読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

幼児教育&知育スクールのおすすめ3つ!特徴、カリキュラム、費用は?

知育 知育-幼児教育

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知育や幼児教育に関心を持っているものの、具体的な方法や内容が分からず足踏みしているパパママは少なくありません。

この記事では、幼児教育&知育スクールのうち七田チャイルドアカデミー、リトミック教室、めばえ教室の3つを紹介します。

七田チャイルドアカデミー

七田チャイルドアカデミーは、右脳教育で有名な教育研究家の七田眞が提唱した「七田式教育」を教える教室です。

日本全国だけでなく、アメリカやアジア諸国にも展開している、日本を代表する幼児教育&知育スクールです。

七田チャイルドアカデミーの特徴

七田チャイルドアカデミーでは、脳の右半球(右脳:直感的な働きをする)と左半球(左脳:論理的な思考をする)をバランスよく発達させることを目指しています。

また、子供だけでなくパパママも一緒に成長することを目指しているため、基本的には親子で教室を受講することになります。

七田チャイルドアカデミーのカリキュラム

七田チャイルドアカデミーのカリキュラムは、0~1歳クラス、2~3歳クラス、4~5歳クラス、6歳クラスの4つに分類されています。

0~1歳クラス
  • レッスンの始めと終わりに、パパママが子供をギュッと抱きしめ、楽しい時間を親子で共有し、親子の一体感を育む
  • フラッシュカード(数字、漢字、物や動物の名前を書いたカードを子供の目の前で素早くめくっていく方法)を用いて、たくさんの情報を素早くインプットさせることで、右脳の発達を促す
  • 教材を用いて指先の器用さを鍛える
2~3歳クラス
  • フラッシュカード、瞬間記憶(一目見た物を記憶・再現する練習)、想像遊び(ままごとやごっこ遊びなど)で右脳の発達を促す
  • 左脳の活性化に合わせて、感じたことを言葉に落とし込む練習を繰り返し、右脳のイメージを左脳の表現につなげていく
  • 言葉の爆発期に合わせて、大量の情報を素早くインプットさせつつ、パパママの話しかけや絵本の読み聞かせなどを行って言葉の発達を促す

関連記事

akachancare.com

4~5歳クラス
  • 七田式教育オリジナルの記憶法を学習・活用し、大量の情報を記憶する練習を繰り返す
  • 俳句、詩、絵本などの暗唱を繰り返し、記憶力や言葉の感性(リズム感や響き、イントネーションなど)を学習する
  • 気持ちを相手に伝える、ある物事について自分で考えて言葉や文字で表現する練習を繰り返す
6歳クラス
  • 想像したことや感じたことを文章や絵で表現する練習を繰り返す
  • 記憶法を活用して円周率などを記憶し、発表する
  • 小学校入学を見据えて、これまで学んできたことを復習する

七田チャイルドアカデミーの基本情報

  • 対象年齢:生後0~6歳(小学生コースを実施している教室もある)
  • 初期費用:15,000~25,000円
  • 月々の費用:15,000~25,000円(受講料+教室維持費+教材費)
  • スクールの数:日本に450教室、アメリカやアジア諸国にも教室がある

リトミック教室(ベビーリトミック・幼児リトミック)

