知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

赤ちゃんが蛍光灯の光を見つめる理由と目への影響

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんは、生後3ヶ月から生後4ヶ月頃から、電気の光(蛍光灯)を見つめるようになります。

赤ちゃんがジッと見つめる姿はとてもかわいいものですが、いつも電気の光ばかり見つめていると、「目が悪くならないか」、「光が好きな子は発達障害があると聞いたことがある」と不安になるお父さんお母さんも少なくありません。

しかし、どうして赤ちゃんが光を見つめるのか、赤ちゃんの目にどういう影響があるかについては、あまり知られていません。

この記事では、赤ちゃんが光(蛍光灯)を見つめる理由と目への影響について、紹介します。

赤ちゃんが光を見つめる理由

赤ちゃんの目は、新生児の頃から「明るい」、「暗い」という明暗を認識することができます。

一方で、新生児期の視力は0.01~0.02くらいで、色も「黒」、「白」、「灰色」の3つしか認識できません。

眼球を動かしてはいますが、両目の焦点をはっきり合わせることができず、また、モノの輪郭もぼんやりとしか見えていないため、人や物を認識することはできません。

その後、生後1~2ヶ月頃には固視(見ようとしているモノを静止画としてとらえること)ができるようになります。

生後3~4ヶ月頃には両目の焦点が合わせられるようになり、追視(動いているモノを目で追うこと)も機能するようになって、人やモノを認識できるようになります。

また、「赤」、「青」、「黄」、「緑」などの色も、認識できるようになります。

ただし、視力については生後3ヶ月で0.1~0.2、生後1歳で0.4くらいなので、遠くのものははっきり見えません。

こうした目の特徴により、赤ちゃんは、以下のような対象に強い興味を向ける傾向があります。

  • 近くにあるモノ
  • はっきりした色や形のモノ
  • 刺激の強いモノ

電気(蛍光灯)の光は、赤ちゃんが興味を持つモノの特徴のうち、「はっきりした色や形のモノ」、「刺激の強いモノ」という条件を満たしています。

また、赤ちゃんは、仰向けの姿勢で顔を天井に向けて寝ている時間が長く、視線の先にある電気(蛍光灯)に自然に興味を持つようになります。

特に、周囲におもちゃやぬいぐるみなど興味が向く対象が少ない場合は、電気(蛍光灯)に興味を持ちやすい傾向があります。

電気の光が赤ちゃんの目に与える影響

電気の光(蛍光灯)は、どこか一点をピンポイントで照らすのではなく部屋全体を明るくする照明器具であり、赤ちゃんの目に影響を与えることはほとんどありません。

ただし、明るく光っているモノを長時間見つめ続けると目に負担がかかり、視力の低下を招くリスクがないとは言い切れません。

明るさの度合いが強ければ強いほど、目にかかる負担は大きくなります。

大人の場合、明るいものを見て目が疲れると視線をそらしますが、赤ちゃんの場合、興味が向いた対象を見つめ続けてしまうため、目にかかる負担も大きくなると考えられています。

そのため、赤ちゃんが電気(蛍光灯)を見つめていたら、親が赤ちゃんの視線を別の物に目をそらしてあげることが大切です。

頭の向きを変えて違う方向を向かせると不機嫌になることがあるので、電気(蛍光灯)の近くに目を引くおもちゃを吊るしたり、お気に入りのおもちゃを持たせたりして、自然に目をそらせるよう工夫してあげましょう。

赤ちゃんが電気の光に顔をしかめることがある

赤ちゃんを暗い部屋から電気のついた部屋へ連れて行くと、顔をしかめ、ぐずることがあります。

これは、目が明るさに順応しきれず、驚いて顔をしかめたりぐずったりしているのです。

長いトンネルから急に日差しの中に出たり、暗い玄関から朝日のまぶしい外に出たりした時に目がくらむのと同じ現象です。

横抱っこされている赤ちゃんは顔が上向きになっており、視線が電気(蛍光灯)の光の方を向いているため、大人より強くまぶしさを感じやすいのです。

明るい部屋の中で過ごすうちに明るさに慣れて普通の表情に戻りますし、1日に数回程度であれば目への悪影響も心配する必要はありません。

電気(蛍光灯)の光の色

「蛍光灯の色は、白よりオレンジの方が目に優しい。」と言われることがありますが、正しい表現ではありません。

蛍光灯の光の色は、寝室はオレンジ、リビングは昼白色というように部屋に応じて使い分けるとともに、部屋の壁の色を考慮したり、蛍光灯にカバーをかけて光量を調節したりする配慮も大切です。

また、赤ちゃんの好みや感覚過敏の有無なども考慮する必要があります。

赤ちゃんは、「電気(蛍光灯)の光が眩しすぎるよ。」と言葉で訴えることはできず、光から顔を背けたり、目をシパシパさせたりして訴えます。

赤ちゃんの普段の様子を慎重に観察し、光が合っていないと感じたら買い替えてあげましょう。

蛍光灯ベビー症候群との関連

蛍光灯ベビー症候群とは、親が赤ちゃんに構わず放置した場合などに、赤ちゃんが蛍光灯をぼんやりと見つめる状態のことです。

サイレントベビーと呼ばれることもあります。

蛍光灯ベビー症候群の場合、蛍光灯をじっと見つめるだけでなく、動きが緩慢になったり、刺激に反応しなくなったりする特徴があります。

蛍光灯ベビー症候群の症状が継続すると、赤ちゃんの成長発達に深刻な影響を及ぼしてしまうことがあるので、兆候があると感じたら、早めに小児科に相談し、赤ちゃんへの関わり方を教えてもらいましょう。

なお、蛍光灯ベビーもサイレントベビーも医学用語ではなく、赤ちゃんの状態を表す言葉として一般的に使用されている言葉です。

したがって、蛍光灯ベビーやサイレントベビーという診断名がつくことはありません。

ただし、赤ちゃんが蛍光灯ベビーという状態になる可能性があることは理解しておきたいものですし、その対応についても基本的な部分は押さえておきたいところです。

光をジッと見つめる=発達障害?

発達障害がある赤ちゃんには、けいれんによって光を見つめたまま固まるという症状が見られることがあります。

声をかけたり、身体を軽く叩いたりしても無反応な場合や、懐中電灯の光を目に当てても瞳孔が動かない場合は、発達障害を原因とするけいれんの可能性があるので、早めに受診させてあげましょう。

一般的に、発達障害と診断されるのは3歳以降です。

そのため、乳児期に受診しても「発達障害の可能性はあるが断定できないので、経過観察しましょう。」と言われることが多いですが、その後の受診時に発達障害の可能性を考慮して診察等をしてもらえますし、必要に応じて専門機関を紹介してもらえることもあるので、まずは相談してください。

まとめ

赤ちゃんが電気の光(蛍光灯)を見つめる理由と目への影響について紹介しました。

長時間、電気の光(蛍光灯)を見続けない限り、赤ちゃんに大きな影響はありませんが、室温や湿度を確認する際などに、部屋の明るさもチェックしてみると良いでしょう。

なお、親としては、赤ちゃんのちょっとしたしぐさや症状でも気になってしまうものです。

その多くは問題のないものですが、中には病気や障害が原因となっていることもあるので、「これくらい大丈夫だろう。」と安心せず、赤ちゃんの様子を慎重に見守り続けてあげましょう。