知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

三つ子の魂百までの意味とは?例文とよくある勘違いは?英語では?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「三つ子の魂百まで」という諺(ことわざ)を知っていますか?

三つ子の魂百までは、人の性格についての諺(ことわざ)ですが、意味を勘違いして使っている人はかなり多く、むしろ勘違いした意味で使っている人の方が多いくらいです。

では、三つ子の魂とはどのような意味があり、どのような文脈で使うのでしょうか。

また、どのように勘違いされているのでしょうか。

この記事では、三つ子の魂百までの意味と例文、よくある勘違い、根拠の有無について紹介します。

三つ子の魂百までの意味とは

三つ子の魂百までとは、幼い頃の性格は、年齢を重ねても変わらないという諺(ことわざ)です。

「三つ子」とは、生後3歳の子どもという意味ですが、三つ子の魂百までの「三つ子」は、「幼い子ども」全般を指すものとなっています。

「魂」は、「性格」という意味で、心、知恵、根性など解釈されることもあります。

「百まで」は「百歳まで」という意味です。

三つ子の魂百までの例文

三つ子の魂百までの例文をいくつか紹介します。

  • 「三つ子の魂百までと言うけれど、気の強さは昔からだねえ。」
  • 「小さい頃からヤンチャだったけど、今も変わらないねえ。三つ子の魂百までだねえ。」

いずれも、小さい頃の性格が、大きくなっても残っているという文脈で使用されていることが分かります。

「三つ子の魂百まで」を英語にすると

三つ子の魂百と似た意味を持つ諺(ことわざ)は、英語にもあります。

  • The child is father of the man.:子どもは大人の源
  • Best to bend while it is a twig.:小枝のうちに曲げるのが一番良い
  • The leopard can not change his spots.:ヒョウは身体の斑点を変えることはできない

いずれの言葉も、英語圏の人なら大抵知っていますが、日常生活の中で使うことはあまりないようです。

「三つ子の魂百まで」のよくある勘違い

三つ子の魂百までは、意味を勘違いされやすい諺(ことわざ)の一つです。

三つ子の魂百までの勘違い1:三つ子を「三人きょうだい」と勘違いしている

三つ子の魂百までの「三つ子」は、「生後3歳の子ども」、「幼い子ども」という意味ですが、「同時に生まれた三人きょうだい」と勘違いされることがあります。

三つ子の魂百までの勘違い2:魂を「覚えたこと」や「習ったこと」と勘違いしている

三つ子の魂百までの「魂」は、「性格」という意味です。

しかし、小さい頃に覚えたことや倣ったことだと勘違いされることがあります。

「三つ子の魂百までと言うから、小さいうちからスポーツを習わせようと思う。」というのは、勘違いしたまま使用している典型的な例です。

三つ子の魂百と三歳児神話

三つ子の魂百までは、三歳児神話と混同されることがあります。

三歳児神話とは、生後3歳までは子どもの成長にとって大切な時期で、この時期にママが子育てに専念しないと、その後の成長発達に深刻な影響を及ぼすという考え方です。

少し前までは子育ての常識とされており、三つ子の魂百までを三歳児神話と同じ意味で使う人も少なくありませんでした。

なお、三歳児神話は、女性の社会進出や仕事・育児の両立を阻む考え方だという批判が強くなったことに加え、1998年度に厚生労働省が発表した「厚生白書」に「いわゆる「三歳児神話」には「少なくとも合理的な根拠は認められない」」と記載されたこともあり、主張する人が一気にいなくなりました。

三歳児神話については、関連記事で詳しく紹介しています。

関連記事

www.chiikunote.com

三つ子の魂百までに根拠はあるか

生後3歳頃の子どもは、言葉数やできることがグッと増え、言葉で気持ちや主張を表現したり、親のいうことを聞かずに自分の意思で行動したり、興味のあることに熱中したりするなど、一人ひとりの個性が花開く時期です。

そして、この時期に見られた個性は、大きくなっても残っていることがあります。

こうしたことから、諺(ことわざ)に「三つ子(3歳の子ども)」が使われたと推測することはできます。

しかし、生後3歳頃を含め、幼い子どもの頃の性格が、大人になっても残っているという根拠は示されていません。

むしろ、子どもの性格は、遺伝、親の関わり、生活環境、対人接触の頻度、成功や挫折体験など無数の要素によって形成されるものだと考えられています。

まとめ

三つ子の魂百までについて紹介しました。

勘違いして使っている人がとても多いので、正しい意味を覚えておくと良いでしょう。

なお、「三つ子」の頃の性格がずっと残っているという根拠は示されておらず、現在では、性格は無数の内的・外的要因によって形成されるという考え方が主流です。

つまり、幼い子どもの頃にかんしゃくを持っていたり、不安定で落ち着きがなかったりしたとしても、その後成長する中で課題を改善していくことができるということです。

子どもの性格が気になったとしても、「三つ子の魂百まで」と諦めず、根気強く関わってあげることが大切です。