読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

スクラッチ(Scratch)でプログラミング!特徴は?日本語版、タブレット版はある?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文部科学省が、2020年をめどに小学校教育にプログラミング教育を必修化する方針を明らかにしたことで、日本でもようやく子供向けのプログラミング教育が注目されるようになってきました。

プログラミングと聞くと、パソコン画面に並んだ難解な記号や文字列を思い浮かべる人がまだまだ多いものです。

しかし、子供向けのプログラミング教育では、子供が興味関心を持ち、簡単にプログラミング学習ができるよう工夫されています。

工夫の代表的なものが、ビジュアルプログラミングの採用です。

ビジュアルプログラミングとは、プログラムのコードを記述しなくても、視覚的な操作でプログラミングできるプログラミング環境です。

今回紹介するスクラッチ(Scratch)は、ビジュアルプログラミングの中でも特に有名で、世界中の子供向けプログラミング教育で使用されているものです。

このページでは、ビジュアルプログラミング「スクラッチ(Scratch)」について紹介します。

スクラッチ(Scratch)とは

スクラッチ(Scratch)とは、子供向けのプログラミング学習で使用されている、ビジュアルプログラミングを使ったプログラミング環境です。

マサチューセッツ工科大学メディアラボ(MIT Media Lab)のライフロングキンダーガーデングループ(Lifelong Kingergarden Group)によって開発されました。

ビジュアルプログラミングとは、積み木を積み上げたりパズルを組み立てたりする感覚で、命令を視覚的に組み合わせることで、コンピュータに特定の動作を実行させるプログラミング環境です。

スクラッチ(Scratch)の日本版

スクラッチは、日本版も開発されており、プログラミング教室で実際に活用されています。

日本語版のスクラッチの仕様は、他言語版と変わりありません。

スクラッチ(Scratch)の特徴

スクラッチの特徴は、何と言っても難解なプログラミング言語をいくつも覚える必要はないことです。

スクラッチの開発環境では、様々な命令がブロックとして表示されており、ブロックを積んでいくことでプログラムを作っていきます。

プログラミング言語を知らなくても、ブロックの形(凹凸)を見て、積み重ねることができるかどうかを判断し、簡単なマウス操作を行うだけでプログラムを作ることができるので、子供でも手軽にプログラミングにチャレンジすることができます。

命令の種類ごとに色分けされているので、視覚的にも子供の興味関心を引きやすいものです。

また、積み上げたブロック(プログラム)は、画面上に表示されたスプライト(キャラクター)がすぐに実行してくれるため、うまくいっているかどうかがすぐに確認できるのも特徴です。

スクラッチ(Scratch)の種類

スクラッチは、当初、ダウンロード版しかありませんでしたが、現在は、ダウンロード版(Scratch1.4)と、ネット(Webブラウザー)上で動くウェブアプリケーション版(Scratch2.0)があります。

画面のレイアウトは少し違いますが、操作方法など基本的な内容は同じです。

手軽に使えるのは、ダウンロードが必要なく、ネット環境されたパソコンがあればいつでも使用できるScratch2.0ですが、応用が利くのはScratch1.4です。

スクラッチ(Scratch)のやり方

次のサイトにアクセスすれば、すぐにダウンロードして始めることができます。

https://scratch.mit.edu/scratch2download/

スクラッチ(Scratch)をタブレットやスマホで使う方法

通常、タブレットやスマホでスクラッチを始めようとすると、「このコンテンツを表示するにはプラグインが必要です。」、「フラッシュが使えません。」という画面が表示されます。

そこで、Puffin Web Browserというアプリを使用します。

使用するには、App StoreやPlay StoreでPuffin Web Browserと検索してダウンロードします。

Puffin Web Browserには、無料版と有料版がありますが、画面下に広告が表示されるかどうかの違いしかなく、スクラッチを動かす分には無料版で十分です。

Puffin Web Browserでスクラッチを起動すると、パソコンで起動した時と同じプロジェクト画面が映し出されます。

まとめ

プログラミングは、今後ますます需要が高まる分野で、数年後には小学校でも必修化される見込みです。

世界的に見ると、プログラミング教育を実践している国はとても多く、グローバル人材を育てるという観点からも、子供にプログラミング教育を受けさせることは効果があると言えるでしょう。

スクラッチは、子供でも簡単にプログラミングにチャレンジできて、子供が興味関心を持って自主的に続けることができるので、一度、親子でやってみてはどうでしょうか。