知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

魔の2歳児の子どもが泣き止まない!泣き叫ぶ!泣く原因と対策は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

幼児期に入った子どもが、何かのきっかけで泣きはじめ、泣き叫んだり、なかなか泣き止まなかったりしたという経験はありませんか?

よくあるのは、以下のようなケースです。

  • お菓子を買ってもらえるまで陳列棚の前で泣き続ける
  • お片づけをしないので叱ったら、泣き叫んでおもちゃを投げ散らかす
  • パパに叱られた後、ママのところへ行って文句を言いながら泣き続ける

乳児期の赤ちゃんの頃もよく泣きますが、パパママがあやしたりお世話したりするとピタッと泣き止んでくれることが多いものです。

しかし、幼児期の子どもは、一旦泣き始めるとパパママでも手が付けられなくなることが少なくありません。

特に「イヤイヤ期」が始まる生後2歳頃はその傾向が顕著で、「魔の2歳児」などと呼ばれ、子育ての難しい時期として知られています。

では、幼児期の子どもはどうして泣くのでしょうか。

また、泣いている子どもにはどのように関わると良いのでしょうか。

この記事では、生後2歳の子どもが泣き止まない・泣き叫ぶ原因と対策について紹介します。

生後2歳の子どもが泣き止まない原因

生後2歳頃の子どもは、いつでもどこでもよく泣くものです。

買い物中でも、保育所でも、もちろん家の中でも、何かのきっかけで突然泣き始め、なかなか泣き止んでくれません。

中には、どうして泣いているのか分からないこともあり、大きなストレスや負担を感じているパパママも少なくありません。

この時期の子どもが泣く原因は無数にありますが、大まかにまとめると以下のとおりです。

  • 主張や欲求が強くなる(イヤイヤ期)
  • うまくいかない苛立ち
  • 大人を試している
  • 赤ちゃん返り
  • 体調不良や病気

子どもが泣き止まない原因1:主張や欲求が強くなる(イヤイヤ期)

生後2歳頃というのは、「あれがしたい」、「これが欲しい」、「それをやってみたい」といった主張や欲求が強くなる時期で、イヤイヤ期と呼ばれることもあります。

この時期の子どもは、「言葉の爆発期」を迎えて気持ちや感情を言葉で表現できるようになりますし、身体も一通り自分の意思で動かせるようになり、「何でもできるんだ」という根拠のない万能感も抱くようになります。

そのため、自分の内から湧いてくる気持ちや感情を素直に表現しますし、パパママから言うことを何でも「イヤ!」と拒否するのです。 

しかし、まだ感情のコントロールがうまくできないので、思い通りにならないとすぐ怒りだしたり泣いたりしやすく、一度あふれた感情を抑えられずに怒り続けたり泣き続けたりしがちです。

また、泣いているうちに、子ども自身、何が原因で泣いていたのか忘れてしまうこともありますが、どう収集をつけたらよいのか分からず泣き続けます。

関連記事

akachancare.com

子どもが泣き止まない原因2:うまくいかない苛立ち

生後2歳頃の子どもは、乳児期に比べると、たくさん言葉を覚え、表現力が増し、できることも格段に増えています。

しかしそれでも、自分の主張や欲求をイメージ通りに表現して相手に伝えることは難しいものです。

そのため、子どもは、思い通りに表現できないことや、相手が分かってくれないことにイライラし、ストレスを抱え、そうした負の感情を抑えきれずに泣き出すことがあります。

大人でも、相手とうまく意思疎通できないとイライラしますが、子どもも同じようなイライラを感じているのです。

子どもが泣き止まない原因3:大人を試している

生後2歳頃の子どもは、パパママの言うことを聞かずに何でも自分でやりたがる一方で、パパママから構ってほしい、いざという時は助けてほしいという気持ちを強く持っています。

思い通りにならなかったり、意思疎通がうまくいかなかったりして泣き始め、いつまでも泣き止まない場合は、パパママが自分の気持ちに気づき、それに沿った接し方をしてくれるかどうか試している可能性があります。

子どもが泣き止まない原因4:赤ちゃん返り

赤ちゃん返りとは、幼児期の子どもが、乳児期の赤ちゃんのような行動を始めることです。

赤ちゃん返りの例としては、卒乳した子どもがおっぱいを欲しがったり、パンツに移行した子どもがおむつを履こうとしたりするといったことがあります。

また、パパママと離れるのを怖がったり、極端にわがままが増えたりするのも赤ちゃん返りの特徴的な行動です。

冗談でしているのではなく、真剣に赤ちゃんのような行動をしたがり、たしなめると手が付けられないくらい大泣きすることもあります。

赤ちゃん返りが起こりやすいのは、きょうだいが生まれてパパママがそちらにかかりきりになってしまったり、保育園に通い始めたりした場合です。

子どもは、こうした状況に置かれ、パパママから以前のように構ってもらえなくなると、「パパママから愛されていることを確認したい」という気持ちに駆られます。

そして、「赤ちゃんの頃のようにパパママから愛情を注いでもらうには、赤ちゃんのように振る舞えば良いのではないか。」と考え、赤ちゃん返りを始めるのです。

 

