知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

赤ちゃんの口呼吸はいつから?原因は鼻づまり?口を開けて寝る癖の治し方は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんが寝ているときに口を開けていることはありませんか。

赤ちゃんが口を開けて寝ている場合、口呼吸をしている可能性があります。

本来、赤ちゃんの呼吸は鼻呼吸が中心ですが、何らかの原因で口呼吸に切り替わることがあります。

口呼吸は、健康へのデメリットが多いため、赤ちゃんが口呼吸をしている場合、早めに本来の鼻呼吸に戻してあげることが大切です。。

口呼吸にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

また、赤ちゃんはどうして口呼吸をはじめ、鼻呼吸に戻すにはどうすれば良いのでしょうか。

この記事では、口呼吸のデメリット、赤ちゃんが口呼吸を始める原因、口呼吸から鼻呼吸へ戻す方法について紹介します。

口呼吸のデメリット

人は本来、鼻で呼吸する生き物です。

鼻呼吸は、吸い込んだ空気を鼻腔で浄化・加湿して体内に取り入れることができますし、空気と一緒に体内へ侵入した雑菌などが体内へ侵入するのを鼻毛などで防ぐこともできます。

しかし、口呼吸は、吸い込んだ空気や空気中の雑菌などがダイレクトに体内へ入り込むため、以下のような健康被害が生じるデメリットがあります。

  • 風邪をひきやすくなる
  • 眠りの質が低下する
  • 口内環境が悪化する
  • 歯並びが悪くなる
  • 顔の輪郭も変わる

口呼吸のデメリット:風邪をひきやすくなる

口は、鼻のように吸い込んだ雑菌などが体内へ侵入するのを防ぐ仕組みがなく、風邪の細菌やウィルスが簡単に喉まで侵入できてしまうため、風邪をひきやすくなる傾向があります。

大人でも同じですが、赤ちゃんの場合は身体の機能が全般的に未熟なので、口呼吸が癖になって風邪の原因菌が体内へ侵入しやすくなると、頻繁に風邪をひいてしまいます。

また、風邪が悪化して他のより重い病気を引き起こしてしまうリスクも高くなります。

口呼吸のデメリット:眠りの質が低下する

口で呼吸するには口を開ける必要があるので、眠っている時も口が開けっ放しになっています。

口を開けたまま寝ることで舌が下がって喉を圧迫し、睡眠時無呼吸症候群にのリスクが高まりますし、いびきがひどくなることもあります。

赤ちゃんは、ちょっとした刺激でもすぐ目を覚ますため、舌が下がって喉を圧迫されることに違和感を覚えたり、自分のいびきの音に驚いたりして、頻繁に目を覚ますことも珍しくありません。

口呼吸のデメリット:口内環境が悪化する

口を開けたままにしていると、口の中が乾燥して唾液の分泌が減ってしまい、その結果、口内で雑菌が増殖して口臭がひどくなります。

また、慢性扁桃炎、虫歯、歯周病といった口の中の病気のリスクも高くなりますし、低体温や口腔粘膜の機能低下を招くリスクも高まります。

赤ちゃんの頃から口内環境が悪い状態が継続すると、大きくなってからも同様の状態が継続するリスクがあります。

口呼吸のデメリット:歯並びが悪くなる

口を開けている時間が長いと、歯並びが悪くなることがあります。

例えば、前歯がせり出して出っ歯になる、かみ合わせが悪くなるなどの影響が出ます。

また、下あご(下唇の下付近)に梅干しのようなしわができる赤ちゃんもいます。

口呼吸のデメリット:顔の輪郭が変わる

歯並びが悪化するのと同じで、顔の輪郭自体が変わることもあります。

乳児期のうちは頭の骨が柔らかく、簡単に頭や顔の輪郭が変わるため、注意が必要です。

赤ちゃんが口呼吸を始めるのはいつから

生まれたばかりの赤ちゃんは、鼻呼吸をしています。

「口呼吸もできるのではないか。」と思うかもしれませんが、喉、肺、胸郭などが未成熟なので、基本的には鼻でしか呼吸することができません。

鼻がつまると息苦しそうにするのは、鼻呼吸しかできないからです。

赤ちゃんが口呼吸を覚える標準的な時期は、生後10ヶ月頃ですが、個人差が大きく、離乳食を始める生後5ヶ月頃に口呼吸を始める赤ちゃんもいれば、生後1歳以降になる赤ちゃんもいます。

