読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

幼児教育とは?大切な理由と、幼児教育を行うためのポイントは?

知育 知育-幼児教育

スポンサーリンク

スポンサーリンク

幼児期の子供は、知的・情緒的に急速な発達を遂げ、社会性もグングン伸びていくものです。

そのため、この時期に様々な経験を積ませてあげることが、子供がその後の人生で必要になる能力を開花・維持・向上させるためにとても重要と言えます。

しかし、子供が自分一人で経験できることはごく限られており、パパママや身近な大人が意識的に子供の教育に関わってあげることが欠かせません。

この記事では、幼児教育の概要と、幼児教育が大切な理由、幼児教育を行う上で大切なポイントについて紹介します。

幼児教育とは

幼児教育とは、幼児を対象とした教育のことです。

幼児教育の「教育」には、学力を伸ばすためのお勉強だけではなく、家庭におけるしつけや注意、保育園や幼稚園で受ける教育、習い事など、生活場面全般における子供への関わりが含まれています。

なお、幼児とは、通常は乳児期以降から学童期までの概ね1~6歳の子供のことですが、幼児教育における幼児には、乳児期の赤ちゃんが含まれることがあります。

例えば、幼児教育として有名な七田チャイルドアカデミーでは、「0歳からの幼児教育」などのプログラムが用意されています。

幼児教育はなぜ大切か

人は、生まれてから死ぬまで学び続ける生き物だと言われています。

中でも乳幼児期は、人生の中で一番たくさんの刺激を受け、それを柔軟に吸収できる時期なので、この時期に適切な教育を受けることが大切だと考えられています。

また、乳幼児期に得た経験や知識は、より高度な教育を受けるための基礎・土台となるものなので、乳幼児期に適切な教育を受けられずにいると、その後にいくら教育を受けさせても、教育効果が十分に上がらない傾向があります。

さらに、人には「あることを学習するのに適した時期」があり、幼児期に学習しておかないと、その後、身につけにくいことも少なくありません。

例えば、基本的信頼感は、生後1歳頃までに形成されないと、その後、形成するのは難しいと考えられています。

関連記事

www.chiikunote.com

幼児教育のポイント

幼児教育で大切なポイントについて紹介します。

お勉強は効果が限定的

「幼児教育ってどんなものだと思いますか。」と聞くと、「英語を習わせる。」、「文字の読み書きを教える。」、「足し算と引き算を覚えさせる。」などと答えるパパママがほとんどです。

実際、多くのパパママが家庭で小さい子供に平仮名や英語の読み書き、計算を教えているようです。

しかし、文字の読み書きをはじめとするいわゆる「お勉強」は、幼児期に始めても効果は限定的だと考えられています。

確かに、幼児期のうちに習えば、周りの子より早く読み書きできるようになります。

しかし、小学校入学前後には周りの子供も読み書きを覚えますし、小学校入学前後に始める方が、読み書きを身につけるまでの期間が格段に短くて済みます。

幼児教育で大切なこと

幼児教育で大切なことは、次のとおりです。

  • 親子の交流とスキンシップ
  • 好きに遊ばせる
  • 認めてあげる
  • スポーツや音楽を取り入れる
  • 語彙力と考える力を育む
  • 失敗や間違いを責めない
親子の交流とスキンシップ

パパママとのスキンシップは、子供に安心感を与えます。

子供は、安心感が得られることで、少しずつ周囲に興味関心を持ち、積極的に関わっていくようになります。

また、子供の五感を刺激して脳の発達を促す効果もあります。

好きに遊ばせる

子供は、好奇心のかたまりで、良いことや悪いこと、安全なことや危険なことなんて考えず、やりたいことをやりたいようにするものです。

ティッシュを箱から全部出したり、障子に穴を開けたり、新聞をびりびりに破ったりなど、幼児期の子供の行動の中には、パパママからすると「いたずら」にしか見えないものも少なくないでしょう。

しかし、いたずらは、子供にとっては周囲に働きかける実験で、見知らぬことに立ち向かう冒険です。

いたずらを繰り返すことで経験を蓄積しますし、パパママのしつけによって良い子と悪いことなどの区別も付けられるようになっていきます。

子供の行動を過度に制限したり、頭ごなしに怒ったりすると、子供は恐怖から好奇心を押し殺してしまい、パパママの顔色ばかり見て、自分では何もできなくなってしまうリスクがあるので、控えましょう。

認めてあげる

褒めずに怒ってばかりいると、子供は「ダメな子なんだ。」、「どうせ何をやっても怒られるんだ。」という思いを強め、何事もやる気をなくしてしまいます。

危険もしくは他人に迷惑をかけること以外は、子供の意見や希望を認めて自由にさせてあげることで、子供は「大切にされている。」、「認めてくれている。」と感じ、自己肯定感を高めていくことができます。

自己肯定感が高まることで、より色々なことに主体的にチャレンジするようになりますし、失敗してもくじけない心を身につけていけるものです。

関連記事

www.chiikunote.com

ちなみに、子供は生後2歳頃になるとイヤイヤ期に突入します。

イヤイヤ期とは、パパママの言うことにとにかく反抗する時期のことです。

ご飯を食べるのもイヤ、お風呂に入るのもイヤ、着替えるのもイヤ、とにかくイヤイヤづくしの時期です。

パパママとしては、ついイライラして怒ってしまいやすい時期ですが、反抗するのは自分の意思をしっかり持てるようになった証なので、できるだけ子供の気持ちを認めてあげましょう。

関連記事

akachancare.com

スポーツや音楽を取り入れる

スポーツ、ダンス、音楽などを習わせることで、子供の好奇心の幅がグッと広がり、バランス感覚や運動能力、リズム感なども身についていきますし、脳の発達にもつながります。

幼児期は、頭であれこれ考えるよりも、身体を動かしたり五感をフル活用したりすることでたくさんの経験を積み重ねていくものなので、スポーツや音楽は特に効果的と言えます。

関連記事

www.chiikunote.com

語彙力と考える力を育む

子供の語彙力と考える力は、親子のコミュニケーションが基礎・土台になります。

たくさん話すことで、自然に言葉を覚えさせることができますし、子供の疑問質問にすぐ答えを教えず、一緒に考える姿勢を持つことで、子供の考える力を引き出すことができます。

失敗や間違いを責めない

失敗や間違いに対して、パパママがため息をついたり、間違いを指摘したりすると、子供は自信を無くしてしまい、何事にもやる気をなくしてしまいます。

幼児教育は、正解したり高い得点を出したりすることよりも、子供の自発性や好奇心を引き出してたくさんの経験を積ませることが大切なので、ありのままの子供を受け入れてあげましょう。

まとめ

日本では、幼児期の子供の7割以上が何らかの習い事をしているというアンケート結果もあり、幼児教育への関心の高さが見て取れます。

実際、幼児教育の効果は各方面で実証されており、今後もより活性化していくことが予想されます。

子供の性格や行動傾向を見ながら、子供に合った幼児教育を始めてみてはどうでしょうか。