読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

赤ちゃん用リモコン・携帯電話の遊び方と効果は?【0歳のおもちゃ】

知育玩具 知育玩具-0歳 知育玩具-0歳-リモコン・携帯電話

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんは、リモコンや携帯電話が大好きです。

ちょっと目を離したすきに、赤ちゃんがリモコンのボタンをポチポチ押したり、携帯電話(携帯電話)を操作したりするのを見かけたことがあるパパママは多いでしょう。

1、2度ならかわいいで済みますが、テレビを見ている時に急にチャンネルを変えられるとビックリしますし、意図せず誰かに電話をかけたり、アプリを削除されたりしたら困ります。

赤ちゃんの手の届かないところに置いておくのが一番ですが、つい忘れてしまい、一旦遊び始めたのを取り上げて大泣きされてしまうこともあるでしょう。

こうしたリモコンや携帯電話の代わりになるのが、赤ちゃん用のリモコンや携帯電話です。

この記事では、赤ちゃん用のリモコンや携帯電話の概要と遊び方、効果について紹介します。

赤ちゃん用のリモコン・携帯電話(スマホ)とは

赤ちゃん用のリモコン・携帯電話とは、本物のリモコンや携帯電話に似せて作ったおもちゃです。

本物に似せてボタンがたくさんついており、押すと音楽が流れたり、「もしもし~〇〇だよ~」と声をかけてきたりします。

おはよう、ありがとうといった基本的なあいさつや、簡単な英会話が録音された商品もあります。

多くの商品は、赤ちゃんが掴みやすい大きさと軽さで、角は丸くてケガをしにくい設計になっています。

赤ちゃん用のリモコン・携帯電話(スマホ)の対象年齢

赤ちゃん用リモコンも携帯電話も、対象年齢は生後6ヶ月からの商品が多くなっています。

赤ちゃんは、まずテレビなどのリモコンに興味を示し、その後、携帯電話やスマホに興味を示すことが多い傾向にあります。

そのため、おもちゃを購入する順序も、まずは赤ちゃん用のリモコンをまず購入し、その後、赤ちゃんが携帯電話に興味を持ったら赤ちゃん用の携帯電話を購入することが多いようです。

赤ちゃん用のリモコン・携帯電話(スマホ)の安全基準

いずれも、国内の会社が販売している商品についてはSTマークが付いています。

海外製の商品を輸入する場合は、各国の安全基準を確認する必要があります。

関連記事

akachancare.com

赤ちゃん用のリモコン・携帯電話(スマホ)の遊び方と効果

赤ちゃん用のリモコン・携帯電話(スマホ)は、本物の代用品として買ってあげるもので、一番の効果は本物で遊ばなくなってくれることです。

また、本物を取り上げても、おもちゃを渡せばぐずらずにいてくれることも、このおもちゃの効果と言えるでしょう。

特に、携帯電話(スマホ)については、赤ちゃん・子供のスマホ依存の問題があるため、本物にこだわらないということは、赤ちゃんの成長を考える上でも大きな効果です。

赤ちゃん用のリモコン・携帯電話は一般乳児用玩具ですが、細かいボタンを押して遊ぶことで手先の器用さが向上したり、おもちゃから流れる音楽や言葉を聞くことで、音の聞き分けや語彙の増加に影響を与えることはあるでしょう。

関連記事

www.chiikunote.com

まとめ

赤ちゃん用リモコン・携帯電話について紹介しました。

いずれも、赤ちゃんがリモコンや携帯電話に興味を持った時の代用品として活躍するおもちゃです。

ただし、おもちゃを買い与えたからと言って、本物に興味を持たなくなるわけではなく、赤ちゃんの手の届く範囲に置いておくと、いつの間にか遊んでいることもあるでしょう。

特に、スマホは、赤ちゃんにとって刺激的かつ魅力的で、おもちゃを渡しても慣れてくると本物で遊びたがることもあります。

そのため、おもちゃを買い与えるだけでなく、赤ちゃんの目の前ではできるだけ使用せず、赤ちゃんの手の届かないところに保管しておくことが大切になります。