読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

スマ放置(スマホ放置)とは?子供にスマホを与えて放置するデメリットは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スマホ育児という言葉が登場し、子供への悪影響が浸透してからそれほど時間は経っていませんが、新たに育児とスマホに関する言葉が登場しました。

スマ放置です。

何となく「スマホ」と「放置」をミックスしているのは分かるでしょうか。

スマ放置は、とても新しい言葉なので、聞いたことがない人や、意味が分からない人が多いでしょう。

しかし、スマホ育児が注目を集める中、今後、スマホを育児で使用することの負の側面を表す言葉として浸透していくことが予想されるため、紹介することにしました。

この記事では、スマ放置の概要とデメリットについて紹介します。

スマ放置とは

スマ放置とは、「スマホ」と「放置」を足した造語で、スマートフォンを子供に遊び道具として与えて、パパママは自分の時間を得ることです。

子育てにスマホを活用することについては、以前から「スマホ育児」として問題視されていましたが、平成28年11月13日、毎日新聞が「〈子育て〉自分の時間ほしい”スマ放置ママ”6割」という記事で、「子どもにスマートフォンで遊ばせて放置すること」を「スマ放置」と名づけました。

ネット調査の結果(スマホを使った子育てに対するママの認識)

この記事では、4~8歳の第1子を子育て中の全国のママを対象に、「スマホを使った子育て」について、ネット調査を行った結果が公表されています。

  • 調査対象:日本全国の20~49歳のママ800人
  • 調査方法:ネットによるアンケート
  • 調査日時:10月14日~16日の3日間

結果によると、「あなたは、子供に親のスマホで遊ばせたことがありますか?」という質問に、63.3%のママが「ある」と答えています。

遊ばせた理由で一番多かったのは、「自分の時間を確保するため」が73.3%、移動中が49.0%、ごほうびが23.7%と続きます。

また、「ある」と答えたママのうち、「子供に親のスマホで遊ばせることは、良くないことだと思いますか?」という質問に、「良くないことだと思う」と答えたママが19.2%、「あまり良くないことだと思う」と答えたママが57.1%いたと回答しています。

良くない理由としては、子供らしい遊びではないが61.7%、まだ早いが46.4%、不適切なサイトへアクセスするリスクがあるが21.0%となっています。

つまり、スマ放置の経験があるママの過半数が、スマ放置を「良くないこと」だと認識しつつ実践していることになります。

スマ放置のメリット

パパママがスマ放置を実践するのは、パパママにとってメリットがあるからです。

スマ放置の最大の特徴は、「子供がスマホに夢中になり、一人で遊んでいてくれること」です。

子供がスマホに夢中になることで、パパママにとっては、次のようなメリットが生まれます。

  • 子供にかまわなくてよい(自分の時間が持てる)
  • 子供をあやす手間が省ける
  • 子供の教育(知育)が手軽に実践できる
  • 無駄な荷物が減る

スマ放置のメリット:子供にかまわなくてよい(自分の時間が持てる)

スマホは、音楽、ゲーム、漫画、動画など子供が大好きなものが詰め込まれている上に、子供でも指先一つで簡単に操作することができます。

子供にスマホを手渡すと、他のことはそっちのけで夢中になるので、パパママは子供にかまわず、家事でも趣味でも自分の好きなことができるようになります。

スマ放置のメリット:子供をあやす手間が省ける

子供が電車やバスの中でぐずったり、お店でおもちゃやお菓子を買ってほしいと駄々をこねたりした時でも、スマホを渡すとすぐに熱中し、機嫌を直してくれます。

低年齢の子が何となく気分が悪くてぐずっている時でも、スマホを渡せば一瞬で機嫌が直ります。

スマ放置のメリット:子供の教育(知育)が手軽に実践できる

スマホが普及するのに伴って、知育アプリ、英語アプリ、計算アプリ、しつけアプリなど、子育てに関するアプリが無数に開発、販売されるようになってきました。

そのため、たいそうな知育玩具や知育教材を買い与えなくても、スマホ一つで子供の教育(知育)を手軽に実践できるのです。

ただスマホを手渡すことには抵抗感のあるパパママも、「お勉強させているんだから。」という言い訳が立つので気が楽になります。

スマ放置のメリット:無駄な荷物が減る

子供と遊びに出かける時は、外出先で子供が飽きてぐずらないように、あれこれおもちゃなどを持っていくことが多いものですが、スマホがあればそうした荷物も減らすことができます。

