エリクソンの発達段階と発達課題!老年期・壮年期・青年期など8つの年齢区分ごとに解説

「エリクソンのライフサイクル理論(心理社会的発達段階理論)」における8つの発達段階(乳児期、幼児期前期、幼児期後期、児童期、青年期、成人期、壮年期、老年期)と発達課題について、臨床心理士が分かりやすく解説しています。