知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

ステップファミリーとは?悩みは子供関係が多い?うまくいかない時は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

厚生労働省の人口動態統計によると、結婚した夫婦の3組に1組が離婚しています。

また、夫婦の一方または両方が再婚の割合は、約25%に上ります。

子連れの再婚も多く、血のつながりのない親と子によって構成される家族、いわゆる「ステップファミリー」が増えています。

ステップファミリーは、映画やドラマなどで取り上げられるなど、家族の一形態として社会的に受け入れられるようになってきており、血のつながりのある親子と同じか、それ以上に幸せな家庭を築く親子もたくさんいます。

一方で、ステップファミリーならではの悩みを抱えている親子も少なくありません。

この記事では、ステップファミリーの概要、ステップファミリーの悩み、うまくいかない時の対応について紹介します。

ステップファミリーとは

ステップファミリーとは、夫婦の一方または両方の子連れ再婚などにより、血のつながりのない親と子によって構成される家族のことです。

英語では「step family」と表記し、日本においては「ステップファミリー」、「再婚による家族」などと訳されています。

ステップファミリーの「step」は「継ぐ」という意味があり、「step-(father,motherなど)」で「血のつながらない(義理の)父や母」という意味があることから派生して、step familyという言葉が生まれたと考えられています。

元々は、1970年代のアメリカ合衆国で「blended family(純家族)」の対義語として使われるようになり、それが日本にも輸入されて現在に至っています。

なお、ヨーロッパではパッチワーク(patchwork=つぎはぎ)家族と呼ばれることもあります。

ステップファミリーの構成

ステップファミリーの主な構成は、以下のとおりです。

  • 子どものいる女性(シングルマザー)、その子ども、子どものいない男性
  • 子どものいる男女、男女の子ども
  • 子どものいない女性、子どものいる男性(シングルファザー)、その子ども

最も多いのは、子どものいる女性(シングルマザー)とその子どもが、子どものいない男性と家族になるパターンですが、その他のパターンも一定数います。

なお、男女が法的に結婚している場合だけでなく、事実婚の場合もステップファミリーと呼ぶことが多くなっています。

ステップファミリーの特徴

ステップファミリーでは、夫婦の一方または両方が、他の異性と生活して離婚した(または他の異性と事実婚を解消した)経験を持ち、過去の家庭の思い出を抱えています。

新しい家庭に馴染もうと努力していても、ふとした時に過去の家庭と比較し、評価してしまったり、生活習慣の変化に戸惑ったりしてしまう傾向があります。

また、血のつながらない子どもとの関係の持ち方に悩み、家庭内に居心地の悪さを感じたり、新しいパートナーとの関係にも影響が及んだりすることも珍しくありません。

初婚の夫婦の場合は同じスタートラインに立っており、互いに話合い協力しながら家族として成長していくことができます。

しかし、ステップファミリーの場合、夫婦の一方または両方が過去に家族を持った経験があり、それぞれの全く異なる経験をしています。

そのため、日常生活や子育てのちょっとしたところで経験や感覚の違いが浮き彫りになり、意見の食い違いや対立が生じやすくなっています。

ステップファミリーの悩み

ステップファミリーでは、夫婦の一方または両方が、様々な悩みと日々向き合いながら、血のつながりのない子どもと一緒に生活しています。

悩みの内容は一人ひとり違いますが、ここでは一般的な悩みについて紹介します。

  • 血のつながりのない子(パートナーの連れ子、継子)に愛情を注げない
  • 継子と実子への接し方に差を設けてしまう
  • 継子との関わり方が分からない(うまくいかない)
  • 継子との関係を深めようと無理をする
  • 継子が実の親と面会交流することに戸惑う
  • 過去の家族との生活習慣の違いに悩む
  • 子どものしつけについて、パートナーとの意見が食い違う
  • 家族が増えて経済的に困窮する

