知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

ハロー効果とは?具体例は?ハロー効果の逆はピグマリオン効果?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

例えば、ある分野の有名な専門家が発言すると、たとえ専門外のことであってももっともらしく聞こえることがあります。

これがハロー効果です。

ハロー効果は、社会心理学で研究されている現象の一つで、私たちの日常生活においても頻繁に確認することができるものです。

この記事では、ハロー効果の概要と具体例、ハロー効果と混同されやすい現象について紹介します。

ハロー効果とは

ハロー効果とは、ある対象を評価する際に、その対象が持っているひときわ目立つ特徴に引きずられ、評価が歪められてしまう現象です。

いわゆるバイアス(偏り、歪み)の一つです。

バイアスというと、対象をネガティブに捉えるイメージを持たれがちです。

しかし、ハロー効果は、対象の悪い特徴から評価を悪くゆがめることもあれば、優れた特徴から評価を良い方に歪めることもあります。

英語では「halo effect」と表記し、日本では「ハロー効果」、「ハローエフェクト」、「ハローエラー」、「光背効果」、「後光効果」などと訳されています。

haloとは、キリスト教関係の絵画などにおいて聖人の頭部周辺や上方に描かれている後光のことです。

心理学者のエドワード・ソーンダイクが1920年に発表した論文で初めて登場し、その後も研究が重ねられてきました。

関連記事

www.chiikunote.com

日本におけるハロー効果を表す言葉

日本においては、ハロー効果を表す諺(ことわざ)がいくつもあります。

  • あばたもえくぼ:好意を抱く相手のあばた(痘痕)はえくぼのように見えることから、一般的に良くないものでも、好きになると良く見えること
  • 坊主憎けりゃ袈裟まで憎い:ある対象が憎くなると、それに関するすべてが憎く感じられること

いずれも対象の客観的な特徴が歪められていることをよく表現しています。

ハロー効果の原因

ハロー効果が起こるのは、無数の情報に囲まれた状況で迅速に判断するためです。

一瞬の判断が生死を分ける時代に獲得された能力が遺伝したという説もありますが、現代においても、ある対象について逐一無数の情報を精査して判断していては日常生活が成り立ちません。

そのため、私たちは、日常生活のいたるところで、無意識のうちにハロー効果を使っています。

ハロー効果の具体例

ハロー効果には、対象の良い特徴を捉えて良い方向に歪めて評価するポジティブハロー効果と、悪い特徴を捉えて悪い方向に歪めて評価するネガティブハロー効果があります。

いずれも、ある対象を客観的な評価よりも高くまたは低く評価してしまいます。

それぞれについて、例を見てみましょう。

ポジティブハロー効果の具体例

例えば、東大卒の大企業のサラリーマンという情報から「頭脳明晰で会社でもバリバリ活躍しているに違いない。」、帰国子女だと聞いて「英語がペラペラで容姿端麗だろう。」などと判断することがあります。

実際は、仕事ができずプライドだけ高くて社内で浮いた存在であったり、英語が一切しゃべれなかったりすることも多いのですが、一部の情報だけでポジティブに評価されてしまうのです。

また、有名な芸能人をCMに起用することで商品の売り上げが伸びたり、会員登録者数が増えたりするのもポジティブハロー効果の影響です。

つまり、実際の効果などに関係なく、CMを見た人が勝手に「有名な芸能人がCMに出ているから良い商品(良いサイト)なんだろう。」と判断するわけです。

ネガティブハロー効果の具体例

例えば、中卒で契約社員という情報から「頭が悪くて、会社でも小間使いにされているんだろう。」と判断することがあります。

実際は、会社の重要な仕事を任されてバリバリ活躍し、正社員になることが予定されていたとしても、肩書からネガティブに評価されてしまうのです。

「大人しそうだから友達は少ないに違いない。」、「まじめそうだからガリ勉に違いない。」などと、他人の外見だけからその人の性格や人間関係などをネガティブに評価してしまうのも、ネガティブハロー効果です。

その人のことを知らないのに、外見という限定的な情報だけから、さも全て分かっているかのように評価してしまうわけです。

子どもに対するハロー効果

私たちは、日常生活のいたるところで意識せずハロー効果によって対象を評価しており、自分の子どもについても例外ではありません。

例えば、学校から「お子さんが同級生の物を盗んだ。」という連絡が入り、事実確認もせず「うちの子に限ってそんなことをするはずがない。」とかばったり、「以前万引きをしたことがあるから、うちの子に違いない。」と決めつけたりすることがあります。

また、「普段ゲームばかりしているから、テストの点数や成績は悪いに違いない。」、「運動は嫌いだから、運動会では活躍できないだろう。」などと勝手に評価するのもハロー効果です。

「子どものことは親である自分が一番よく分かっている。」と思っていても、親が知っているのは子どものほんの一部で、ハロー効果によって評価しているところが多いものなのです。

ハロー効果とピグマリオン効果、ゴーレム効果の違い

ハロー効果と混同されやすいのが、ピグマリオン効果とゴーレム効果です。

ピグマリオン効果とは

ピグマリオン効果とは、他人から期待を寄せられることで、学業やスポーツの成績、仕事の作業効率などが向上するという現象です。

「王が恋した女性の彫像を、女神が人間に転身させる。」という物語のギリシャ神話「ピグマリオン王」にちなんで名付けられました。

教育心理学者のロバート・ローゼンタールが提唱したことにちなんで「ローゼンタール効果」、また、教師を被験者にした実験が行われた経緯から「教師期待効果」と呼ばれることがります。

ゴーレム効果とは

ゴーレム効果とは、他人から期待を寄せられずにいると、学業やスポーツの成績、仕事の作業効率などが下がるという現象です。

ユダヤ教の伝説に登場する泥人形の「ゴーレム(ヘブライ語でかたちなき者、呪文を唱えた人の意のままに動くものの、額の護符ををはがすと土に還る。)」が名前の由来です。

ピグマリオン効果とは逆の効果です。

ハロー効果とピグマリオン効果、ゴーレム効果の違い

ハロー効果、ピグマリオン効果、ゴーレム効果は、いずれも認知バイアス(認知の偏り、歪み)の一つです。

ハロー効果は、対象を高くまたは低く歪めて評価する現象で、あくまで他人に対する個人的な評価であるため、そのままでは他人に影響を及ぼすことはありません。

一方で、ピグマリオン効果とゴーレム効果は、他人に期待をかけるまたはかけないことで他人が受ける効果であり、この点がハロー効果とは大きく異なります。

なお、ハロー効果で相手を歪んで評価し、それが相手に伝わってピグマリオン効果やゴーレム効果を生じさせることはあります。

関連記事

www.chiikunote.com

まとめ

ハロー効果は、無数の情報に囲まれて暮らす私たちが、その場の状況に応じて迅速に判断することに貢献しており、実際、日常生活のいたるところでハロー効果による評価をしています。

しかし、目立った特徴だけを捉えて対象を判断することは、時として人間関係に亀裂を入れ、相手に悪い影響を与えてしまうこともあります。

特に子どもの場合は、一部の特徴だけで高くまたは低く評価され続けると、プライドばかりが高くなって社会性が育まれない、自信がなく他人に依存しないと生きていけないなど、極端な成長を遂げるリスクが高いので、注意が必要です。

>>心理学用語一覧に戻る