スマ放置のデメリット

スマ放置は、パパママからするとメリットが多いのでついやってしまいがちですが、子供の成長発達にとってはデメリットがたくさんあります。

  • 子供がスマホ依存・スマホ中毒になる
  • 興味関心が限定的になる
  • コミュニケーション能力が育まれない
  • 視力が低下する
  • 睡眠が浅くなる
  • 電磁波が身体に影響を与える

スマ放置のデメリット:子供がスマホ依存・スマホ中毒になる

子供は、大人に比べると、目の前の欲求に対する抑制が効きにくいので、一旦スマホに熱中すると四六時中遊び続け、あっという間にスマホ依存・スマホ中毒に陥ります。

スマホを持っていないと不安定になり、スマホを取り上げると癇癪を起こし、食べるのも寝るのも忘れてひたすらスマホで遊び続けます。

また、一度、スマホ依存・スマホ中毒になると、大人以上に治療への動機づけが難しく、治療期間も長引く傾向があります。

スマ放置のデメリット:興味関心が限定的になる

本来、子供は、自分の周囲に飽くなき興味関心を抱き、あれこれチャレンジしながら成長していくものです。

しかし、スマホは、簡単な操作で子供が思い通りに操作でき、次々に新しい刺激が飛び出してくるので、子供の興味関心がスマホに集中してしまい、スマホ以外のことへの興味をなくしてしまいます。

スマ放置のデメリット:コミュニケーション能力が育まれない

子供は、親や周囲の人と関わる中でコミュニケーション能力を育んでいくものです。

しかし、スマホで遊んで費やした分だけ人と関わる時間が減ってしまい、コミュニケーション能力を育む機会を失ってしまいます。

コミュニケーション能力が身につかないと、思うように他人と交流できずますますスマホにのめりこむことも少なくありません。

スマ放置のデメリット:視力が低下する

スマホの画面からは、目の網膜や角膜を傷つけると言われているブルーライトが出ており、ジッと凝視して操作を続けていると視力が低下します。

大人の場合、スマホ利用のルールを決めたり、疲れたら休憩したりできますが、子供の場合は際限なく遊び続けてしまうため、大人よりも急速に視力が低下する傾向があります。

スマ放置のデメリット:睡眠が浅くなる

寝る前にスマホを操作すると眠りが浅くなることが分かっています。

子供の場合、寝ている間に成長ホルモンがたくさん分泌されているので、眠りが浅い期間が続くと、生活リズムが乱れた上に、身体の成長発達にも悪影響が及ぶリスクがあります。

スマ放置のデメリット:電磁波が身体に影響を与える

スマホは、他の電子機器と同じで電磁波を出しています。

短期間であれば人体に害が出ない程度のものですが、スマホに依存して長期間手放さない状態が継続すると、身体の成長発達に影響が出てくる可能性があります。

まとめ

スマ放置について紹介しました。

パパママにとってはメリットが多いスマ放置ですが、子供にとってはデメリットがとても多いので、くれぐれも注意してください。

ただし、スマホや子育てアプリがこれだけ普及した状況では、スマホ育児を一切行わない家庭というのはむしろ珍しいでしょう。

そのため、スマホを育児に活用することまで否定する必要はなく、子供への影響を考えながら慎重にスマホの活用方法を選んでいくことが大切になります。