知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

起立性調節障害とは?子どもが朝起きられない原因と主な症状は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

近年、「夜は遅くまで元気に遊んでいるのに、朝になるとめまいや頭痛を訴えて起きられず、遅刻や欠席を繰り返す子ども」が増えています。

親としては、子どもが朝起きられず遅刻や欠席を繰り返すと、「夜更かしするから、朝起きられないんだ。」、「学校をさぼりたいだけだ。」と思って叱りつけることが多いでしょう。

しかし、朝起きられない子どもの中には、起立性調節障害という病気を抱えている子どもが一定数いることが分かってきました。

起立性調節障害とはどんな病気で、何が原因で発症するのでしょうか?

この記事では、起立性調節障害の原因と症状について紹介します。

起立性調節障害とは

起立性調節障害とは、自律神経系(意思とは無関係に身体の機能を調節する神経)の異常による病気です。

自律神経失調症の一種で、英語表記の「Orthostatic Dysregulation」を略してODと呼ばれることもあります。

起立性調節障害は、小学校高学年から思春期(中学生から高校生頃)の子どもが発症しやすく、朝起きられないことをはじめ、立ちくらみ、めまい、頭痛、失神発作など様々な症状があります。

「午前中に強い症状が出て、午後には改善する」傾向があるため、周囲からは夜更かしや登校意欲の低さが原因だと勘違いされやすく、教師や親から的外れな注意指導を受けたり、生徒からからかわれたりして精神的に追い詰められた結果、症状が悪化することも珍しくありません。

また、うつ病と間違われることもあり、実際にうつ病と診断されて服薬治療を開始した結果、症状がさらに悪くなる子どもも、少なからず報告されています。

起立性調節障害にかかりやすい人

起立性調節障害にかかりやすいのは、小学校高学年から思春期の子どもです。

小学生の5%くらい、中学生の10%くらいが発症していると考えられています。

男女比では、男子よりも女子の方が発症率が少し高くなっています。

季節では、春から夏にかけて発症率が上がり、秋から冬にかけて落ち着くという指摘がありますが、実感としては春先に一番多く、それ以外の季節には有意な差はありません。

起立性調節障害の人数

起立性調節障害を抱えている子どもは、日本全国で60~70万人くらいいます(各種統計により差があります)。

また、60~70万人のうちの8~10万人くらいは、遅刻や欠席を繰り返すなど日常生活に支障が出ていると言われています。

起立性調節障害の症状

起立性調節障害の主な症状は、次のとおりです。

  • 朝起きられない
  • 全身の倦怠感(だるさ)がある
  • 立ちくらみ、ふらつき、眩暈(めまい)
  • 立っていると気分が悪くなる
  • 疲れやすく、疲れが取れにくい
  • 動悸、息切れ
  • 食欲がなくなる
  • 夜に寝付けない
  • 頭痛
  • 集中力が低下する

起立性調節障害の症状:朝起きられない

朝、目が覚めても、身体がだるくて動かすことができず、起きることができません。

また、親が起こしても目が覚めず、起こされたことを覚えていない子どももいます。

起立性調節障害の症状:全身の倦怠感(だるさ)がある

自分の意思ではどうしようもないくらいの強い倦怠感があります。

午前中に強い症状が出て、午後になると改善し、夕方から夜にはすっかり調子が良くなるのが特徴的です。

起立性調節障害の症状:立ちくらみ、ふらつき、めまい

あおむけの状態(背臥位)や座った状態(座位)から立ち上がった時に、目の前が暗くなったり、白くかすんだりすることがあります。

立ち上がった時にふらつくことも少なくありません。

起立性調節障害の症状:立っていると気分が悪くなる

立っている状態で気分が悪くなり、ふらついたり失神したりすることがあります。

例えば、立ったまま作業をしたり、動く電車やバスの中でつり革を持って立っていたりした時に症状が現れます。

動悸、息切れ、冷や汗などを伴うこともあります。

起立性調節障害の症状:疲れやすく、疲れが取れにくい

発症する前に比べ、ちょっとした運動ですぐ疲れてしまい、十分に寝ても疲れが取れにくくなります。

午前中に強い疲れを感じ、午後には改善していくことが多いものです。

起立性調節障害の症状:動悸、息切れ

何の脈絡もなく、急に心臓がドキドキしたり、息切れしたりすることがあります。

起立性調節障害の症状:食欲がなくなる

朝起きた時に食欲がなく、朝食が食べられないことがあります。

午後になると自然にお腹が空き、昼食や夕食は問題なく食べられることが多いものです。

起立性調節障害の症状:夜に寝付けない

朝は、起きられない、食欲不振、倦怠感などの症状が強く出る一方で、午後になると調子が良くなり、夜には目がさえてなかなか寝付けなくなる傾向があります。

電気を消しても、布団に入っても寝付けません。

そのため、ついスマホやテレビを見てさらに生活リズムを崩します。

また、親からは生活態度が乱れている、不摂生だと思われ、なまけ者扱いされて、病気の発見が遅れる一因になってしまいます。

起立性調節障害の症状:頭痛

他の症状と同じで、午前中に強い頭痛が生じ、午後になると改善していくことが多いものです。

痛みの種類は、ズキズキした痛みや頭が重い感じなど様々で、吐き気を感じたり、実際に吐いたりすることもあります。

起立性調節障害の症状:集中力が低下する

午前中は集中力が低下しており、考えることも身体を動かすことも思うようにいかず、勉強にも運動にも身が入りません。

そうした状態が続くことでイライラした気持ちになり、周囲に八つ当たりしてしまう子どももいます。

起立性調節障害の原因

起立性調節障害の原因は、自律神経のバランスが崩れることです。

自律神経は、食べた物を消化する、運動すると心拍数が上がる、興奮すると血圧が上がるなど、子どもの意思とは無関係に身体の機能を調節しています。

自律神経には、身体を動かす時に働く交感神経と、体を休める時に働く副交感神経があり、この2つが連携してバランス良く働くことで身体を健康に保つことができるのです。

通常は、身体の発育に合わせて自律神経も発達していきますが、小学校高学年から思春期にかけては身体が急激に発育するため、自律神経の発達が追いつかなくなることがあります。

その結果、自律神経の働きのバランスが崩れて起立性調節障害が起こるのです。

まとめ

起立性調節障害は、小学校高学年から思春期にかけての子どもが発症する病気です。

朝起きられない、午後以降は改善するといった症状から、周囲からは「怠けている」などと思われがちで、発見や治療が遅れがちな傾向があります。

しかし、起立性調節障害で一番悩んでいるのは、多くの場合は子ども本人です。

傍からは見えにくいですが、登校して友だちと遊びたいのに朝起きられない、成績を上げたいのに集中できない、生活リズムを整えたいのに寝付けないなど、あれこれ悩んでいるものです。

そして、症状のしんどさに悩み、周囲の無理解に悩んで身体も心もしんどくなり、人間不信や不登校といった深刻な状況に陥ることも珍しくありません。

親としては、まず、起立性調節障害という病気があることを知り、子どもの様子を慎重に観察し、起立性調節障害を疑う症状が見られる場合には、早めに小児科を受診させてあげてください。

小学校高学年から思春期にかけての子どもは、親の言うことに素直に従わなかったり反発したりしやすいので、受診を勧めても拒否されるかもしれません。

その場合は、学校の先生など、子どもに関わる周りの大人を巻き込んで子どもを説得し、子どもが自発的に受診する気になるよう促すことが大切です。

関連記事

www.chiikunote.com

www.chiikunote.com