知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

モラトリアムの意味とは?期間は青年期?モラトリアム人間とは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「モラトリアム」という言葉を聞いたことがありますか。

一時期、「モラトリアム症候群」や「モラトリアム人間」という言葉が流行していたので、そうした言葉を覚えている人もいるかもしれません。

実は、モラトリアムにはいくつもの意味があるのですが、この記事で紹介するのは発達心理学におけるモラトリアムで、人の発達段階における一時期を表す言葉です。

では、発達心理学におけるモラトリアムとはどのような意味で、どのような時期のことを指すのでしょうか。

また、人の発達段階においてモラトリアムが果たす役割とは何でしょうか。

この記事では、発達心理学におけるモラトリアムの意味、期間、モラトリアムから抜け出せない場合(モラトリアム人間)について紹介します。

発達心理学におけるモラトリアムの意味とは

モラトリアムとは、人が一人前の大人として社会に出る前の、社会的な責任や義務を果たすことを猶予されている期間を表す概念です。

英語では「moratorium」と表記し、日本では「モラトリアム」とか「猶予期間」と訳されます。

モラトリアムは、心理社会的発達理論で有名な心理学者のエリク・H・エリクソン(Erik Homburger Erikson)が、青年期(12歳~22歳)における人の特質を表すのに「心理社会的モラトリアム」という言葉を使ったことから、発達心理学用語として定着したと考えられています。

元々は「債務の支払いの猶予期間」、「法律の公布から施行までの猶予期間」という意味で用いられていた単語ですが、現在は、発達心理学におけるモラトリアムの認知度が高まっています。

エリクソンの心理社会的発達理論とは、発達心理学者E・H・エリクソン(エリク・ホーンブルガー・エリクソン)が提唱した、人が生まれてから死ぬまでに心理社会的にどのように発達するかに関する理論です。

この理論では、人は、生まれた時から予定された発達段階に沿って成長するものだと考えられており、各発達段階には乗り越えるべき課題(発達課題)と危機(心理社会的危機)が設定されています。

そして、発達課題がどのように解決されるか、もしくは解決されないかによって、その後の人格形成に影響を及ぼすとされています。

心理社会的発達理論では、発達段階が8段階に分けられており、各段階の発達課題が「vs」という対の形で表記されています。

  1. 乳児期(0歳~1歳6ヶ月頃):基本的信頼感vs不信感
  2. 幼児前期(1歳6ヶ月頃~4歳):自律性vs恥・羞恥心
  3. 幼児後期(4歳~6歳):積極性(自発性)vs罪悪感
  4. 児童期・学齢期(6歳~12歳):勤勉性vs劣等感
  5. 青年期(12歳~22歳):同一性(アイデンティティ)vs同一性の拡散
  6. 成人期(就職して結婚するまでの時期):親密性vs孤立
  7. 壮年期(子供を産み育てる時期):世代性vs停滞性
  8. 老年期(子育てを終え、退職する時期~):自己統合(統合性)vs絶望

引用:知育ノート

モラトリアムの期間

モラトリアムは、簡単に言うと「実際に社会に出て行く前に、大人になることについてじっくり考える準備期間」です。

「自分がどのような大人になるのか冷静に考えられるくらい精神が成熟し、肉体も大人と同じくらい成長しているけれど、社会的責任や義務が猶予されている期間」とも言えます。

年齢で表すと、18~22歳時期で表すとすれば、大学生や大学院生の頃が該当します。

日本におけるモラトリアム

エリクソンは、モラトリアムを「人が一人前の大人として社会に出て行くために必要な準備期間」だと位置づけていました。

しかし、日本におけるモラトリアムは、「社会的に許された猶予期間を過ぎているのに、いつまで経っても猶予を求め続けて大人になろうとしない(社会的責任や義務を果たそうとしない)状態」を指すことが多くなっています。

これは、精神分析医の小此木啓吾の著書「モラトリアム人間の時代」など、モラトリアムの否定的側面を強調した書籍や主張の影響だと考えられています。

モラトリアム人間

モラトリアムの否定的側面を捉えた表現として、モラトリアム人間という単語が生み出されています。

モラトリアム人間とは、一人前の大人として社会に出て、社会的責任や義務を果たすべき年齢に達しているにもかかわらず、精神的に未熟で社会に入り込めずにいる人間(その状態)のことです。

つまり、周囲からは大人の一員になるべきだと見られているのに、モラトリアムから抜け出そうとしない人が、モラトリアム人間です。

モラトリアム人間の特徴は、以下のとおりです。

  1. ありのままの自分を認められない
  2. 当事者意識が薄い
  3. 選択できない
  4. 無気力

モラトリアム人間の特徴1:ありのままの自分を認められない

モラトリアム人間は、「まだ本気出してないだけ。」とか「本当の自分はもっとできる人間だ。」と思い込み、そこから抜け出しにくい傾向があります。

モラトリアム人間の特徴2:当事者意識が薄い

自分や所属する集団の課題や問題に対して当事者意識を持てず、他人事のような対応をすることが多いものです。

結果、周囲と親密な関係が築けず孤立しがちです。

モラトリアム人間の特徴3:選択できない

「ありのままの自分を認められない=自分を客観的に見られない」ので、人生における重要な選択を迫られてもあちこち目移りし、何も選択できません。

当然、仕事を続けるのが難しく、短期間で職場を転々としたり、ニートになったりします。

モラトリアム人間の特徴4:無気力

モラトリアム人間は、ありのままの自分が認められず、進むべき道も定まらず、当事者意識が持てないため周囲からも疎んじられがちです。

そのため、内にも外にもやる気を引き出す刺激がなく、無気力状態に陥りがちです。

こうした一連の症状をモラトリアム症候群と表現することもあります。

モラトリアム人間を抜け出すには

モラトリアム人間は、日本に限らず増え続けていると考えられています。

原因としては、本人の性格や資質といった内的要因だけでなく、以下のような外的要因も大きいものです。

  • 家庭環境:ひとり親家庭、親がいない、過保護・過干渉、DV家庭、家族にモラトリアム人間がいるなど
  • 周辺環境:情報過多、指導者の不在、モデルとなる人物の不在、友人・知人との関わりの乏しさなど

性格や資質を変えるのは容易ではありません。

そのため、モラトリアム人間を抜け出すには、取り巻く環境を改善することが重要です。

そのためには、まず「ありのままの」自分を受け入れ、自分のできることややりたいことを実際に取り組んでみることです。

行動することで、できることややりたいことが具体化され、進路もおのずと見えてくるものです。

当然、モラトリアム人間になった状態から一人で抜け出すのは困難なので、周囲の支えは不可欠です。

まとめ

モラトリアムは、本来、一人前の大人として社会に出て活躍するために必要な期間です。

しかし、モラトリアム期間というのは、一定の成長を遂げながら周囲から社会に出ることを猶予されている「ぬるま湯」の状態なので、いつまでも浸かり続けてモラトリアム人間になってしまうリスクをはらんでいます。

一旦、モラトリアム人間になると抜け出すのは容易ではなく、社会に出るのが遅くなりがちなので、子どもの様子を慎重に観察し、子どもが自分の意思で生きる道を選択して社会に出て行けるようサポートしてあげることが大切です。

「年齢的にはもう一人前だから。」と遠慮せず、積極的に関わってあげましょう。