知育ノート

赤ちゃん、幼児、子供の力を伸ばす知育、知育玩具、関わり方やそれらに関する知識を紹介しています。

赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの予防接種は予定通りにできていますか。

予防接種は、赤ちゃんの健康のために大切なことで、接種のスケジュールについてはきちんと把握できているパパママが多いものです。

一方で、予防接種の前後のことはあまり知られておらず、「熱があるけど、予防接種は受けられるの?」、「予防接種をした部位が腫れたけど、どうすれば良い?」などという疑問を抱えることがあります。

この記事では、予防接種の前後でチェックしておきたいことについて紹介します。

予防接種を受ける前

「予防接種は、赤ちゃんの体調が良いときに受ける」というのが鉄則です。

予防接種はウィルスや細菌の感染を予防する目的で行うものですから、体調が悪いときに受けて赤ちゃんが体調を崩したのでは本末転倒です。

発熱や連続する咳など、赤ちゃんに明らかな体調不良が認められない場合でも、普段と違うところがあるようなら、予防接種を受ける前に小児科の医師か看護師に相談してください。

アレルギーがある、重い病気にかかったことがある、以前の予防接種後に異常が出たといったことも、接種前に必ず伝えておきましょう。

予防接種で必要なもの

  • 予診票
  • 診察券
  • 母子健康手帳
  • 保険証
  • 医療証

予防接種を受ける前のチェックポイント

  • 予防接種についての説明を読み、接種の必要性や副反応(副作用)を理解する
  • 予診票をもれなく記入する
  • 赤ちゃんの身体を清潔に保ち、洗いたての衣服を着せる
  • 赤ちゃんの様子を観察し、普段と変わったところがないかチェックする
  • 予防接種には赤ちゃんを中心になって世話している人(日常の赤ちゃんの様子がわかる人)が連れて行く

予防接種を受けられない場合

  • 37.5℃を越える発熱がある
  • 重度の病気にかかっており、服薬により症状を抑える必要がある
  • 予防接種を担当する医師が、許可しないとき
  • 同種の予防接種で、アナフィラキシーを起こしたことがある

アナフィラキシーとは、全身に急速に現れるアレルギー反応のことです。

具体的には、以下のような反応が現れます。

  • 皮膚症状:じんましん、赤み、かゆみなど
  • 呼吸器症状:くしゃみ、せき、ぜいぜい、息苦しさなど
  • 粘膜症状:目のかゆみ、くちびるの腫れなど
  • 消化器症状:腹痛、嘔吐など
  • 循環器症状:血圧低下など

いずれの反応が現れるかは個人差が大きく、また、反応が赤ちゃんに与える影響の程度も異なります。

予防接種を受けるかどうか、医師との相談が必要な場合

以下のような場合、赤ちゃんに予防接種を受けさせるかどうか医師に相談する必要があります。

  • 分娩時、出生後、定期健診で異常があった
  • 先天性異常、心臓、腎臓、肝臓、消化管、脳神経、免疫不全などの病気で治療を続けている
  • 発育や発達の問題で、医師や保健師の指導を受けている
  • 未熟児で発育が悪い
  • 風邪のひきはじめ
  • 以前に予防接種を受けた後、2日以内に発疹、じんましん、発熱などが見られた
  • 薬や食物により、発疹やじんましんが出たり、体調不良になったりしたことがある
  • けいれんを起こしたことがある
  • 卵、抗生物質、安定剤などにアレルギーがある
  • 家族や親戚、保育園の友人などに、はしか、風しん、みずぼうそう、おたふくかぜなどの病気にかかった人がいる

予防接種を受けた後

予防接種を受けた後は、「赤ちゃんのちょっとした体調の変化にも注意する」ことが何より大切です。

予防接種には、副反応(副作用)があり、ワクチンによって1日から2~3週間は副反応の出現に注意しながら、赤ちゃんの様子を見守ることになります。

また、アナフィラキシー(皮膚症状、呼吸器症状、粘膜症状、消化器症状、循環器症状など)が起こるリスクもあります。

赤ちゃんに少しでも普段と違う様子が見られたら、すぐに小児科もしくは保健所に相談してください。

予防接種を受けた後のチェックポイント

  • 予防接種から24時間(丸1日)は、赤ちゃんに長時間の外出や激しい運動をさせず、家で安静にして過ごす
  • 不活化ワクチンを摂取した後は24時間、生ワクチンを摂取した後は2~3週間、副反応が出る可能性に留意し、赤ちゃんの様子に変化がないか気を配る
  • 注射の跡はこすらない(入浴や身体を拭くときに触れるのは問題ありません)
  • 副反応とみられる症状が出た場合は、様子見をせずにすぐ小児科を受診する

まとめ

予防接種の前後で注意すべきポイントについて紹介しました。

予防接種は、赤ちゃんの健康のために欠かせないことなので、少なくとも定期接種分についてはスケジュールどおりに受けさせてあげることが大切です。

ロタウィルスなどの任意接種についても、住んでいる環境などによっては接種させることを検討してください。

そして、予防接種を受けるときは、赤ちゃんの体調を慎重に観察してください。

赤ちゃんの体調が明らかに悪い場合は接種を控え、判断しにくい場合は医師に相談して接種させるかどうかを決めることが大切です。

また、接種後は副反応に十分注意し、少なくとも24時間は普段以上に赤ちゃんの様子をこまめに観察する必要があります。