ステップファミリーでは、パートナーの連れ子に愛情を注げず悩む人がとても多いものです。

特に、自分にも連れ子がいる場合やパートナーとの間に実子が誕生した場合、どうしても自分と血のつながりのある子どもを大切にしてしまう傾向があります。

そして、そのことに罪悪感を覚えながらうまく対応できず、時間の経過とともに継子への関わり方が分からなくなったり、関係が悪化したりしてしまいがちです。

一方で、「継子は実子と同じように扱わなければならない。」という考え方に縛られて無理をし、かえって関係をこじらせたり、精神的にまいってしまったりすることもあります。

継子が実の親と交流を保つことや新旧の生活習慣の違いに悩み戸惑う、子どものしつけについてパートナーと対立するなども、ステップファミリーに多い悩みです。

また、家族が増えたことにより経済的に厳しくなり、心の余裕がなくなる人も少なくありません。

関連記事

rikonhandbook.com

ステップファミリーでうまくいかない時はどうする?

残念なことに、ステップファミリーを築いてみたものの悩みが絶えず、耐え切れなくなって離婚する夫婦は少なくありません。

ステップファミリーでうまくいかないと感じた時、どうすれば良いでしょうか。

各家庭によってうまくいかない事情は異なりますが、ここでは、一般的な対応について紹介します。

  • ファミリーのルールを決める
  • 悩みを打ち明ける
  • 無理をしない
  • 「しなければならない」という考え方を止める

うまくいかない時の対応1:ファミリーのルールを決める

まずは、パートナーと互いの意見をぶつけ合い、今後もステップファミリーとしてやっていくためのルールを決めることが大切です。

例えば、継子に愛情を注げないと感じているなら「当面の間、継子の面倒はパートナーに見てもらう。」、生活習慣の違いに戸惑っているなら「互いが良いと思う生活習慣を交互に試してみる。」などのルールを取り決めます。

ポイントは、互いに無理をせず実行できるルールを「暫定的に」決めることです。

一週間、一ヶ月など適当な期間を設けて試行し、うまくいけば継続してダメならルールを変更することを繰り返す中で、互いにとって心地良いルールを見つけていくのです。

うまくいかない時の対応2:悩みを打ち明ける

ステップファミリーの悩みは、家族にはなかなか打ち明けづらいこともあるでしょう。

信頼できる友人知人などに話を聞いてもらい、適度にガス抜きをすることが大切です。

なお、最近、ステップファミリーを支援するNPOなどが増えています。

「悩みを聞いてほしい」、「同じ境遇の人と話したい」という気持ちは理解できますが、営利目的の団体の食い物にされたり、同じ境遇の者同士のキズの舐めあいに終始したりするケースが後を絶ちません。

くれぐれも慎重に判断してください。

うまくいかない時の対応3:無理をしない

悩みを抱えた状態で無理をすると、精神的に不安定になり、家族との関係がよりギクシャクして悩みが深まるという悪循環に陥ります。

くれぐれも無理をせず、しんどいと思ったら周囲に助けを求めましょう。

うまくいかない時の対応4:「しなければならない」という考え方を止める

「継子に愛情を注がなければならない。」、「継子と実子を同じように愛さなければならない。」、「現在の家庭を受け入れなければならない。」などと考えて自分を追い込まないことも大切です。

血のつながりのない子どもに愛情を注げず、実子と区別してしまうのは、生き物として自然なことで、おかしなことではありません。

過去の家庭と現在の家庭を比較するのは、卑近な例ではありますが、前職と現職、元カレと今カレを比較するのと同じで、ごく自然なことです。

「しなければならない」という考え方は自分を縛り、知らないうちに追い詰めてしまいます。

何事も「してみようかな。」、「した方が良いかな。」程度に考え、どうしても「しなければならない」と思うことがある場合は、パートナーや周囲の人に相談して一緒に悩みましょう。

まとめ

ステップファミリーは、家族の多様化が進むにつれて今後も増えていくと予測されています。

課題はたくさんありますが、深刻に考えすぎず、パートナーと協力しながら「うまくいかない」を一つひとつ解決していくことが大切です。