リトミック(rhythmics)とは、音楽を使って子供の情操、音感、言語、数、感覚などを育む知育・教育法です。

スイスの音楽教育家・作曲家エミール・ジャック=ダルクローズが考案したもので、確立された指導理論に基づいて実践されます。

ただし、リトミック教室と銘打ちながら、ダンスやエクササイズを教えるだけの教室がたくさんあります。

きちんとしたリトミックを習わせたい場合は、リトミック研究センターが主催するリトミック教室がおすすめです。

リトミック教室の特徴

リトミックでは、音楽を使って身体を動かしながら色々な教育を行います。

例えば、音楽を聴いた感想を身体で表現させたり、音の長さを聞き分けさせたり、リズムに合わせて言葉や数を言わせたりします。

また、子供が安心して楽しみながらリトミックに取り組めるよう、3歳頃までは親子で参加することが推奨されています。

子供が4歳頃になると、同じ教室の子供と協力・強調しながらカリキュラムをこなしていくことになります。

リトミック教室のカリキュラム

リトミック研究センターが主催するリトミック教室のカリキュラムは、生後1歳6ヶ月から生後5歳までを対象としています。

1歳6ヶ月クラス
  • パパママと一緒に音楽に合わせて身体を動かし、運動能力やバランス感覚、リズム感を養う
  • 音楽を聴いて感じたことを絵などで表現し、感受性や表現力を養う
2歳クラス
  • 音楽を聴いて感性を育む
  • テンポの違う音楽を聞いてリズム感を養う
3歳クラス
  • 音楽のリズムに合わせて言葉を発したり、会話のリズムをつかんだり、語彙を増やしたりする
  • リズムに合わせて数を数え、数の概念を学習する
4歳クラス
  • ピッチ(音の高さ)とリズムを左右の手で表現し、想像力、表現力、主体性を育む
  • 身体のバランス感覚を育む
5歳クラス
  • 楽譜を書いて歌ったり、ピッチやリズムを覚えて発表したりすることで表現力や主体性を養う
  • レッスンを友達と協力しながら進めることで協調性や共感性を養う

リトミック教室の基本情報

  • 対象年齢:生後1歳6ヶ月~5歳(教室によっては0歳児を受け入れるところもある)
  • 初期費用:約1万円
  • 月々の費用:約8000円(受講料+会費+教材費)
  • スクールの数:約1200教室

めばえ教室

めばえ教室とは、昭和48年に設立された幼児教育を行う教室です。

物事を自分の頭で考える経験や、講師から受容的な関わりを得たり認めてもらったりすることを通して、子供のやる気を引き出すことを目指します。

めばえ教室の特徴

保育士、幼稚園教諭、小学校教諭など子供の教育に資格を持ち、知能教育に関する研修を修了した講師が教室を受け持ちます。

子供が成長発達段階や興味関心に応じた遊びをバランスよく体験できるよう、カリキュラムが工夫されています。

また、独自の教材を多数採用している上、子油剤を自由に持ち帰ることができるので、家庭内でも教室と同じような幼児教育を楽しめます。

めばえ教室のカリキュラム

めばえ教室のカリキュラムは、1~2歳(にこっとクラブ)、2~3歳(プレめばえコース)、3~4歳(めばえコース)、4~5歳(ふたばコース)、5~7歳(わかばコース)、6~8歳(あおばコース)、あおば修了生(きらめきコース)の7つに分類されています。

1~2歳(にこっとクラブ)
  • 自由遊び:教室内でパパママと一緒に自由に遊ぶ
  • 教材:ヒモ通しなどの教材を使って、手先を使った遊びをする
  • リズム遊び:音楽に合わせて身体を動かす
  • 絵本:パパママのひざの上に座り、絵本を見る
2~3歳(プレめばえコース)
  • 自由遊び
  • ごっこ遊び:ごっこ遊びにより、コミュニケーション能力を養う
  • 教材:ピラミッドなどの教材を使って、言葉、色、形などを認識させる
3~4歳(めばえコース)
  • 自由遊び
  • 教材:しりとり、形や色を書いたカードなどを使い、言葉、色、形などを認識させる
4~5歳(ふたばコース)
  • 自由遊び
  • 教材:文字カードで言葉を作って遊んだり、足し算や引き算を学習したりする
5~7歳(わかばコース)
  • 自由遊び
  • ゲーム:教室内のみんなで楽しみながら、ルールを守ったり、他人の考えを理解したりする力を養う。
  • 話しの矛盾を発見させる:ありえない話を聞かせて、子供に矛盾点を指摘させることにより、理解力や表現力を養う
6~8歳(あおばコース)
  • 自由遊び
  • 教材:きょうりゅう算数などを使用して、論理的思考力の基礎を固める
あおば修了生(きらめきコース)
  • 自由遊び
  • 教材:積み木パズルや算数に関する教材を使用し、創造性や論理的思考を高めていく

めばえ教室の基本情報

対象年齢:1歳~8歳

初期費用:0~5,000円

月々の費用:6,090円

スクールの数:約260教室

まとめ

幼児教育を選ぶ時は、赤ちゃんの発達段階や、性格行動傾向をしっかり見極めることが大切です。

なお、幼児教育スクールは他にもたくさんあるので、随時、記事にする予定です。