知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

幼児期(1~6歳)の子供の成長(できること)一覧!一人立ち、2語文は何歳から?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知育を始める時は、子供の成長発達に応じた方法を選ぶこと」がとても大切です。

例えば、3歳児にオルゴールメリー(0歳児用の知育玩具)を渡してもすぐ飽きてしまいますし、知育効果は得られません。

また、1歳児に人生ゲームで遊ばせようとしても、遊び方すら理解できないでしょう。

子供が知育に興味を持って楽しんで取り組めるようにするには、パパママが子供の成長発達経過を把握して、適切な時期に適切な内容を選んであげる必要があるのです。

前記事では、0歳の赤ちゃんの成長発達経過を一覧にまとめました。

この記事では、幼児期(1~6歳)の子供の成長発達経過をまとめて紹介します。

子供の成長発達は個人差がとても大きいものです。

そのため、この記事では、「ある行動について、半数以上の子供ができるようになる年齢・月齢」を記載しています。

生後1歳0ヶ月~

  • 一人で2,3歩歩く
  • 片手をかけてよじ登る
  • 積み木を2段積む
  • 気になる物や取ってほしい物を指差しする

関連記事

www.chiikunote.com

生後1歳3ヶ月~

  • 片手をかけて降りる
  • 積み木を3段積む
  • くぼみにブロックをはめようとする
  • 丸いブロックをクルクル回したり、転がしたりする(ガムテープなど同じ形状の物でも同じことをする)
  • 物の動きを予期して追視する
  • 単語を3つくらい覚える

生後1歳6ヶ月~

  • 手すりを持って、段差を登ったり降りたりする
  • 積み木を5段積む
  • 〇、△を区別する
  • くぼみにブロックをはめる
  • パパママが〇を描くと、真似して描く
  • 大きさの違うカップを3つ重ねる

生後1歳9ヶ月~

  • 両足を使って跳ねる
  • 積み木を6段積む
  • 〇、△、▢を区別する
  • 絵の名前を理解できるようになる(動物、乗り物、おもちゃなど)

生後2歳0ヶ月~

  • 段差を飛び降りる
  • 走る
  • 積み木を8段積む
  • パパママの真似をして、横向きの線を描く
  • パパママが言った数字2つを復唱する
  • 生後1歳9ヶ月頃よりも絵の名前を理解できる
  • 他人の表情を理解できるようになる
  • 自己主張が強くなり、パパママの言うことに反抗することが多くなる(イヤイヤ期)

関連記事

akachancare.com

生後2歳3ヶ月~

  • 〇、△、▢、長方形を区別する
  • 折り紙を真ん中で半分に折る
  • パパママの真似をして、縦向きの線を描く
  • 大きさの違うカップを5つ重ねる
  • 大きい、小さいの区別がつき始める

生後2歳6ヶ月~

  • 足を交互に出して昇り降りする
  • 折り紙を真ん中で半分に折り、さらにもう一度折る
  • 2語文、3語文を話し始める(言葉の爆発期)
  • パパママの真似をして、縦横の線や円を描く
  • パパママが言った数字3つを復唱する
  • 長い、短いの区別がつき始める
  • 絵の名前が分かるようになる(メガネ、鉛筆、イスなどの日用品)
  • 3原色(青、赤、黄)と緑のうち3つ以上が分かる
  • 自分の名前と名字が分かる
  • 自分の年齢が分かる
  • 他人の表情への理解が進む

関連記事

akachancare.com

生後3歳0ヶ月~

  • ケンケンできるようになる
  • 折り紙を対角線上に折る
  • 〇、△、▢、長方形、楕円形、台形などを区別する
  • 2つの物の軽いと重いの区別がつくようになる
  • パパママが言った短文(主語+述語など)を復唱する
  • 男の子と女の子を区別する

生後3歳6ヶ月~

  • 人の絵を描く時、目、髪、耳、首、眉毛、手、腕、足、脚のうち3つ以上描く
  • 3つの物の重さを区別できる
  • パパママが言った4つの数を復唱できる
  • 3原色(青、赤、黄)と緑を区別する

生後4歳0ヶ月~

  • 正方形を模写できるようになる
  • 右手か左手の指の数を数えられる
  • 右と左を区別する

生後4歳6ヶ月~

  • 人の絵を描く時、目、髪、耳、首、眉毛、手、腕、足、脚のうち6つ以上描く
  • 左右の指の数を数えられる
  • 1~5までの足し算ができる(3問中1~2問正解)

生後5歳0ヶ月~

三角形を模写できるようになる

1~5までの足し算ができる(3問正解)

硬貨の名前を区別する(1円、5円、10円、50円、100円、500円のうち3つ以上)

生後5歳6ヶ月~

  • 人の絵を描く時、目、髪、耳、首、眉毛、手、腕、足、脚のうち8つ以上描く
  • 左右を完ぺきに区別する

生後6歳0ヶ月~

  • 5つの数を復唱する
  • 絵(家、舟など)について説明できる

生後6歳6ヶ月~

  • ひし形を模写できるようになる
  • パパママが言った文章(主語、述語、目的語、補語などが混ざったもの)を復唱する
  • 数字を逆唱できる(15~20から逆唱)
  • 年月日と曜日のうち3つ以上答えられる

まとめ

幼児期の成長発達経過を一覧形式でまとめてみました。

こうしてみると、子供は、大人が日常生活で当たり前にできていることを一つずつ時間をかけて獲得していくことが分かるでしょう。

知育を始めるのに最も効果的な時期は、子供がある行動を獲得する前後です。

例えば、数字2つを復唱できるようになる生後2歳前後には、パパママが意識して数字を口にしたり、赤ちゃんの興味を身近にある数字に向けさせたりすると良いでしょう。

また、ケンケンを始める生後3歳前後には、パパママがケンケンして見せてあげることで、子供は真似をしながら身体の動かし方を獲得していきます。

子供がある行動を獲得する少し前から知育に取り組ませることも効果的な場合が多いですが、子供が興味を示さない場合は無理強いせず、子供が自発的に取り組むのを待ってあげましょう。

関連記事

www.chiikunote.com

www.chiikunote.com