読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

ピグマリオン効果とは?ゴーレム効果、ハロー効果との違い、例と批判は?

心理学用語 心理学用語-ピグマリオン効果

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「この子ならきっとやれるに違いない。」と周囲に期待をかけられている子どもは、その期待どおりの活躍をすることがあります。

一方で、「どうせこの子には無理だ。」と見放されている子どもは、本来持っている力よりも低い活躍しかできないことがあります。

今回紹介する、ピグマリオン効果とゴーレム効果は他人からの評価と成果の因果関係を表し、ハロー効果は、ある物事の特徴の一部を捉えて物事の全体を評価することを表す心理学用語です。

いずれも、子どものやる気や成績に関わる現象であり、子育てに示唆を与えてくれるものでもあります。

この記事では、ピグマリオン効果、ゴーレム効果、ハロー効果の概要と違いについて、例と批判と一緒に紹介します。

ピグマリオン効果とは

ピグマリオン効果とは、他人から期待を持って関わられることで、学業やスポーツの成績、作業効率などが向上する現象です。

アメリカの教育心理学者ロバート・ローゼンタールによって提唱されたことからローゼンタール効果と呼ばれたり、教師を被験者にした実験が行われたことから教師期待効果と呼ばれたりすることもあります。

ピグマリオン効果の由来

ピグマリオンとは、ギリシャ神話に登場する王様の名前です。

神話は、「ピグマリオン王が恋をした女性の彫像を、女神が人間に転身させる。」という筋書きで、これがピグマリオン効果に似ていると考えて名付けられたようです。

ピグマリオン効果の例(実験)

ピグマリオン効果は、ローゼンタールらが教師を被験者にした実験が有名です。

実験の概要は、次のとおりです。

  1. 小学校のクラスで、ごく普通の知能テストを行う
  2. 担任教師には、数ヶ月後に成績が伸びる生徒を見つけるテストだと説明する
  3. テスト結果とは無関係に選んだ生徒の氏名を載せた名簿を担任教師に見せ、数か月後に成績が伸びる生徒だと説明する
  4. 数か月後に生徒の成績を確認する

実験では、検査者が担任教師に「成績が伸びる」と説明した生徒は、実際に他の生徒に比べて成績が伸びるという結果が得られました。

ローゼンタールは、こうした結果になったのは、担任教師が「成績が伸びる」と説明された生徒に期待のまなざしを向け、子どもも期待を意識したことが原因だと主張しました。

ピグマリオン効果の批判

ピグマリオン効果の批判は、主にローゼンタールの実験方法に対する批判です。

例えば、被験者になった教師が、名簿を見たのはほんの一瞬だと証言し、また、名簿に載っていた生徒の氏名を覚えていなかったことから、教師が名簿の生徒に期待をかけたのかどうか疑わしいと言われています。

また、同じ条件下で実験しても、ピグマリオン効果が生じなかったと主張する研究者からは、教師の期待以外の要因があったのではないかという指摘があります。

その他、生徒が、教師の期待以外の要因で勉強を頑張るという視点が抜け落ちていることも批判の対象となっています。

ゴーレム効果とは

ゴーレム効果とは、他人から期待を持たないで(悪い印象を持って)関わられることで、学業やスポーツの成績、作業効率などが下がる現象です。

ピグマリオン効果が発表された後、その逆(期待を持たないで関わると、成績などが下がる)の現象として考えられました。

ゴーレム効果の由来

ゴーレムは、ヘブライ語で「かたちなき者」という意味を持つ、ユダヤ教の伝説の一つに登場する泥人形です。

ゴーレムの「呪文を唱えた人の意のままに動き出すが、額に貼られた5枚の護符の1枚をはがすと土に戻る」という特徴から、名付けられたようです。

ゴーレム効果の例

学校における生徒と担任教師の関係を例にすると分かりやすいでしょう。

  1. 普段から立ち歩きや授業中の私語が目立ち、学業成績も悪い子どもがいる
  2. 担任教師は、その子どもに「落ち着きがなく、言っても聞かない子」というレッテルを貼り、何の期待もかけなくなる
  3. 子どもは、「期待されていない。他の子と差別されている。」という不満を募らせてやる気もなくし、より問題行動が目立ち、学業成績も下がる
  4. 担任教師は、ますますその子どもをぞんざいに扱うようになるという悪循環に陥る

極端な例ではありますが、似たようなことは子どもが通う学校内でよく起きています。

中には、子どもに目立った問題がなくても、子どもの外見や言葉遣い、担任教師との相性などによって、担任教師が子どもに勝手なレッテルを貼ることもあります。

そして、その子供に期待をかけなくなったり、ぞんざいな態度をとったりした結果、子どもがやる気をなくしたり、問題行動が増えたりすることも珍しいことではありません。

ゴーレム効果の批判

ゴーレム効果に対する批判は、ピグマリオン効果に対する批判とほぼ同じです。

ハロー効果とは

ハロー効果とは、ある対象を評価する場合に、その対象が持っている多くの特徴のうち「ひときわ目立つ優れた特徴もしくは劣った特徴」に引きずられて、対象全体の評価が歪む現象です。

英語では「halo effect」と表記しており、日本ではハロー効果の他、ハローエラー、光背効果、後光効果と訳されることもあります。

心理学者のエドワード・ソーンダイクがハロー効果を指摘したのが始まりと言われています。

ハロー効果の由来

ハローとは、キリスト教の聖人の頭上に描かれる光の輪(後光)のことです。

こんにちは(hello)と勘違いされがちですが、後光(halo)です。

ハロー効果の例

ハロー効果の例としては、肩書や社会的地位、外見で人を判断することが挙げられます。

例えば、良く知らない人の外見だけを見て、ブランドスーツを着こなす人を「上品、お金持ち、社会的に地位がある人」、みすぼらしい格好の人を「下品、貧乏、落ちこぼれ」と評価してしまうことです。

このように、ハロー効果は、対象が持つ「ひときわ目立つ特徴」によって良い評価になることも、悪い評価になることもあります。

共通しているのは、一部の特徴だけを捉えて全体を極端に評価してしまうということです。

ハロー効果の批判

目立った批判は見当たりません。

ピグマリオン効果、ゴーレム効果、ハロー効果の違い

ピグマリオン効果、ゴーレム効果、ハロー効果は、いずれも人が持つ認知バイアス(歪み)の一側面を切り取った現象です。

ピグマリオン効果とゴーレム効果は、他人に期待をかけるもしくは期待をかけないことで他人に影響を及ぼす効果のことです。

一方のハロー効果は、ある対象を歪んで評価する個人の心の中のことなので、ハロー効果のみでは他人に影響を与えることはありません。

ハロー効果で対象を歪んで評価した結果、ピグマリオン効果やゴーレム効果を生じさせることはあり得ます。

まとめ

ピグマリオン効果、ゴーレム効果、ハロー効果について紹介しました。

いずれも人の認知バイアスが影響しており、日常生活のいたるところで見られる現象です。

「子どもを教え導く立場の教師が、子どもを差別することはないし、してはいけない。」、「大人は、客観的に物事を見ることができている。」と思っている人ほど、認知バイアスが大きいことがあるので、注意が必要です。

認知バイアスは、年齢、性別、職業、社会的地位などに関わらず誰にでも少なからず持っており、なくそうとしてなくせるものではありません。

そのため、自分にどのようなバイアスがあるのか自覚し、常に意識しながら行動することが大切です。

子どもを育てているパパママや、子どもを預かって教育する立場にある保育士、幼稚園教諭、教師などは、特に、自覚しておくべきでしょう。