関連記事

www.chiikunote.com

子どもが泣き止まない原因5:体調不良や病気

子どもが、1時間も2時間も継続して泣き続ける場合は、体調不良や病気が原因の可能性があります。

子どもが泣き続ける原因は、身体のどこかが痛い、気分が悪い、熱っぽいなどたくさんあるので、子どもの様子を慎重に観察し、いつもと違うところを確認して、早めに小児科を受診させてあげましょう。

生後2歳の子どもが泣き止まない時の対策

子どもが泣き止まない時の対策は、以下のとおりです。

  • 慌てない
  • 抱っこしてあげる
  • 子どもの気持ちを代弁する
  • 注意を逸らす
  • 泣き止むまで待つ
  • 泣き止むことを強要しない

子どもが泣き止まない時の対策1:慌てない

人が多い場所で子どもが泣きだすと、パパママとしては周囲の目が気になり、「早く泣きやませないといけない。」と思って慌ててしまいがちです。

しかし、慌ててしまうと、子どもがどうして泣いているのか、泣き止ませるにはどうすれば良いのかなどを冷静に考えることができなくなってしまいます。

子どもが泣き始めたら、まずは一息ついて、対策を冷静に考えましょう。

周囲の目が気になるかもしれませんが、慌てたまま行動するより、落ち着いてから冷静に対応した方が、子どもが短い時間で泣き止んでくれることが多いものです。

子どもが泣き止まない時の対策2:抱っこしてあげる

幼児期の子どもが泣きだしたら、まず、抱っこしてあげるのが基本です。

スキンシップは子どもの気持ちを落ち着かせる効果がありますし、パパママも子どもに触れることで気持ちが落ち着きます。

抱っこしてもすぐ泣き止むとは限りませんが、子どもと目線が近くなり、その後の働きかけもしやすくなります。

子どもが暴れて降りようとする場合は、地面に下ろし、やさしく抱きしめてあげると良いでしょう。

子どもが泣き止まない時の対策3:子どもの気持ちを代弁する

2歳頃の子どもが泣き出す原因の多くは、思い通りにならない、もしくは、意思疎通がうまくいかないことへのイライラやストレスです。

そのため、子どもが泣き始める前の状況を振り返って泣く原因を推測し、それを子どもの耳元で代弁してあげることで、子どもは「パパママが気持ちを分かってくれた。」と思って落ち着いたり、「もしかしたら欲求を満たしてくれるかもしれない。」と期待したりします。

例えば、お菓子コーナーで泣き叫ぶ子どもには「お菓子が欲しいんだよね。」と優しく声をかけてあげると、「気持ちを分かってくれた。」と思って落ち着きを取り戻します。

お菓子を買ってあげる場合は、お菓子を手に持たせてあげれば泣き止みますし、お菓子を買わない場合には、「お菓子が欲しいんだよね。でも、家にもたくさんあるから、また今度にしようね。」などと続けます。

ぐずるかもしれませんが、子どもの気持ちの代弁とパパママの意見を繰り返し伝えることで、最後には諦めてくれることが多いものです。

子どもが泣き止まない時の対策4:注意を逸らす

2歳頃の子どもの注意関心は、コロコロと変わります。

そのため、子どもの注意を別のところへ逸らしてあげることも、泣き止まない子どもへの対策として効果があります。

注意を逸らす対象は、子どもが泣く原因よりもインパクトが強いものであるほど効果を発揮する傾向があります。

例えば、お菓子が欲しくて泣いている子どもには、「(買うかどうかは別にして、)あっちのおもちゃを見に行こうか。」と声をかけると泣き止むことがあります。

子どもが泣き止まない時の対策5:泣き止むまで待つ

子どもは、何をやっても泣き止まないこともあります。

そんな時はジッと黙り、子どもが泣き止むまで傍に寄り添って待ってあげましょう。

子どもが泣き止まない時の対策6:泣き止むことを強要しない

子どもが泣き出すと、「早く泣きやみなさい!」、「何で泣くの?!」と叱りつけ、泣き止ませようと躍起になるパパママがいますが、逆効果です。

怒鳴りつけて恐怖を与えれば、その場では泣き止むかもしれませんが、なぜ怒られたのかは頭に残っておらず、同じことを繰り返します。

まとめ

生後2歳頃の子どもは、イヤイヤ期に突入して自分の主張や欲求が強くなり、パパママの言うことを聞かなくなります。

「魔の2歳児」と呼ばれるように、パパママにとっては子育てがとても大変な時期で、特に、「子どもが泣き止まないこと」は、多くのパパママを困らせ、時に追い詰めます。

実際、乳児期の赤ちゃんよりも、2歳頃の子どもの子育てが大変だったという子育て経験者はとても多いものです。

しかし、パパママが子どもの気持ちに寄り添って適切に接してあげることが、その後の子どもの健やかな成長と円滑な対人関係の構築の基礎になるため、何とか乗り越えていかなくてはなりません。

もしも、子育てのことで悩んだら、家族や友人、子育て相談窓口などを頼り、くれぐれも一人もしくは夫婦だけで抱え込まないようにしてください。