読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

赤ちゃん・子どものお着替えはいつから(何歳から)?その1(乳児期)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お子さんは、いつから自分でお着替えができるようになりましたか?

衣服を着たり脱いだりするのを嫌がるようになったのはいつですか?

自分で服を脱ごうとするようになったのは何歳頃ですか?

着替えは、生まれたての赤ちゃんの頃から亡くなるまで、日々の生活の中で毎日行うことの一つです。

誰もが当たり前のように行っていることですが、子ども自身の成長・発達、パパママや周りの大人の関わり方、家族構成や近隣の環境、保育園や幼稚園に通い始めた時期などにも大きな影響を受けます。

また、着替えの発達具合を見ることで、子どもの成長・発達をうかがい知ることもできます。

この記事では、赤ちゃん・子どもの着替えの発達のうち、乳児期の赤ちゃんの着替えについて紹介します。

なお、この記事では、着替えの標準的な発達過程や時期を紹介しています。

子どもの成長・発達は遺伝や環境など様々な影響を受け、個人差がとても大きいものなので、あくまで目安だと考えてください。

赤ちゃん・子どもにとっての着替え

毎日のように着替えをする動物は、人以外には見当たりません。

では、なぜ人は着替えをするのかと言えば、まずは、体温を調節したり、外界の刺激から身体を守ったりするためです。

人は、動物のように毛皮や分厚い皮膚がなく、外界の気温や刺激の影響を受けやすいため、着替えによって体温を調節し、刺激から身を守っているのです。

また、衣服によって他人とは違う自分を表現するという側面もありますし、礼服やスーツのように社会から場に即した衣類の着用を要請されている場合もあります。

赤ちゃんや子どもにとっての着替えは、体温調節や身体の保護が主な意義となります。

しかし、年齢を経るにつれて、機能的な側面だけでなく、自己表現のためや社会からの要請による着替えの頻度が増えていきます。

赤ちゃん・子どもの着替えと発達

衣服を着たり脱いだりするには、首や手足などを動かして衣服の中を通す必要があります。

単純な動きに思えるかもしれませんが、自分の手足や身体の大きさや動き方を認識し、衣服の中を通り抜けやすい身体の向きや角度を把握した上で、身体を連動させて動かさなくてはなりません。

また、視覚的に身体と衣服の距離を把握しておかないと、衣服の中にうまく身体を通すことができません。

このように、着替えるためには、自分の身体の特徴を把握し、視空間知覚(空間把握)や身体の各部位の連動した動きを身につけておく必要があり、それゆえに、子どもの着替え方を見ることで、そうした発達の程度を確認することができるのです。

加えて、季節、習慣、場所などに応じて着替えることで、社会性が身についていきます。

赤ちゃん・子どもの着替えの発達

乳児期の赤ちゃんや幼児期の子どもの着替えの発達過程について見ていきます。

ただし、実際に子育てをしていると分かるとおり、子どもが毎回同じ着替え方をすることはまずありませんし、大人でも、服の着方や脱ぎ方を決めている人はほとんどいません。

そのため、お子さんがこの記事の内容どおりの着替え方をしていなくても、心配する必要はありません。

冒頭にも書きましたが、あくまで目安だと思ってください。

乳児期の赤ちゃんの着替え1:生後0ヶ月、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月(首がすわるまでの時期)

赤ちゃんは、気温の変化や肌触りに敏感なので、着替えを嫌がって泣くことが多いものです。

着替えさせる際は、布団の上に衣服を置き、その上に赤ちゃんをあおむけに寝かせて着せていきます。

この時期の赤ちゃんは、腕や足をグッと曲げているのが標準的な姿勢なので、赤ちゃんが嫌がらないように手足を優しく伸ばしながら着せます。

乳児期の赤ちゃんの着替え2:生後4ヶ月、5ヶ月、6ヶ月(お座りまでの時期)

4ヶ月頃には首がすわり、手足も伸ばしていられるようになるため、袖に手を通すのはやりやすくなります。

ただし、お座りするだけの筋力などはまだなく、着替えさせる時は布団の上に衣服を置いて、その上に赤ちゃんをあおむけに寝かせます。

衣服を脱がせてもらうと喜び、着せようとすると嫌がる赤ちゃんが増えていきます。

乳児期の赤ちゃんの着替え3:生後7ヶ月、8ヶ月、9ヶ月(お座りが安定する時期)

生後7ヶ月頃には腰がすわり、自力でお座りの姿勢を維持していられるようになるので、お座りした状態で着替えさせることが可能になります。

衣服を脱がしてもらうと喜び、自分で服の紐をほどこうとしたり、足で空を蹴って靴下を脱ごうとしたりすることもあります。

ズリバイやハイハイを覚えてとにかく動き回りたがる時期なので、着替えのために動きを制限されるのを嫌がる赤ちゃんが増えます。

特に、衣服を着せられるのが嫌いな赤ちゃんが多いものです。

おむつを履かせようとすると足で蹴って拒否し、服を着せようとすると手で払いのけて、裸のままハイハイで逃げようとすることも珍しくありません。

身体の発達上は、自分で服の袖に腕を通すことができるようになっていますが、なかなか素直に着てくれません。

乳児期の赤ちゃんの着替え4:生後10ヶ月、11ヶ月、12ヶ月(つかまり立ちを始める時期)

着替えさせる時の姿勢はお座りが基本になります。

この時期の赤ちゃんは、それまでの着替えの経験から着替え方を学習し、着替えに必要な動きを予測して動くことがあります。

例えば、服を脱がせようとすると両手をバンザイしたり、おむつを替えようとするとお尻をクイッと持ち上げたりします。

一方で、衣類を脱がせると喜び、着せようとすると嫌がる傾向は変わりありません。

服を着せる時の抵抗は強くなり、袖に通した腕を抜いたり、足を曲げてズボンを履くのを拒否したりします。

まとめ

赤ちゃん・子どもにとっての着替えの意味・機能と乳児期の赤ちゃんの着替えについて紹介しました。

乳児期のうちは、自分で着替えることはまだ難しく、パパママに着替えさせてもらわなければなりません。

しかし、生後4ヶ月(首すわりが完成する頃)からは着替えに興味を持つようになり、特に服を脱ぐことは喜ぶようになります。

また、生後10ヶ月以降は、着替えの動きを覚え、パパママが着替えさせようとすると自発的にバンザイしたり、お尻を持ち上げたりするようになる一方で、着替えを拒否することもあります。

こうした乳児期における着替えを踏まえ、次の記事では幼児期における子どもの着替えについて見ていきます。