赤ちゃんが口呼吸を始める原因

赤ちゃんは、口呼吸を覚えたての頃は、離乳食を食べるときや喃語やクーイングを発するときに無意識に口呼吸をするだけで、基本的には鼻呼吸をしていますが、鼻がつまって鼻呼吸が難しくなったなどのきっかけがあると、意識的に口呼吸をするようになります。

赤ちゃんが意識的に口呼吸を始める主な原因は、以下のとおりです。

  • 鼻づまりがひどく鼻呼吸がしにくい
  • 前歯が出っ歯になっている
  • たくさん食べたり話したりする
  • 癖になる

鼻づまりがひどく鼻呼吸がしにくい

赤ちゃんは、鼻が低く鼻の穴も小さい一方で鼻水の分泌量が多く、すぐ鼻がつまってしまいます。

鼻がつまると息苦しくなり、何とか息苦しさを解消しようとする中で、口でも呼吸できることに気づいて口呼吸を始めます。

前歯が出っ歯になっている

前歯が出っ歯だと、口を閉めた状態を維持するのが大変なので、知らず知らずのうちに口が開いたままになります。

そして、口が開いた状態で呼吸できることに気づき、口呼吸を始めます。

たくさん食べたり話したりする

離乳食を食べ始めた頃は、口を開けたまま食べ物を噛もうとしたり、飲み込んだ後も口を開けたままにしていたりすることが多く、その状態で口で呼吸することを覚えることがあります。

また、親や周りの大人と喃語で「お話し」する中で、口で喃語を発しながら呼吸するようになります。

癖になる

以上のように、様々なきっかけで口呼吸を覚えて繰り返すうちに、鼻呼吸よりも口呼吸が多くなることがあります。

「食べながら」、「話しながら」など、何かをしながら呼吸をするには口呼吸の方が便利なので、月齢を経るにつれて口呼吸が増える赤ちゃんは多いものです。

赤ちゃんの呼吸を口呼吸から鼻呼吸に戻す方法

すでに紹介したとおり、口呼吸には様々なデメリットがあります。

そのため、無理のない範囲で口呼吸から鼻呼吸に戻してあげたいものです。

赤ちゃんの呼吸を口呼吸から本来の鼻呼吸に戻すには、口呼吸の原因を一つひとつ取り除いていく必要があります。

しかし、赤ちゃんの歯並びを矯正するのは困難ですし、離乳食の食べ方もすぐに上手になるわけではありません。

そのため、この記事では、鼻づまりを解消する方法と、寝ている赤ちゃんの口を閉める方法を紹介します。

鼻づまりを解消して口呼吸を止めさせる

赤ちゃんの鼻づまり解消法は、以下のとおりです。

  • 鼻水吸引機で鼻水を吸い取る
  • 赤ちゃんの鼻から直接鼻水を吸い取る
  • タオルなどで鼻の頭を温める
  • 綿棒で鼻水を取る
  • 母乳を点鼻薬として使う
  • 室内の温度と湿度を上げる
  • お風呂に入れる
  • 上半身を起こして寝かせる

溜まった鼻水や鼻くそを鼻水吸引機などで取り除いてあげる他、室内環境を整えて鼻水や鼻くそが溜まりにくくしたり、鼻水や鼻くそを取り除きやすくしたりするなど、やり方はたくさんあります。

いずれの方法も、家庭で簡単に実践することができます。

詳しいやり方については、関連記事で紹介しています。

寝ている赤ちゃんの口を閉めて口呼吸を止めさせる

赤ちゃんが口を開けて寝る場合、赤ちゃんの口を優しく閉めてあげましょう。

赤ちゃんは、元々は鼻で呼吸をしていたので、口を閉めると自然に鼻で呼吸を始めます。

1日2日で鼻呼吸に戻ることはありませんが、毎日、赤ちゃんの開いた口を閉めることを繰り返すうちに、鼻呼吸に戻っていきます。

鼻づまりがひどい場合は息苦しくて起きることがあるため、寝る前に鼻水や鼻くそを取り除いておくことが大切です。

まとめ

口呼吸は、赤ちゃんの健康に与えるデメリットが多いものです。

赤ちゃんは、生まれた時は鼻呼吸をしていますが、月齢を経るにつれて口呼吸を覚え、癖になると鼻呼吸よりも口呼吸が多くなることもあります。

鼻呼吸に戻すには、鼻づまりを解消するとともに、寝ている赤ちゃんの口を閉めて鼻で呼吸するよう促してあげることが大切です。

赤ちゃんのうちに口呼吸の癖がつくと、その後も口呼吸を続けてしまい、口呼吸のデメリットも続くことになるので、できる限り早い時期に鼻呼吸に戻せるよう働きかけてあげましょう。