類が増え、見え方もはっきりしていきます。

新生児期~生後1ヶ月

新生児は、目がほとんど見えておらず視野も狭く、焦点が合うのも特定の狭い範囲だけです。

認識できる色は、黒、白、グレーだけ、それも他よりも薄いとか濃いということがぼんやり認識できる程度です。

赤ちゃんは、目や髪の生え際などに注目しやすいものですが、これは、白と黒のコントラストがくっきりしていて見やすいからと考えられています。

生後2ヶ月~生後3ヶ月

生後2ヶ月~3ヶ月頃の赤ちゃんは、左右の目の焦点を合わせて人や物の輪郭がぼんやりととらえられるようになり、動いている物を目で追う追視の能力も機能し始めます。

色覚も発達し、最初に赤が認識できるようになり、それから黄、緑などを認識できるようになっていきます。

色の区別では、黄と緑、黄と赤を区別できる赤ちゃんが出てきます。

生後4ヶ月~生後6ヶ月

 生後4ヶ月頃の赤ちゃんは、物の奥行きが分かってくるようになり、オレンジ、紫、青など認識できる色の種類が増えていきます。

生後6ヶ月頃には視力が0.1くらいに向上し、お座りも覚えて視野も広くなるため、近くの人や物ならはっきり見ることができ、色もしっかり認識、区別できるようになります。

赤ちゃんは、暖色のパステルカラーやペールカラーを好む傾向がありますが、見えやすいのは原色系のはっきりした色で、パステルカラーなど淡くて薄い色は認識しにくいことが分かっています。

関連記事

akachancare.com

赤ちゃんに色を教える時のポイント

生後6ヶ月頃になり、赤ちゃんが色を認識、区別できるようになってきたら、見えている色とその色の名前を教えてみましょう。

まずは、赤ちゃんが認識、区別しやすい三原色から始めるのが一般的です。

教え方は、次のとおりです。

  • ボールや風船の絵をかき、青、黄、赤に塗り分けて、それぞれの色を教える
  • 赤ちゃんに青、黄、赤のシールを渡し、同じ色の絵に貼るよう促す

ただし、いきなり絵を描いたりシールを渡したりしても、赤ちゃんは色を覚えてくれません。

赤ちゃんがたくさんの色を覚えるためには、まずたくさんの色を見て脳にインプットし、それから見えている色とその名前を関連付けるという作業を行います。

そのため、まずは、赤ちゃんが低月齢の頃からたくさんの色を見せてあげることが大切です。

例えば、おもちゃや衣服などを選ぶ際に、黒や白など単色で統一せず、意識して色々な色の商品を購入することが考えられます。

お金をかける必要はなく、普段から赤ちゃん関連の物を買う時に、カラフルな物を選ぶ意識を持っておけば十分です。

部屋の中も、カーテン、ふすま、壁の色を変えてみたり、赤ちゃん用のマットをカラフルなものにしてみたりと工夫ができるでしょう。

また、「あ、黄色い電車だね~」、「あのリンゴ、とっても赤いねえ」というように、物に興味を向けさせる時に、一緒に物の色も口に出して教えてあげると、物の名前と色を一緒に覚えられて一石二鳥です。

こうした土台固めを済ませた上で、色を教えることに取り組みましょう。

まとめ

色は、日常生活においてとても大切なものなので、早いうちから教えてあげましょう。

もちろん、赤ちゃんは一度教えただけでは覚えられませんが、繰り返すうちにしっかり頭にインプットし、色々なことに応用していくようになります。