知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

子供の良い叱り方と悪い怒り方とは?怒る・叱るの効果と影響は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

子供を怒る時ってどんな時ですか?

怒り方はどうですか?

優しく諭す、きつい口調になる、感情的に怒鳴る、中には叩く人もいるかもしれません。

子供は、危ないことや間違ったことをたくさんするものなので、親として子供を怒る機会は少なくないでしょう。

しかし、怒ることは、子供の心と体に様々な影響を与えるので、誤った怒り方を繰り返すと、大人になっても消えない深い傷を残すことになります。

では全く怒らなければ良いかというと、それはそれで子供の成長に悪影響を及ぼすリスクがたくさんあります。

そのため、子供の健全な成長を促すような怒り方を理解し、実践することがとても大切です。

この記事では、怒ることが子供に与える効果と影響、自己嫌悪や後悔の少ない怒り方と、そうでない怒り方について紹介します。

なお、心理学においては、「怒る」と「叱る」を区別していますが、日常生活において「怒る」と「叱る」を明確に区別して使用している人は少ないので、この記事では「怒る」に統一して記載しています。

心理学における怒ると叱るの違いについては、関連記事で紹介しています。

関連記事

www.chiikunote.com

怒る・叱ることが子供に与える影響

怒ることは、程度の差はあっても、相手の行為を否定することです。

通常、親は、子供にとって最も身近で信頼できる存在なので、その親から怒られる(否定される)ということは、世界がひっくり返るくらいの大きな出来事で、感じるストレスもはかり知れません。

特に、親が感情的になったり、怒号や暴力を交えたりと不適切な怒り方を繰り返すと、子供は、どうして怒られているのか分からないまま、不安や恐怖だけを募らせてしまいます。

その結果、「自分を大切にする気持ち」が十分に育まれず、情緒も安定せずに、常に周りを気にしてオドオドしたり、ちょっとしたことで粗暴な言動に及んだりするようになってしまいます。

一方で、怒ることは、相手の行為を正して修正させることでもあります。

子供は、興味関心のままに自由に行動するものなので、危ないことやルール違反をしたら、同じことを繰り返さないように指導しなければなりません。

その過程で、怒ることが必要になる場合もありますが、適切な怒り方をすれば、子供は、怒られたことへの不安や恐怖は感じつつ、少しずつ自分の言動を改めて、社会のルールを守れるようになっていきます。

子供の成長を促す(パパママの自己嫌悪や後悔の少ない)怒り方・叱り方

まず、子供の成長を促す怒り方、叱り方について見ていきましょう。

理由を説明して怒る

子供は、「ダメ!」、「バカかお前は!」などと怒られても、「何に対して、なぜ怒られているのか」が分からず、「怒られた」という不快な感覚だけが残ります。

結果、同じことを繰り返してさらに怒られるという悪循環に陥り、子供は「パパママに嫌われている。」という思いを強めますし、親も「どうして何度言っても分からないんだ。」と疲れ切ってしまいます。

怒る時は、子供の言い分をしっかり聞いた上で、怒る理由をしっかり説明して怒りましょう。

そうすることで、子供は、怒られた理由を理解して、自分なりに行動を改めていけるようになります。

言葉を選ぶ

小さい子供に、難しい言葉で怒っても理解できず、怒られたことからくる不安や恐怖だけが残ってしまうものです。

怒る時は、子供の年齢や発達に応じた言葉を選びましょう。

子供の人格を否定しない

「ダメな子だ。」、「生まなければよかった。」などと、子供の人格を否定する怒り方をするパパママは、残念ながら少なくありません。

しかし、人格を否定するような怒り方は、子供の自尊心を深く傷つけてしまいます。

怒る時は、子供の間違った行動だけを怒り、子供の人格をけなすのは避けましょう。

怒り以外の感情を表現する

怒りの感情をぶつける怒り方は、子供に不安と恐怖しか与えず不適切ですが、怒る時にまったく感情を交えないのは難しいものですし、子供にも響きません。

怒る時は、不安、心配、驚き、悲しみなど、怒り以外の感情を表現するようにします。

例えば、子供が門限を破って遅くに帰宅した場合、門限を破ったことへの怒りをぶつけるのではなく、何かあったのではないかと心配したことを伝えます。

子供の言動に対して感じたことを率直に表現することで、子供は、「あ、心配させたんだな。次からは止めておこう。」と反省し、行動を改めるようになります。

もちろん、子供によってはすぐ改善されない場合もあります。

しかし、「親の反応を見て、自分で考えて行動を変える」という経験を積むことで、他人の気持ちを考える構えが身に付いていきます。

子供に悪影響を及ぼす(パパママの自己嫌悪や後悔が多い)怒り方・叱り方

次に、子供に悪影響を及ぼしてしまう悪い褒め方についても見ておきます。

感情的に怒る

家事育児や仕事で余裕がない状況では、ついつい怒りの感情を子供にぶつけてしまいがちです。

しかし、子供は、大人以上に周囲の刺激に敏感なので、親の「怒り」をビビビッと察知し、「パパママに嫌われている。」、「僕(私)はパパママに大切にされないダメな子なんだ。」と思い、「自分を大切にしよう」という気持ちが持ちにくくなります。

