知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

赤ちゃんの鵞口瘡(口腔カンジダ症)の原因は?痛いときは病院?薬で治療?

乳児期の赤ちゃんは、大人より免疫力が弱くて病気にかかりやすいものです。

鵞口瘡(口腔カンジダ症)も、乳児期にかかりやすい病気の一つです。

聞きなれない名前ですが、「赤ちゃんの口の中や舌が白くなる病気」と言えば、「あ!あれが鵞口瘡(口腔カンジダ症)なんだ」と思い当たる人もいるでしょう。

この記事では、乳児期の赤ちゃんがかかりやすい鵞口瘡(口腔カンジダ症)の原因と症状、治療法について紹介します。

鵞口瘡(口腔カンジダ症)とは

鵞口瘡とは、口内に白いコケのような斑点ができる病気です。

口腔カンジダ症とも呼ばれます。

幼児期以降に見られることもありますが、乳児期の赤ちゃんに多い病気です。

鵞口瘡(口腔カンジダ症)の原因

鵞口瘡(口腔カンジダ症)の原因は、赤ちゃんの口の中にカンジダというカビが入り込み、増殖・感染することです。

主な感染経路は2つです。

  • 出産時に感染(お母さんがカンジダに感染していて、赤ちゃんが産道を通るときに感染する)
  • 授乳時に感染(哺乳瓶、おっぱい、手や指などにカンジダが付着しており、赤ちゃんがそれらを口に入れることで感染する)

鵞口瘡(口腔カンジダ症)の症状

鵞口瘡(口腔カンジダ症)を発症すると、口内の粘膜や舌などに白い斑点ができます。

斑点はボロボロしたチーズのような状態で、頬の内側や歯茎に症状が出ることもあります。

斑点は母乳やミルクのカスに似ていますが、拭き取ろうとしてもなかなか取れません。

無理にはがすと出血し、傷口が膿んで炎症を起こして、二次感染を引き起こすリスクがあります。

無症状のことが多いですが、まれに口内の痛みを伴い、赤ちゃんが母乳やミルクを飲もうとしなくなることもあります。

なお、鵞口瘡(口腔カンジダ症)の主な症状は口内に現れますが、カンジダを飲み込んで便として排泄され、おむつかぶれを引き起こす場合があります。

鵞口瘡(口腔カンジダ症)の予防・治療

鵞口瘡(口腔カンジダ症)の原因であるカンジダに感染するのは、①出産時と②授乳時が大半です。

まずは、感染の予防を試み、それでも感染した場合に治療を受けさせることになります。

鵞口瘡(口腔カンジダ症)の予防

出産時と授乳時に分けて予防法をみていきます。

出産時の予防

妊娠後期に、次の症状がみられる場合は、カンジダ感染を疑って診察を受け、感染が確認されれば治療を受けることになります。

  • 外陰部が痛み、赤く腫れている
  • おりものの量、状態、においなどが普段とは違う
  • 白くてボロボロとしたおりものが出る

現在、多くの産婦人科で、妊娠後期にカンジダ感染を検査していますが、個人病院や助産院などでは実施されていないこともあります。

あらかじめ、検査の有無について確認しておきましょう。

授乳時の予防

赤ちゃんが口にする可能性がある物を清潔に保つことが、一番の予防です。

  • お母さんの乳首や哺乳瓶の乳首は、授乳の前後にガーゼなどで拭く
  • 哺乳瓶、離乳食用の調理器具や食器は、使用するたびに煮沸消毒する
  • 赤ちゃんの手足をこまめに洗う
  • 赤ちゃんが食べたり舐めたりするおもちゃを清潔に保つ

鵞口瘡(口腔カンジダ症)の治療

鵞口瘡(口腔カンジダ症)は、無症状の場合が多いため、経過観察して自然に治癒するのを待つのが基本です。

赤ちゃんの口内をこまめに洗い、口に入れそうな物を清潔に保っていれば、一週間程度で症状が治まっていきます。

白い範囲が広がって不安な場合は、一度受診しても良いでしょう。

また、炎症がひどい場合や二次感染が見られる場合、赤ちゃんが痛がる場合は、受診が必要になります。

鵞口瘡(口腔カンジダ症)の治療は、医師から処方されたシロップを綿棒にしみこませ、症状が出ている部分に塗るのが一般的です。

シロップを塗れば、数日で症状が改善しますが、口内環境が荒れるとすぐ再発するので注意が必要です。

まとめ

鵞口瘡(口腔カンジダ症)は、赤ちゃんがかかりやすい口腔内の病気の一つです。

赤ちゃんは、大人と比べて口腔環境の悪化が重い病気に直結するリスクが高いので、注意が必要です。

まずは、お母さんが鵞口瘡にかからないようにすること、そして、赤ちゃんが生まれた後は、赤ちゃんが口にする可能性がある物を清潔に保つことが大切になります。

いずれも基本的なことですが、妊娠中や出産後は赤ちゃんのお世話や自分自身の体調のことで余裕がなく、つい忘れてしまうこともあります。

大切なのは、一人で何でも抱え込まないことです。

最近はワンオペ育児という言葉が問題になっていますが、赤ちゃんの子育ては一人で上手にこなせるものではありません。

夫はもちろん、できるだけ多くの人の手を借りて、赤ちゃんが健康を保ち、健全に成長できるような環境を整えてあげましょう。

また、赤ちゃんが鵞口瘡を発症しても、あなたの責任だと思う必要はありません。

責任を感じて落ち込むくらいなら、早めに赤ちゃんを病院へつれて行き、適切な治療を受けさせてあげましょう。

そして、他の病気も含めて再発を防ぐために、夫婦で赤ちゃんの健康管理について話し合ってください。