読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

レディネスで子どもの学習効果が劇的に上がる?レディネス学習のメリットとデメリットは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

子供が何かを学習するには、それを学習できるだけの心身の発達と、知識や経験などが準備されている必要があります。

レディネスは、子供があることを学習する準備ができている状態のことで、効果的な学習を考える上で大切な概念です。

レディネスの考え方は、幼児教育や早期教育、知育などの分野で広く認識されており、レディネスを作る教育や、レディネスを踏まえた教育が行われています。

家庭での教育においても、人より早く難しいことを教えれば良いのではなく、子供のレディネスを意識した関わりが大切になります。

この記事では、レディネスの概要とレディネス学習ついて紹介します。

レディネスとは

レディネスとは、あることを学習できるレベルまで、子供の心身が発達し、また、学習して身につけるために必要な知識、経験、身体、精神といった条件が準備できている状態です。

子供の教育において使われる言葉で、準備性と呼ばれることもあります。

レディネスができあがった状態で学習することで、子供がその内容を効果的かつ効率的に身につけることができます。

一方で、レディネスが十分できあがっていない状態で学習すると、効果や効率が悪くなり、場合によっては子供に悪影響を及ぼすこともあると考えられています。

例えば、ある学習にレディネスのある子供は、興味を持って自発的に学習を進めるため、適切な学習効果を上げることができますが、レディネスのない子供は、学習に興味が持てず、思うように学習の効果を上げることができません。

ただし、子供の発達過程には、有ることを学習するのにふさわしいタイミング=学び時があります。

いくらレディネスがあっても、学び時を過ぎてしまった後に学習しても効果や効率は低くなり、思うように学習が進まなくなることがあります。

レディネスの歴史

元々、レディネスは、学習(刺激と反応の連合)をより効果的・効率的に成り立たせるために必要な、神経生理学的な成熟ができあがっている状態を表す概念として登場しました。

有名なのは、ゲゼル・A・Lが提唱した成熟有意説です。

成熟有意説は、それまで有力だった学習有意説(人間の発達は環境要因の影響を強く受けて進むという考え方。)に対する立場です。

この説では、遺伝など生得的なものが発達に大きく影響すると考えられており、レディネスができあがってからの教育の重要性が強調されていました。

ところがその後、成熟と学習の両方が発達にとって重要だという考え方が広まりました。

その結果、レディネスについても、高次の精神機能に関する教育的な作用もひっくるめて、学習を効果的・効率的に成立させるためのあらゆる準備ができあがっている状態だと考えられるようになります。

そして、加齢によってレディネスが自然にできあがるのを待つのではなく、レディネスそのものを形成させる教育も研究されるようになってきました。

レディネス学習

教育現場では、レディネスは「教育や学習による行動変容が効果的に行われるための発達的素地」(新版現代学校教育大事典)と定義されており、レディネスを活用した学習が取り入れられています。

ここでは、レディネスを活用した学習のメリットとデメリットを紹介します。

レディネス学習のメリット

レディネス学習の流れは、次のとおりです。

  1. 授業中に、教師が子供に、次回の授業に向けて簡単な課題を出す
  2. 子供は、授業時間外に課題に取り組み、新しい興味関心や疑問、知識を持つ
  3. 授業において、教師が子供の興味関心や疑問を吸い上げながら授業で活かす
  4. 1.~3.を繰り返す

レディネス学習では、子供のレディネスを授業ごとに意識して「作る(準備する)」学習です。

この方法により、子供は、いつも意欲を持って自発的に授業に参加し、課題で学んだ知識を広げたり深めたりすることができますし、次回の授業に向けた課題にも真剣に取り組むことができるようになります。

レディネス学習を継続することで着実に知識や経験が積み重ねられていき、学力の地力が向上していきます。

また、教師としても、子供のアイデアを活かしながら自分の持ち味を出した授業を展開できるので、教科書にとらわれないユニークで効果の高い授業を行うことができるようになると考えられています。

レディネス学習のデメリット

レディネス学習は、教師が子供のやる気を引き出し、子供の興味関心や疑問をうまく授業の中で活用して、子供のやる気を持続させる必要があります。

そのため、教師には教師本来の「教える力」だけでなく、子供の主体性を活かしつつ場をしきる「ファシリテート力」が求められますが、すべての教師がこの力を十分に持っているわけではないため、教師によって授業の質が大きく異なることになります。

また、子供の側にも、授業を理解し、課題に自主的に取り組むだけの学力や主体性が求められますが、これもすべての生徒が一律に持っているわけではないので、どうしても個人差が出てしまいます。

特に、学力不足の子供に対しては個別対応を含めて十分なケアを行わないと、通常の講義型の授業以上に「授業についていけない。」という劣等感や無力感を抱かせてしまうことになります。

関連記事

www.chiikunote.com

まとめ

レディネスについて紹介しました。

聞き慣れない言葉かもしれませんが、教育現場や知育、早期教育、幼児教育などではレディネスを活用した学習法がたくさんあります。

また、家庭においても、子供の学習効果を高めるためには、レディネスを意識した関わりはとても大切です。