感情的に怒られ続けた子供は、情緒不安定になり、良好な人間関係が築けなかったり、社会生活に支障をきたしたりする傾向があります。

また、親になった時に、子供を感情的に怒ってしまう人も少なくなく、負の世代間連鎖として社会問題になっています。

怒鳴る、大声で叱る

子供がわがままを言ったりぐずったりすると、大声で怒鳴ってしまうものです。

「怒る時は声を張り上げた方が効果がある。」、「手っ取り早く指導効果があがる。」と思い込んでいる人も少なくありません。

しかし、大好きなパパママから怒鳴られた子供は、強い衝撃を受けて萎縮してしまいます。

怒鳴れば子供は黙りますが、怒られた内容を理解しているわけではなく、怖くて緊張しているだけなので、時間が経てばまた同じことを繰り返します。

みんなの前で怒る

同僚が大勢いる部屋の中で上司に怒られたらどんな気分ですか?

恥ずかしさや悔しさを感じ、自尊心が傷つくはずです。

子供も同じです。

他に人がいるところで怒られると、大人と同じような屈辱的な気持ちを抱き、怒られている内容はほとんど耳に入らなくなってしまいます。

人前で怒られ続けた子供は、常に人目を気にしたり、極端に失敗を嫌がったりするようになる傾向があります。

時間が経ってから怒る

子供は、時間が経ってから怒られても、どうして怒られるのか分からず混乱してしまうものです。

この傾向は、子供の年齢が低いほど、怒るまでの時間が経つほど顕著です。

怒られている理由が分からないので、同じ失敗を繰り返しますし、「パパママに嫌われている。」という思いも強めてしまいます。

体罰

体罰は、子育ての最大のタブーであり、最悪の怒り方です。

体罰に及ぶ親は、「思わず叩いてしまった。わざとではない。」、「言うことを聞かないからやむを得なかった。」、「自分も親に叩いてしつけられ、一人前になった。」などと、体罰を正当化しようとします。

しかし、どんな理由があっても体罰は暴力、それも、自分よりも立場の弱い者に対する一方的な暴力で、けっして許される行為ではありません。

ケガをしたり命を落としたりするリスクも高いものです。

体罰を受けた子供は、親に怒りや憎しみを抱き、家族や周囲の人を信頼できなくなりますし、情緒不安定になり、ちょっとした刺激で周りに暴力を振るうようになってしまいます。

怒らないことは育児放棄と同じ

子供は、間違ったことをたくさんし、親からきちんと怒られることで、社会のルールを一つひとつ学習していくものです。

最近は、「褒めて育てる」ことの大切さが認識されるようになり、ともすれば「怒らない」ことが良いことだと思い込んでいる人が増えていますが、大きな勘違いです。

必要な場面で怒らないと、子供は、自分の言動の誤りに気付かないまま大きくなり、良好な対人関係や社会生活を送れなくなってしまいます。

また、子供は、親の関心を引くためにわざと悪さをすることがありますし、怒ってもらいたい時だってあるものです。

そんな時に放置されてしまうと、「僕(私)に関心がないんだな。」、「僕(私)のことが嫌いなんだろうか。」という不安やあきらめを抱いてしまい、親や他人に心を開かなくなってしまいます。

怒ることは、子育ての中では欠かせないことの1つであり、適切な怒り方は子供の成長を促すということを理解しておくことが大切です。

関連記事

www.chiikunote.com

まとめ

子供を怒る・叱る効果と影響について紹介しました。

子育てをしていれば、子供を怒る・叱る場面は必ずやってきますが、どのような怒り方・叱り方をするかによって、その後の子供の成長や親子関係が大きく変化しますし、パパママの後悔や自己嫌悪の程度も違ってきます。

これまでの関わり方をすぐに変えることは難しいと思いますが、「適切な怒り方・叱り方」を頭に入れておくことで、子供への関わり方は少しずつでも変わっていくはずです。